ちょっと物足りない!?新型エクリプスクロスの収納スペースを徹底解剖

三菱のアイデンティティであるダイナミックシールドを採用したフロントマスクが目を引くコンパクトSUV新型エクスプリクロスが、2018年3月にデビューをしました。

今回新発売された新型SUVの注目ポイントの一つが、内装・インテリアのデザインです。

この新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の内装・インテリアには、タッチパッドやヘッドアップディスプレイが用意されており、トヨタのC-HR/CHRなど競合車よりも先進性溢れるデザインになっていました。

>>> 新型エクリプスクロスの内装の実車画像レビュー【競合車に無い装備が盛り沢山!?】

ただ、この新型モデルの内装・インテリアを確認していて残念に感じたのが、収納スペース&小物入れです。

この新型モデルの収納スペース&小物入れの数は、競合車・ライバル車と比較すると、ちょっと物足りない感じが…。

今回新発売された三菱の新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)は、どのような収納スペース&小物入れを用意していたのでしょうか?また、収納スペース&小物入れの使い勝手やサイズは、どのようになっていたのでしょうか?

先日、この新型モデルの収納スペース&小物入れの配置や使い勝手を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型エクリプスクロスの収納スペース画像レビュー:運転席周り編

今回新発売された三菱のSUV新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)のインパネ・運転席周りのデザインは、このようなデザインになっています。

■新型エクリプスクロスのインパネ

この新型モデルのインパネ・内装は、水平基調をベースにした使い勝手の良さを追求したデザインに…。センターコンソールに高級感のあるピアノブラック調のパネルが採用されるなど、外見に負けず劣らずスタイリッシュなデザインになっているように感じました。

ただ、この新型SUVの内装・インパネwおご覧いただければ分かると思いますが、見るからに収納スペースが少ない感じが…。

そんな新型モデルの運転席周りには、次のような収納スペース・小物入れが用意されていました。

運転席周りの収納スペース1:センタートレー

今回新発売されている新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の収納スペースの一つが、シフトレバーの前方に用意されている”センタートレー”です。

■新型エクリプスクロスのセンタートレー

このセンタートレーの上部には、USBポートなどが設置されているため、運転中、スマホやiPhoneを置いておくのにピッタリです。

ただ、ちょっと残念だったのはサイズ。

USBポートとスマホを繋げなければ、センタートレーにピッタリと収まるサイズだったのですが、USBとスマホを接続した場合、ちょっとサイズが足りない感じが…。

個人的にはUSBとスマホを接続した状態でピッタリと収まるくらいのサイズ感にしてくれたら、嬉しかったです。

運転席周りの収納スペース2:ドリンクホルダー

今回新発売された新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)のフロントシート用のドリンクホルダーは、センターコンソール部分に用意されています。

■新型エクリプスクロスのドリンクホルダー

この新型モデルに用意されているフロントシート用のドリンクホルダーは、飲み物を固定するためのストッパーが付いており、意外と使い勝手が良い感じが…。

また、小さいアイテムが置けるようにドリンクホルダーの内部が繋がっているのも好印象でした。

運転席周りの収納スペース3:センターコンソールボックス

今回新発売された新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の運転席周りに用意されている収納スペースの中で一番大活躍しそうなのが、センターコンソールボックスです。

実際にこの新型モデルのセンターコンソールボックスの蓋を開けてみると、このような感じに…。

浅型のトレーも付いていて、使い勝手が良さそうですよね。

このクルマのセンターコンソールボックスは、深さ190mmもあり、ちょっと大きめのアイテムを収納する事も可能です。また、浅いトレーは、ガムやミントタブレットなどの小物・小さいアイテムを収納するのに便利な感じが…。

この新型モデルは運転席周りに収納スペースが少ないので、優れた収納力を備えるセンターコンソールボックスは重宝するのかなと思いました。

運転席周りの収納スペース4:グローブボックス

また、新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)のグローブボックスも、注目の収納スペースの一つです。

ご覧いただければ分かると思いますが、この新型モデルで用意されているグローブボックスは、このように上下2段に分かれたデザインに…。

■新型エクリプスクロスのグローブボックス

なので、一般的なグローブボックスよりも収納力に優れ、使い勝手が良いです。

個人的には、このグローブボックスの上段に車検証や取り扱い説明書などの重要な書類を、そして、下段には大きくて置き場に困るボックスティッシュなどを収納するのが良いのかなと思いました。

運転席周りの収納スペース5:フロントドアポケット

今回新発売された新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)では、フロントドアの内側パネルの下部にB5サイズのノートと1リットルのペットボトルが収納できるドアポケットが用意されています。

■新型エクリプスクロスのフロントドアポケット

個人的には、ドリンクがまっすぐではなく、斜めに収納されてしまうのはあまり好きではないのですが、ポケットに厚みがあり、意外と収納力があるところは良いと思いました。

新型エクリプスクロスの収納スペース画像レビュー:後部座席編

運転席周りにはこのような収納スペースを用意していた新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)ですが、後部座席周りの収納スペースは、どうなっていたでしょうか?

この新型モデルの後部座席周りのデザインは、このようになっていました。

■新型エクリプスクロスの後部座席周り

運転席周りの収納スペースも少なめでしたが、後部座席周りもちょっと少ない印象が…。

そんな新型モデルの後部座席周りには、どのような収納スペースを用意していたのか確認してきたので、紹介したいと思います。

後部座席の収納スペース1:シートバックポケット

今回新発売された三菱の人気SUV”新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)”の後部座席周りに用意されていた収納スペースの一つが、シートバックポケットです。

■新型エクリプスクロスのシートバックポケット

オーソドックスなデザインになっているこの新型モデルのシートバックポケットですが、A4サイズの雑誌や地図なども収納できるため、使い勝手は良いと思いました。

後部座席の収納スペース2:後部座席用ドリンクホルダー

今回新発売された新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の後部座席のセンターアームレストには、後部座席用のドリンクホルダーが2個用意されています。

■新型エクリプスクロスのドリンクホルダー

ストッパーなどは用意されていなかったは少々残念でしたが、センターアムレストが意外としっかりとしているため、安定感は高いです。(クルマによっては、センターアームレストの安定感がなく、クタ~~っと手前下がりになっているものもあるので…。)

また、高さも丁度よいため、アームレストとしてだけではなく、ドリンクホルダーとしても重宝するのかなと思いました。

後部座席の収納スペース3:後部座席用ドア内側パネル

今回新発売された新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の後部座席用のドア内側パネルは、このようなデザインになっています。

■新型エクリプスクロスの後部座席用ドア内側パネル

フロントシートでは、ドアポケットとドリンクホルダーが用意されておりましたが、後部座席用のドア内側パネルでは、ドリンクホルダーのみを用意。

フロントシートと同様に斜めにドリンクを収納するデザインになっていたのは少々残念でしたが、スムーズにドリンクを出し入れできるのは好印象でした。

2018年3月にデビューをした三菱のコンパクトSUV”新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)”の収納スぺースを確認してみたところ、このようになっていました。

この新型モデルの収納スペースの数は、競合車・ライバル車よりも若干少なくなっています。

なので、小さいお子さんがいるご家庭では、ちょっと物足りなさを感じるかもしれません。ただ、使い勝手が良くなるような様々な工夫が施されているのは、好印象でした。

もしこれからこの新型モデルの試乗に行かれる方は、乗り心地や走りの良さだけではなく、収納スペースの使い勝手にも目を向けてみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする