シンプルだけど見やすい!?新型エクリプスクロスのメーター画像レビュー

街乗りにピッタリなアーバンスタイルのSUV新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)が、2018年3月、三菱からデビューをしました。

今回新発売された新型モデルは、三菱のクルマとは思えないほど内装・インテリアも凝ったデザインに…。最上位グレードのGプラスパッケージでは、タッチパッドが装着されるなど、最新の機能や装備が充実しているのが印象的でした。

>>> 新型エクリプスクロスの内装の実車画像レビュー【競合車に無い装備が盛り沢山!?】

また、この新型SUVの内装・インテリアを確認していて良いと思ったのは、メーターのデザインです。

この新型モデルのメーターは、シンプルながら使い勝手の良いデザインに…。
また、様々な情報を表示してくれるマルチインフォメーションディスプレイも、とても良いと思いました。

今回新発売された新型モデルのメーターは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、メーターの中央にあるマルチインフォメーションディスプレイには、どのような情報が表示されていたのでしょうか?

三菱から鳴り物入りでデビューをした新型SUV新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)のメーターの視認性や使い勝手を確認してきたので、徹底的にレビューをしたいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型エクリプスクロスのメーター画像レビュー

今回新発売された新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)のメーターは、このようなデザインになっています。

■新型エクリプスクロスのメーター:電源OFF時

そして、エンジンを立ち上げると、このような感じに…。

■新型エクリプスクロスのメーター:電源ON時

今回新発売された三菱の新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)では、左右に大きなタコメーターとスピードメーターを並べ、その中央には様々な情報を表示してくれるマルチインフォメーションディスプレイを搭載した自発光式の2眼式メーターを採用。

■タコメーター

■スピードメーター

■マルチインフォメーションディスプレイ

タコメーターとスピードメーターは、ホワイトスケールにレッドの針を組み合わせており、シンプルながら視認性に優れたデザインになっているように感じました。

また、エンジンを立ち上げた時、エクリプスクロスのロゴとフォルムがオープニング映像で流れるのが、とても印象的でした。

■新型エクリプスクロスのオープニング映像

新型エクリプスクロスのマルチインフォメーションディスプレイの表示項目には何がある?

このようなデザインになっている三菱の新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)のメーターですが、タコメーターとスピードメーターの間にあるマルチインフォメーションディスプレイは、表示項目を切り替える事が可能です。

そんな新型SUVに用意されているマルチインフォメーションディスプレイの表示画面を確認してきたので、紹介したいと思います。

ちなみに、マルチインフォメーションディスプレイの表示項目を切り替えるには、メーターの右下にある”マルチインフォメーションディスプレイスイッチ”で切り替える事ができますよ。

■マルチインフォメーションディスプレイスイッチ

■マルチインフォメーションディスプレイの表示項目
・トリップメーター

・航続可能距離/ECOドライブアシスト

・平均燃費/ECOドライブアシスト

・平均車速/瞬間燃費表示

・オートストップ&ゴーモニター(AS&G)
(アイドリングストップ累計時間画面)

・S-AWC(Super-All-Wheel Control)作動表示画面

・サービスリマインダー

・機能設定画面

・警告画面

・終了画面

意外と表示項目は、多いですよね。

そんな新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)のマルチインフォメーションディスプレイの画面で特に良いと思ったのは、”平均車速/瞬間燃費表示”と”S-AWC(Super-All-Wheel Control)”画面です。

■平均車速/瞬間燃費表示画面

グラフバーで表示されているのが瞬間燃費なのですが、瞬間燃費が平均燃費上回ると、このバーグラフのカラーはグリーンで表示されるようになっています。

ホンダのヴェゼル(VEZEL)など瞬間燃費を表示するクルマは多いですが、視覚的にエコな運転をしているのか分かる新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の方が使い勝手は良いように感じました。

また、この新型モデルのマルチインフォメーションの画面で印象的だったのが、S-AWC(Super-All-Wheel Control)です。

■S-AWC(Super-All-Wheel Control)

このS-AWCは、走行中の車を回転させようとするチカラ”ヨー・モーメント”や前輪後輪の駆動力を調整するセンターデフの強さなどを表示してくれる画面なのですが、アウトランダー(OUTLANDER)よりも、このグラフィックがキレイになった感じが…。

私はこの新型モデルを試乗した時、このS-AWC画面をマルチインフォメーションディスプレイに表示させて運転していたのですが、刻一刻と変化をするグラフが面白く、つい見入ってしまいました。

この見やすくなったS-AWCも注目ポイントの一つなので、試乗する際は是非とも確認してみてくださいね。

クルーズコントロールの作動状況もマルチインフォメーションディスプレイに…

また、今回新発売された三菱の新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)では、前走車に追従するレーダークルーズコントロール(ACC)が用意されています。

そして、このクルーズコントロールを作動させると、マルチインフォメーションディスプレイの上段に設定速度や車間距離などが一目で分かる”クルーズコントロール画面”が表示されます。

■新型エクリプスクロスのクルーズコントロール画面

このクルーズコントロール画面自体は小さくシンプルなのですが、直感的に作動状況を理解できるようなデザインになっているのは、とても好印象でした。

2018年3月にデビューをした三菱のスタイリッシュSUV”新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)”のメーターは、このようなデザインになっていました。

今回新発売された新型モデルのメーターは、スピードメーターとタコメーターを並べた2眼式のシンプルなデザインに…。

ただ、メーターのサイズも大きく、メーターの視認性は良いように感じました。

また、マルチインフォメーションディスプレイのグラフィックがキレイになったのも、この新型モデルのメーターの注目ポイントの一つなのかなと思いました。

もしこれからこの新型モデルの試乗に行かれる方は、ぜひともマルチインフォメーションディスプレイまでしっかりと確認してみてくださいね。

>>> 新型エクリプスクロスの見積もり公開【下位モデルの方が乗り出し価格が高い!?】

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする