意外と広い!?新型エクリプスクロスの荷室サイズを確認してきた

スタイリッシュなクーペスタイルのSUV新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)が、2018年3月にデビューをしました。

今回新発売された新型モデルは、新開発された1.5リットルターボエンジンや路面を選ばす安定した走りをする事ができる”S-AWC”システムなど様々な魅力がありますが、SUVとしての実力もかなりハイレベルに…。

>>> 新型エクリプスクロスの内装の実車画像レビュー【競合車に無い装備が盛り沢山!?】

そんな新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の注目ポイントの一つが、荷室・ラゲッジスペースの広さです。

今回三菱から新発売された新型SUVはクーペスタイルのスタイリッシュな見た目から想像できない程、広い荷室・ラゲッジスペースを備えていました。

今回新発売された新型SUVの荷室サイズは、どれくらいだったのでしょうか?また、熾烈なトップ争いをしている競合車・ライバル車の荷室・ラゲッジスペースとどちらが広かったのでしょうか?

2018年3月にデビューをした新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の荷室サイズを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型エクリプスクロスの荷室サイズ:3列目シート使用時

3列目シート使用時の新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっています。

■新型エクリプスクロスの3列目使用時に荷室

思ったよりも荷室・ラゲッジスペースが広い感じが…。

3列目シートを使用した状態でも十分すぎるほどの収納力・荷室容量を備えているように感じました。

そんな新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の3列目シート使用時の荷室サイズを確認してみたところ、次の通りになっていました。

■新型エクリプスクロスの荷室寸法:3列目シート使用時
荷室長:約770mm
荷室幅:約990mm
荷室高:約760mm

また、今回新発売された新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の後部座席は、このクラスのSUVとしては珍しく後部座席を前後にスライドする事が可能です。

■後部座席を前方にスライドした時の荷室の広さ

そして、この時の荷室・ラゲッジスペースの広さを確認してみたところ、このように荷室のサイズがさらに広くなっていました。

■新型エクリプスクロスの荷室寸法:3列目シート使用時
荷室長:約970mm
荷室幅:約990mm
荷室高:約760mm

当然のことながら荷室幅・荷室高に変化はないのですが、後部座席を前方にスライドすると、後方に設定していた時よりも荷室の奥行きが約200mmもアップ。

後部座席を前方にスライドすると、荷室と後部座席のシートバック部分に若干の隙間ができてしまうのが難点なのですが、大きい荷物を積みこみたい時には、重宝するのかなと思いました。

競合車・ライバル車の荷室よりも広いって本当!?

また、この新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の荷室・ラゲッジスペースを確認していた時、ディーラーさんから、「この新型モデルの荷室・ラゲッジスペースは、競合車・ライバル車よりも広く、コンパクトSUVの中でトップクラスの収納力を備えています。」とのお話が…。

本当にこの新型モデルの荷室サイズは、ホンダの新型ヴェゼルやトヨタのCHR/C-HRなどの競合車・ライバルよりも広いのか気になったので、確認してみたところ、このようになっていました。

■新型エクリプスクロスと競合車の荷室サイズ比較
・三菱 新型エクリプスクロス
荷室長:約770mm ~ 約970mm
荷室幅:約990mm
荷室高:約760mm
・ホンダ ヴェゼル
荷室長:約780mm
荷室幅:約1,000mm
荷室高:約880mm
・トヨタ C-HR/CHR
荷室長:約770mm
荷室幅:約950mm
荷室高:約675mm

今回新発売された新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の荷室サイズは、車内の広さに定評のあるホンダのヴェゼル(VEZEL)には若干及ばないものの、トヨタから発売されているスタイリッシュSUVの”C-HR/CHR”よりもひと回り大きい結果に…。

また、サイズではなく荷室容量で比較してみると、今回新発売された新型モデルは、ホンダのヴェゼル(VEZEL)よりも大きい結果になっていました。

なので、この新型モデルの荷室・ラゲッジルームを確認した際にディーラーさんが仰っていた事は、あながちウソではないのかなと思いました。

新型エクリプスクロスの荷室サイズ:3列目シート収納時

また、今回新発売された新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)は、3列目シートを収納して、広い荷室・ラゲッジスペースを作り出す事が可能です。

■後部座席を収納時の新型エクリプスクロスの荷室
・後部座席の位置:最後端

・後部座席の位置:最前端

若干手前下がりになっているのは気になるところですが、奥行きの広さは十分。

キャンプやBBQなど荷物が多くなるシーンでも十分に対応できるだけの荷室の広さを用意しているように感じました。

そんな新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の後部座席を収納した時の荷室・ラゲッジスペースの広さを確認してみたところ、このようになっていました。

■新型エクリプスクロスの荷室寸法:3列目シート収納時
荷室長:約1,690mm ~ 約1,890mm
荷室幅:約 990mm
荷室高:約 760mm

後部座席を一番後方にスライドした状態の荷室の奥行きは約1,690mmだったのに対し、後部座席を一番前にスライドした状態での荷室長は約1,890mmとかなり広めに…。

後部座席を一番前にスライドさせれば、車中泊もできるのかなと思うくらいの荷室の広さになっていました。

後部座席を収納した時の競合車の広さは?

また、3列目シートを収納した時の荷室・ラゲッジスペースの広さは、三菱の新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)と競合車・ライバル車のどちらの方が広くなっていたのでしょうか?

この新型モデルの最大の競合車・ライバル車でもあるホンダの新型ヴェゼル(VEZEL)とトヨタCHR/C-HRの3列目シート収納時の荷室・ラゲッジスペースの広さを確認してみました。

■新型エクリプスクロスの競合車の後部座席を収納時の荷室サイズ
・ホンダ ヴェゼル
荷室長:約1,700mm
荷室幅:約1,000mm
荷室高:約880mm
・トヨタ C-HR/CHR
荷室長:約1,660mm
荷室幅:約950mm
荷室高:約675mm

後部座席を一番後ろにスライドした時の荷室・ラゲッジスペースの奥行きは競合車・ライバル車とほぼ同等の数値になっていましたが、後部座席を一番前にスライドすると、競合車・ライバル車の中で一番広い結果に…。

コンパクトサイズのSUVでこれだけの荷室・ラゲッジスペースの広さを確保しているのは、ちょっと凄いなと感心をしてしまいました。

2018年3月にデビューをした三菱のスタイリッシュSUV新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の荷室・ラゲッジスペースの広さを確認してみたところ、このようになっていました。

この新型モデルの後部座席を一番後ろにスライドした時の荷室・ラゲッジスペースの広さは、競合車・ライバル車と大きな違いはありません。ただ、後部座席を一番前にスライドすると、競合車を遥かに凌駕する広い荷室が登場します。

なので、ディーラーさんが自信を持って仰っている通り、この新型モデルの荷室・ラゲッジスペースは広く、競合車よりも使い勝手が良い感じがしました。

また、今回新発売された新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の荷室を確認してみて、荷物の量や後部座席の使用状況に応じて、ラゲッジスペースの広さを調節できるのは、競合車には無い大きなメリットなのかなと思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする