新型フィット3の外装レビュー|デザインが異なる2つのモデルを実車画像で紹介

ホンダの人気コンパクトカーの新型フィット3(FIT3)が、2017年6月にマイナーチェンジを行いましたね。

ホンダのマイナーチェンジは、ボディカラーの変更や内外装のごく一部のデザインを変更するなど、まさにマイナーチェンジと言った感じで、ごく僅かな変更のみを行うイメージがあったのですが、今回は内外装のデザインや安全装備など全面的に変更。

今回の新型フィット3(FIT3)の変更は、ホンダにしては珍しく、ビッグマイナーチェンジと言っても良いくらいの大幅改良になっていました。

また、今までのモデルは1種類しか外装・エクステリアを用意していませんでしが、今回新発売された新型モデルでは、フロントマスクなどが異なる2種類の外装・エクステリアを用意しています。

2種類の異なるデザインが用意されているホンダの新型フィット3(FIT3)の外装・エクステリアの写真を撮ってきたので、実車画像を使って紹介したいと思います。また、フロントフェイスの違いなどを、比較してみたいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

ホンダ新型フィット3の外装画像レビュー:正面から

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型フィット3(FIT3)は、大きくわけて2つのデザインの外装・エクステリアを用意しています。

こちらは、上位モデルのハイブリッドSやマニュアル車のRSに採用されているスポーティーなデザインの外装・エクステリアとなっています。

■新型フィット3 ハイブリッドSの外装

一方、こちらは売れ筋モデルのハイブリッドLやハイブリッドFの外装・エクステリア。

■新型フィット3 ハイブリッドLグレードの外装

上位モデルハイブリッドSグレードに採用されている外装・エクステリアと、それ以外のハイブリッドLグレードやFグレードでは、フロントマスクの迫力・デザイン性が全く違いますよね。

上位モデルのハイブリッドSやRSでは、ブラックの加飾とシルバーのラインを施した専用デザインのバンパーを採用。

中間モデルのLグレードやFグレードは、今までのフィット3(FIT3)のデザインをそのまま引き継いだような感じになっていたのに対し、上位モデルの新型フィット3(FIT3)のハイブリッドSグレードでは、精悍さが増したスタイリッシュなデザインになっているように感じました。

注目の装備1:インラインタイプのヘッドライトを採用

このようなデザインになった新型フィット3(FIT3)ですが、注目装備の一つが、ヘッドライト。

全グレード標準装備ではなく、上位モデルのみになっているのですが、アコードハイブリッドやシャトルなど比較的上位車種のみに装備されているインラインタイプのヘッドライトを採用しています。

■新型フィット3のヘッドライト

このインラインタイプのヘッドライトを点灯すると、このようなデザインになります。

日中に写真を撮ったので目立ちませんが、フロントグリルに続くようなデザインになっているLEDのポジションライトがとても印象的で、新型フィット3(FIT3)の精悍さを強調しているように感じました。

ホンダ新型フィット3の外装画像レビュー:横から

フロントマスクのデザインが大きく異なる新型フィット3(FIT3)ですが、横からのデザインも大きく異なります。

こちらは、スポーティーなデザインが特徴のハイブリッドSやRSののサイドからのデザインです。

■新型フィット3 ハイブリッドSの外装(サイド)

一方、こちらは中間モデルのLグレードやFグレードに採用されている標準モデルの外装・エクステリアになっています。

■新型フィット3 ハイブリッドLの外装(サイド)

サイドからのデザインにも違いがありますよね。

上位モデルのハイブリッドSやRSでは、光沢ブラックのドアミラーやサイドシルガーニッシュが装備されて、低重心化したスポーティーなデザインになっているように感じました。

■ブラックを採用しているハイブリッドSのドアミラー

■ハイブリッドSのサイドシルガーニッシュ

正直に言って、フィット3らしからぬスポーティーなデザインになっているハイブリッドSの外装・エクステリアの方がオシャレで良かったです。

タイヤ&ホイールのサイズ、デザインにも違いが…

また、新型フィット3(FIT3)の上位モデルハイブリッドSと標準モデルのハイブリッドLでは、タイヤ&ホイールのデザインだけではなく、サイズも異なります。

■ハイブリッドSのタイヤ&ホイール

■ハイブリッドLのタイヤ&ホイール

ハイブリッドLは15インチのスチールホイール+フルホイールキャップを標準装備しているのに対し、上位モデルのハイブリッドSは、16インチのアルミホイールを標準装備。

実際にこの2台のモデルのタイヤ&ホイールを見比べてみると、デザイン性が全く異なるのが一目瞭然です。

ブラック塗装&切削加工を施した16インチのタイヤ&アルミホイールを装備した新型フィット3(FIT3)のハイブリッドSグレードの方が格段にオシャレなデザインになっているように感じました。

ちなみに、新型フィット3(FIT3)のハイブリッドSとLグレードでは、装備をしているタイヤメーカー&ブランドも異なります。なので、運転した時のドライブフィーリングや乗り心地、走破性にも違いがあるようですよ。

この乗り心地やドライブフィーリングの違いも注目ですね。

ホンダ新型フィット3の外装画像レビュー:後ろから

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型フィット3(FIT3)の2つのモデルは、後ろからみても違いが明らかです。

こちらは上位モデルのハイブリッドSグレードの後ろ姿。

一方、こちらはハイブリッドLグレードの後ろ姿。

後ろ姿(リヤビュー)でも、ハイブリッドSグレードの方がスポーティーさを感じるデザインになっていますよね。

この2台のモデルの大きな違いの一つは、バンパー。

上位モデルのハイブリッドSグレードは、フロントマスクと同様に光沢ブラック塗装された専用デザインのバンパーを装備しています。

■ハイブリッドSグレード専用デザインのリヤバンパー

また、ハイブリッドSでは、大型のテールゲートバンパーも標準装備。

ハイブリッドLグレードなどノーマルモデルと比較して、引き締まったデザインの
リヤビューになっていました。

このように後ろ姿も全く異なるのも、今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型フィット3(FIT3)の注目ポイントの一つかなと思いました。

まとめ

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型フィット3(FIT3)の外装・エクステリアは、このようなデザインになっていました。

今までのフィット3(FIT3)は、丸みを帯びた柔らかいデザインが印象的だったのですが、今回発売された新型モデルは、よりシャープさが強調され、男性的なデザインになっているように感じました。

この今までと全く新しいデザインになって新型フィット3(FIT3)の外装・エクステリアは、要注目です。試乗をする際は、ぜひともじっくりと確認をしてみてくださいね。

ちなみに、ディーラーさんにお話を伺ったところによると、今までと全く異なるデザインになったハイブリッドSグレードは好評で、予想以上の売れ行きになっているようですよ。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする