ホンダ新型フィット3のメーター【マイナーチェンジでデザインが進化!?】

車内の広さ・居住性の良さが魅力のホンダのコンパクトカー新型フィット3(FIT3)が、2017年6月にビッグマイナーチェンジを行いましたね。

今回のビッグマイナーチェンジでは、外装・エクステリアのデザインが変わるだけではなく、内装・インテリアのデザインにも手が加えられ、よりスタイリッシュなデザインになっていました。

>>> 新型フィット3の内装画像レビュー【先代モデルと変わったところとは?】

また、今回久しぶりに新型フィット3(FIT3)を試乗させてもらったのですが、内装・インテリアの装備だけではなく、メーターのデザインも新しくなっていました。

ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型フィット3(FIT3)のメーターは、どのようなデザインなのか?

実車画像を使って、この新型モデルのメーターの様子を紹介いたします。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型フィット3のメーター:先代と変わったところとは?

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型フィット3(FIT3)の内装・インパネは、このようなデザインになっています。

そして、メーターはこのようなデザインになっています。

このクルマの最大の競合車・ライバル車でもあるトヨタのアクア(AQUA)は、横に広いデジタルのセンターメーターを採用していますが、この新型フィット3(FIT3)は、運転席の目の目の前にある一般的なメーターを採用しています。

このクルマでは、視認性に優れている自発光式のメーターを採用しているため、エンジンを立ち上げていないと何も表示されません。

そして、エンジンスタータースイッチを押すと、メーター部分やメーカーオプションナビにアニメーション画面が流れ、このようなデザインのメーターが表示されます。

■新型フィット3のメーター

この新型フィット3(FIT3)に搭載されているメーターは、中央にスピードメーターを搭載。

■スピードメーター

大きく中央に”ドンっ!”と構えているので、視認性にも優れています。

そして、スピードメーターの左側には、左側に現在の出力や回生状況を表示してくれるパワー/チャージメーターとシフトレバーのポジションを表示してくれます。

■パワー/チャージメーター&シフトレバーポジション

そして、右側には燃費やエネルギーフローなど様々な情報を表示してくれるマルチインフォメーションディスプレイが搭載されています。

■マルチインフォメーションディスプレイ

このマルチインフォメーションディスプレイは、ハンドルの右下のレバーをカチカチと操作する事によって、表示項目を変更する事が可能です。

■新型フィット3のマルチインフォメの切り替えスイッチ

そんな新型フィット3に搭載されているマルチインフォメーションディスプレイの表示項目を紹介したいと思います。

■平均燃費履歴表示画面

■ECOドライブディスプレイ画面

■続可能距離表示/平均燃費/瞬間燃費表示

■平均車速表示/経過時間表示

■SPORTメーター(タコメーター)

■エネルギーフロー

■コンパス表示

■エコスコア

また、今回は写真を撮る事ができなかったのですが、制限速度や立ち入り禁止など新型フィット3(FIT3)のフロントカメラが認識した標識もこのマルチインフォメーション内に表示してくれます。

基本的な表示項目などは先代モデルと大きな違いはありませんでしが、このマルチインフォメーションディスプレイは、視認性にも優れているため、使い勝手は比較的良いように感じました。

また、この情報量の多さも魅力的に感じました。

先代モデルとメーターのデザインが変わったところとは!?

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型フィット3(FIT3)ですが、メーターのデザインが変更され、進化をしていました。

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型モデルと先代モデルのメーターのデザインを比較してみましょう。

■新型モデルのメーター

■先代モデルのメーター

スピードメーターを中央に配置するなど、基本的なデザインは、今回発売された新型モデルも先代モデルも同じになっています。

また、先ほど申し上げましたが、マルチインフォメーションディスプレイの表示項目にも大きな違いはありません。

しかし、新型モデルと先代モデルでは、若干装飾などデザイン面で違いがありました。

違い1:スピードメーターまわりのリング

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型フィット3(FIT3)と先代モデルのメーターの違いの一つが、スピードメーターまわりのデザイン。

先代モデルでは、エコなイメージを強調したブルーになっていたのに対し、今回新発売された新型モデルでは、比較的シンプルなホワイトを採用。

■新型モデルのスピードメーター

■先代モデルのスピードメーター

エコを連想するブルーカラーのリングも良かったですが、スッキリとシンプルになったホワイトのスピードメーターもなかなか良いなと思いました。

違い2:パワー/チャージメーター&マルチインフォメーションのデザイン

また、タコメーターやマルチインフォメーションディスプレイまわりのデザインにも違いがありました。

■新型モデルのパワー/チャージメーター&マルチインフォメーション

■先代モデルのパワー/チャージメーター&マルチインフォメーション

先代モデルでは、パワー/チャージメーター&スピードメーターの上下には、ブルーのラインが入っていました。なので、若干、メーターがごちゃごちゃとした印象が…。

一方、今回新発売された新型モデルでは、パワー/チャージメーター&マルチインフォメーションディスプレイの上下に入っていたブルーのラインを排除。スッキリとしたシンプルなデザインに生まれ変わっていました。

個人的には、運転中に視線を落とした際に必要な情報が目に入りやすい、シンプルな新型モデルのメーターの方が良いように感じました。

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型フィット3(FIT3)のメーターは、このようなデザインになっていました。

基本的なデザインは先代モデルと同じでしたが、装飾部分で若干の変更があり、より視認性に優れたメーターデザインになっているように感じました。

また、今回のビッグマイナーチェンジで新しいデザインになった新型フィット3(FIT3)の内装・インパネとの相性もピッタリだと思いました。

新しくなった外装・エクステリアのデザインや安全装備システム”ホンダセンシング”が注目を集めている新型モデルですが、新しくなったメーターのデザインにも注目をしてみてくださいね。

>>> 新型フィット3の外装レビュー|デザインが異なる2つのモデルを実車画像で紹介

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする