新型エクリプスクロスの内装の実車画像レビュー【競合車に無い装備が盛り沢山!?】

クーペのようなスポーティーさとSUVのチカラ強さを融合したクロスオーバー車新型エクリプスクロス(ECLIPS CROSS)が、2018年3月、三菱からデビューをしました。

今回新発売された新型SUVは、三菱のエクステリアの特徴でもある”ダイナミックシールド”をさらに進化させたデザインを外装・エクステリアに採用。競合車・ライバル車に引けを取らないくらい存在感のあるデザインになっていました。

>>> 新型エクリプスクロスの外装の実車画像レビュー【クーペSUVの魅力とは?】

また、今回新発売された新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)を見て驚いた事の一つが、内装・インテリアのデザイン&装備です。

今までの三菱のクルマの内装はプラスチック感が満載で安っぽいイメージだったのですが、今回新発売された新型モデルの内装・インテリアは、質感が大幅にアップ!十分に満足できる内装・インテリアになっているように感じました。

また、競合車・ライバル車には用意されていない機能や装備が充実しているのも好印象でした。

今回新発売された新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の内装・インテリアは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、競合車・ライバル車には無いこの新型モデルのみに良いされていた機能は、何があったのでしょうか?

先日、この新型SUVを試乗した際に内装・インテリアのデザインや機能性も確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型エクリプスクロスの内装インプレ:インパネ編

2018年3月にデビューをしたスタイリッシュSUV”新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)”のインパネ・内装は、このようなデザインになっています。

■新型エクリプスクロスのインパネ
グレード:Gプラスパッケージ

今回新発売されたこの新型モデルは、ブラックとシルバーを組み合わせた水平基調のインパネデザインを採用。

シフトレバー部分にピアノブラック調のパネルを採用しており、三菱のクルマとは思えない程の上質感のあるデザインになっていました。

また、電動のパーキングブレーキやブレーキペダルから足を離しても停止状態を保持してくれるオートブレーキホールドを標準装備するなど、運転をラクにしてくれる機能や装備が用意されているのも好印象でした。

このようなデザインになっていた新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)のインパネ・内装ですが、一番ビックリしたのが、競合車・ライバル車には用意されていない先進的な機能や装備が充実していた事です。

そのおかげもあり、この新型モデルの内装・インテリアは、競合車よりもスタイリッシュなデザインになっている印象が…。

そんな新型モデルに用意されていた注目の機能や装備を紹介したいと思います。

注目の機能1:スマートフォン連携ディスプレイオーディオ

今回新発売された新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)に用意されてい注目の機能の一つは、Gプラスパッケージに標準装備されている”SAD(スマートフォン連携ディスプレイオーディオ)”です。

■新型エクリプスクロスのSAD

一見するとナビのように見えますが、これはナビではなく、スマートフォンと接続をして使用をする事ができるディスプレイ付きのオーディオです。

なので、自分のスマホをUSBケーブルで接続をすると、対応のアプリがこのディスプレイに映し出され、画面上で操作する事ができるようになります。

また、最上位モデルの”Gプラスパッケージ”では、シフトレバーの右側にタッチパッドコントローラーを標準装備しており、SAD(スマートフォン連携ディスプレイオーディオ)の操作などを手元で簡単に行えるようになっています。

■新型エクリプスクロスのタッチパッド

このSAD(スマートフォン連携ディスプレイオーディオ)には、ナビ機能が搭載されていないなど、個人的に残念に感じた部分は多々あります。ただ、競合車・ライバル車よりも先進的な機能や装備を備えているのは、とても良いと思いました。

注目の機能2:ヘッドアップディスプレイ(HUD)

また、今回新発売された新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の注目の機能・装備の一つが、ヘッドアップディスプレイ(HUD)です。

■新型エクリプスクロスのヘッドアップディスプレイ

ハンドル・ステアリングホイールの右側にあるスイッチを押すと、パネルが立ち上がり、車速やナビの簡易案内、ブレーキの警告などを表示してくれます。

個人的には、パネルにスピードメーターなどを映し出すのではなく、フロントガラス部分に直接映し出してくれた方が視認性が良いと思いましたが、視線を落とさずに様々な情報を確認できるのは良いと思いました。

新型エクリプスクロスの内装インプレ:シート編

今回新発売された新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)のシートは、このようなデザインになっています。

■新型エクリプスクロスの標準シート

この新型モデルは3つのグレードを用意していますが、全グレード共通して、このようなデザインのファブリックシートを採用。

シートのサイドには、シルバーのステッチが入っており、クーペSUVらしいスタイリッシュなデザインになっていました。

また、人気が高い”Gグレード”と最上位モデルの”Gプラスパッケージ”では、メーカーオプションで本革シートも用意しています。

■新型エクリプスクロスの本革シート

やはり本革シートにすると、ワンランク上の上質感に…。

また、この本革シートではオレンジがかったステッチが採用しており、上質感だけではなく、アクティブさを感じるデザインになっているのも印象的でした。

後部座席の快適性は競合車の中でピカイチ

このようなデザインになっている三菱の人気SUVの”新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)”のシートですが、特に印象的だったのは後部座席周りのデザインです。

今回新発売された新型モデルの後部座席には、背もたれの角度を調整する事ができるリクライニング機能だけではなく、足元の広さを調節する事ができるスライド機能も標準装備。

スズキのコンパクトSUVの新型クロスビー(XBEE)では、後部座席のリクライニング&スライド機能が用意されていましたが、ミドルクラスサイズのSUVでこれらの機能が用意されているのは、かなり珍しいですよね。

また、今回新発売されたこの新型モデルは、意外なほど頭上空間(ヘッドクリアランス)にもゆとりが…。スタイリッシュなクーペスタイルのSUVにも関わらず、まったく窮屈感は感じませんでした。

二人乗りを想定したトヨタのC-HR/CHRと異なり、今回新発売された新型モデルは、ファミリーカーとしても十分に活躍するのかなと思いました。

2018年3月にデビューをした三菱のスタイリッシュSUV”新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)”の内装・インテリアは、このようなデザインになっていました。

今回新発売された新型モデルは、スマホと接続して利用する事ができるSAD(スマートフォン連携ディスプレイオーディオ)など、最新の機能や装備を採用。ミドルクラスSUVでは珍しいタッチパッドも標準装備されており、先進的な装備や機能が充実しているのが印象的でした。

また、後部座席には、左右独立して調整できるスライド&リクライニング機能を備えており、スタイリッシュなクーペスタイルとは思えない程広い後部座席の空間を確保しているのも好印象でした。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする