新型フィット3 ガソリン車のメーター【先代との違いを実車画像で比較】

日本だけでなく、世界中で人気が高いホンダのコンパクトカー新型フィット3(FIT3)が、2017年6月にビッグマイナーチェンジをして、新発売されましたね。

今回のマイナーチェンジで外装・内装のデザインが新しくなったこの新型モデルですが、大幅に変わった装備の一つが、ガソリン車のメーターです。

おそらくホンダの最新の安全装備システム”ホンダ センシング(HONDA Sensing)”が装着された事が理由の一つだと思いますが、先代モデルと全く異なる新しいデザインのメーターになっていました。

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型フィット3(FIT3)のガソリン車のメーターは、どのようなデザインになっていたのでしょか?また、先代モデルとの違いは、何だったのでしょうか?

先代モデルの画像と比較しながら、新型モデルのガソリン車のメーターを徹底的にレビューをしていきたいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型フィット3のガソリン車のメーター画像レビュー

2017年6月にビッグマイナーチェンジをして新発売された新型フィット3(FIT3)を、先日、試乗させて貰ったのですが、メーターは、このようなデザインになっていました。

ガソリン車もハイブリッド車と同様に自発光式のメーターを採用。
エンジンを立ち上げると、このように点灯をします。

このガソリン車のメーターは、ハイブリッド車と同様に中央に大きなスピードメーターを、そして、左右にタコメーターとマルチインフォメーションディスプレイを装備。

■ガソリン車のスピードメーター

■ガソリン車のタコメーター

■ガソリン車のマルチインフォメーションディスプレイ

ホワイトの文字盤や目盛りが見やすく、ハイブリッド車と同様に視認性に優れたデザインになっているように感じました。

そんな新型フィット3(FIT3)のガソリン車のメーターの注目ポイントを紹介していきたいと思います。

注目ポイント1:先代よりも情報量が増えた新型モデルのメーター

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型フィット3(FIT3)のガソリン車のメーターの注目ポイントの一つが、先代モデルから一新されたデザイン。

先代モデルのガソリン車は、ハイブリッド車とは異なる専用デザインの3眼式のメーターを採用していました。

■先代モデルのガソリン車のメーター

■先代モデルのタコメーター

■先代モデルのブルーのインフォメーションディスプレイ

メーターの右側に装備されているブルーのインフォメーションディスプレイが印象的ですよね。個人的には、スポーティーな雰囲気のあるこの先代モデルのガソリン車のメーターは、大好きでした。

しかし、今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型フィット3(FIT3)のガソリン車のメーターは、タコメーターかパワー/チャージメーターの違いはありますが、ハイブリッド車っぽいデザインに…。

■新型モデルのガソリン車のメーター

■新型モデルのハイブリッド車のメーター

また、メーターの右側もインフォメーションディスプレイから、より情報量が多いマルチインフォメーションディスプレイに変更されました。

個人的には、先代モデルのガソリン車の3眼式メーターの方がデザインは好みでした。ただ、マルチインフォメーションディスプレイを搭載して確認できる情報量が増えたのは、新型モデルのメーターの魅力の一つだと思いました。

注目ポイント2:マルチインフォメーションディスプレイの表示項目

今回の新型フィット3(FIT3)のビッグマイナーチェンジで、ガソリン車にもマルチインフォメーションディスプレイが搭載されましたが、どのような表示項目が用意されているのでしょか?

また、ハイブリッド車と違いは、あったのでしょうか?

実際にこのガソリン車のマルチインフォメーションディスプレイを確認したところ、このような表示項目が用意されていました。

■航続可能距離表示 / 平均燃費 / 瞬間燃費表示

■平均車速表示 / 経過時間表示

■コンパス表示

■標識認識機能表示

現在の出力状況や回生状況を表すエネルギーフロー画面などは用意されていませんでしたが、基本的なマルチインフォメーションディスプレイの表示項目は、ハイブリッド車と全く同じです。

>>> ハイブリッド車のマルチインフォメーションの表示項目は、コチラから

ただ、ホンダの新型フィット3(FIT3)のガソリン車には、運転操作の状態に応じて車両アイコンが前後に移動して、エコな運転をしているのかを教えてくれるECOドライブディスプレイが用意されていませんでした。

■ECOドライブディスプレイ

このECOドライブディスプレイは、エコな運転をする目印になるので、ハイブリッド車だけではなく、ガソリン車にも用意しても良かったのかなと思いました。

また、アイドリングストップの累計時間を表示する項目など、ガソリン車ならではの表示項目を用意しても良かったのかなと思いました。

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売されたホンダの新型フィット3(FIT3)のガソリン車のメーターを確認したところ、このようなデザインになっていました。

この新型モデルでは、マルチインフォメーションディスプレイが表示されるなど、先代モデルと全く異なるデザインになっていました。

ただ、個人的には、マルチインフォメーションディスプレイにアイドリングストップをした時間などガソリン車専用の装備が用意されていたら、さらに良かったのかなと思いました。

もしこれからホンダの新型フィット3(FIT3)を見に行く方は、新しいデザインになったガソリン車のメーターのデザインや、マルチインフォメーションディスプレイの表示項目にも注目をしてみてくださいね。

>>> 新型フィット3の収納スペース画像レビュー【使い勝手で気になる部分が…】

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする