新型エクリプスクロスの荷室インプレ【魅力と欠点を実車画像で紹介】

SUVのチカラ強さとクーペのスポーティーさを併せ持つコンパクトSUV新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)が、2018年3月に三菱からデビューをしました。

今回新発売されたこの新型モデルは、フロントマスクに三菱の特徴でもあるダイナミックシールドを採用しており、競合車・ライバル車よりも迫力のあるデザインに…。実際に見てみると、ボディサイズ以上の存在感がありました。

>>> 新型エクリプスクロスの外装レビュー【実車画像で新型車の魅力を徹底解剖】

そんな新型SUVで意外に良いと感じたのは、荷室・ラゲッジスペースのデザインです。

この新型モデルはスタイリッシュなクーペスタイルのSUVと言う事で、荷室が犠牲になっている部分があると予想していたのですが、意外や意外、予想以上に荷室が広くて、使い勝手が良さそうでした。

ただ、その一方、この新型モデルの荷室・ラゲッジスペースで気になった部分もあったのですが…。

三菱からデビューをした新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の荷室・ラゲッジスペースは、どのようなデザインになっていたのか?また、この新型モデルの荷室・ラゲッジスペースの使い勝手は、どうだったのか?

三菱から久しぶりにデビューをした新型SUVの荷室・ラゲッジスペースの魅力と欠点を包み隠さず紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型エクリプスクロスの荷室レビュー:開口部編

今回新発売された三菱のスタイリッシュSUV新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の後ろ姿は、このようなデザインになっています。

■新型エクリプスクロスの後ろ姿

この新型モデルのテールゲートを開けてみると、このような感じ…。

■新型エクリプスクロスの荷室開口部の様子

今回新発売されたこのクルマはSUVと言う事ももあり、フロアの高さはちょっと高め。
また、クーペスタイルと言う事で、荷室開口部は垂直ではなく、傾斜が強いデザインになっています。なので、背の高い荷物の積みこみには、ちょっと不向きかもしれません。

ただ、荷室開口部自体は大きめになっており、ベビーカーやゴルフバッグ、スーツケースなど大きめの荷物も比較的積みこみやすいデザインになっているのかなと思いました。

開け閉めのしやすさも好印象

また、今回新発売された新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の荷室・ラゲッジスペースを確認していて、競合車・ライバル車よりも良いと思ったのが、テールゲートを閉めるためのグリップです。

この新型モデルのグリップの高さは約1,860mmと若干高めになっているのですが、握りやすいデザインに…。

テールゲートもそれ程重たくなく、また、テールゲートを閉める際、チカラも入れやすいグリップ形状になっているため、女性でもラクラク開け閉めができるのかなと思いました。

新型エクリプスクロスの荷室アレンジを徹底チェック

また、今回新発売された三菱の新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の荷室・ラゲッジスペースは、このようになっています。

■新型エクリプスクロスの荷室の広さ:通常時

思ったよりも広いですよね。

個人的には、ホイールハウスの張り出しが小さく、横幅がスッキリとしているのが、とても良いと思いました。

ちなみに、ディーラーさんの話によると、この時の荷室容量は341リットルとなっており、競合車・ライバル車の一つでもあるトヨタのC-HR/CHRの荷室容量を大きく上回っているみたいですよ。

後部座席を収納した時の荷室の広さをチェック

また、今回新発売された新型モデルの荷室・ラゲッジスペースは、後部座席の背もたれを倒す事によって、さらに広いスペースを作り出す事が可能です。

■新型エクリプスクロスの荷室の広さ:後部座席収納時

また、この新型モデルの後部座席は6対4分割方式を採用しているため、左右独立して、背もたれを収納する事も可能です。

背もたれを倒すと完全なフルフラットではなく、ちょっと手前下がりになっているのが気になりましたが、背もたれ部分で段差は無く、荷物の積み下ろしの妨げにならないデザインになっているのは、好印象でした。

ちなみに、新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の後部座席を収納して、荷室を広くするには、後部座席の背もたれの肩口に用意されているロックを解除する必要があります。

■新型エクリプスクロスの後部座席収納レバー

この後部座席の収納作業は、荷室側からでも操作する事はできるのですが、身長175cmある私が何とか手が届く程度。正直に言って、後部座席の収納作業はしやすいとは言い難いです。

荷室側からも後部座席の収納操作は何とかできますが、個人的には、荷室側からよりも後部座席側に回りこんだ方が収納操作はしやすいのかなと感じました。

新型エクリプスクロスの荷室の残念だったところとは…

このような荷室・ラゲッジスペースの広さ・使い勝手になっていた新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)ですが、ちょっと残念だったところも…。

それは後部座席を前方にスライドした時の荷室・ラゲッジスペースの使い勝手です。

今回新発売された新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の後部座席はスライド機能を備えているため、荷物の量や後部座席の使用状況によって、荷室の奥行きを調整できるようになっています。

この新型モデルの後部座席を前方にスライドすると、荷室・ラゲッジスペースは、このようになります。

■後部座席を前方にスライドした時の荷室

ちなみに、こちらは後部座席を一番後ろにスライドした時の様子です。

■後部座席を後方にスライドした時の荷室

後部座席の位置によって、荷室・ラゲッジスペースの奥行きはだいぶ異なります。

後部座席を前方にスライドすると、このように荷室・ラゲッジスペースの奥行きが広くなるのはとても良いのですが、ちょっと残念だったのは、荷室フロアに隙間が生じてしまう事です。

実際に荷室と後部座席の背もたれに生じた隙間を確認してみたところ、こんなにも大きな隙間が…。

この隙間は約20cmあるので、小さいアイテムなら落ちてしまいます。

ちなみに、スズキの新型クロスビー(XBEE)など後部座席のスライド機能を備えているクルマでは、このような隙間が生じないための工夫が施されています。

■新型クロスビーの荷室・ラゲッジスペース

新型クロスビーと新型エクリプスクロスの荷室を見比べてみると、荷室と後部座席に隙間がないクロスビー(XBEE)の方が使いやすそうですよね。

新型クロスビーと比較してしまうと、今回新発売された新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の荷室・ラゲッジスペースは、少々詰めの甘さを感じる仕上がりに…。

後部座席をスライドできる機能は良かっただけに、この後部座席の作りは少々勿体ないなと感じてしまいました。

2018年3月にデビューをした三菱の新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっていました。

この新型モデルは、後部座席を前方にスライドした時の荷室・ラゲッジスペースの使い勝手など気になる部分も若干あります。ただ、4人乗車時でも十分な広さの荷室・ラゲッジスペースを備えているのは、とても良いと思いました。

今回新発売された新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の荷室は、競合車・ライバル車に勝るとも劣らない荷室サイズ&容量を備えており、コンパクトSUVとしては十分満足できる仕上がりになっていました。

>>> 意外と広い!?新型エクリプスクロスの荷室サイズを確認してきた

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする