新型フィット3のプレミアムブラウン インテリアの実車画像【上質感がアップ!?】

2017年6月、ホンダの人気コンパクトカー新型フィット3(FIT3)が、ビッグマナーチェンジを行い、外装・内装のデザインを一新しましたね。

新しく生まれ変わった新型モデルの外装・エクステリアは、より精悍な雰囲気に…。
また、内装・インテリアもよりスタイリッシュなデザインに生まれ変わりました。

>>> 新型フィット3の内装・インテリアを実車画像で確認をしてみる

このようにオシャレなデザインになっている新型フィット3(FIT3)の内装・インテリアですが、メーカーオプションのプレミアムブラウン インテリアを注文すると、さらに高級感・上質感のあるデザインになります。

私は先日、この”プレミアムブラウン インテリア”を装備したモデルを見せて貰ったのですが、コンパクトカーとは思えない程ラグジュアリーな感じに…。個人的には、シートのデザイン&肌触りが気に入りました。

そんなメーカーオプションの”プレミアムブラウン インテリア”を採用した新型フィット3(FIT3)の内装・インテリアの写真を撮ってきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型フィット3のプレミアムブラウン インテリアの画像レビュー

メーカーオプションの”プレミアムブラウン インテリア”を装備した新型フィット3(FIT3)の内装・インテリアは、このようなデザインになっています。

■インパネ

■シート

■ドア内側パネル

ちなみに、こちらはハイブリッドS(Sパッケージ)の内装・インテリアの様子。

■インパネ

■シート

■ドア内側パネル

車内の雰囲気が全く違いますよね。

元々新型フィット3(FIT3)の内装・インテリアのデザインはコンパクトカーの中でもレベルが高く、十分に満足できる仕上がりになっています。

ただ、この”プレミアムブラウン インテリア”を装備したモデルの内装・インテリアは、
その名の通り、ブラウンがアクセントカラーになっている上質感・高級感のあるデザインに…。

実際に見てみると、コンパクトカーのレベルを遥かに超えているオシャレな内装・インテリアデザインになっているように感じました。

このようなデザインになっている新型フィット3(FIT3)のメーカーオプション”プレミアムブラウン インテリア”の特徴や注目の装備を早速見ていきましょう。

注目の装備1:見た目の印象が異なるハンドル

新型フィット3(FIT3)のメーカーオプション”プレミアムブラウン インテリア”の注目ポイントの一つが、ブラックとブラウンのツートンカラーになったハンドル・ステアリングホイール。

■プレミアムブラウン インテリアのハンドル

ハンドル・ステアリングホイールに使用されている素材はノーマルモデルと同じ本革なので、グリップ感や握り心地に違いはありません。

ただ、ハンドル・ステアリングホイールのデザインが異なるだけで、優雅な気分になりました。

注目の装備2:オシャレなセンターコンソールボックス

また、今回新型フィット3(FIT3)に用意されている”プレミアムブラウン インテリア”の内装・インテリアを見て良いと思ったのが、アームレスト付きのセンターコンソールボックスのデザインです。

■プレミアムブラウン インテリアのセンターコンソールボックス

ノーマルモデルでは、ブラックカラーになっていたのですが、メーカーオプションの”プレミアムブラウン インテリア”では、シートの素材とマッチしたブラウンカラーのセンターコンソールボックスを採用しています。

そして、このセンターコンソールに使用されている素材は、シートのサイドの部分と同じ合成レザーのような質感のプライムスムースになっていました。

夏の暑い日などは少しベタベタと肌にくっつくのが気になりますが、ラグジュアリー感を演出するブラウンカラーのセンターコンソールボックスも、なかなか良いと思いました。

注目の装備3:肌触りが良いドア内側パネル

新型フィット3(FIT3)にメーカーオプションの”プレミアムブラウン インテリア”を装着すると、ドア内側パネルのデザインも異なります。

“プレミアムブラウン インテリア”を装備した新型フィット3(FIT3)の”ハイブリッドL (Lパッケージ)”と、ノーマルモデルの”ハイブリッドS (Sパッケージ)”のドア内側パネルを比較すると、このようになっています。

■プレミアムブラウン インテリアのドア内側パネル

■ノーマルモデルのドア内側パネル

ノーマルモデルでは、ブラックカラーのファブリック素材のパネルを採用しており、比較的シンプルなデザインに…。一方、”プレミアムブラウン インテリア”は、上質感のあるブラウンカラーのパネルを採用。

ドア内側パネルもオシャレに生まれ変わっているように感じました。

肌触りにも違いが…

また、ノーマルモデルと”プレミアムブラウン インテリア”では、ドア内側パネルに使用されている素材が異なるため、腕が振れた時の肌触りが全く異なります。

ノーマルモデルは少しざらつきのあるファブリック素材を採用しているため、腕が振れた時の感触があまり良くありません。

■ノーマルモデルのパネル素材

一方、新型フィット3(FIT3)の”プレミアムブラウン インテリア”では、シートのサイドの部分に採用されているプライムスムースを、このドア内側パネルに採用。

■プレミアムブラウン インテリアのパネル素材

夏は若干のベトつきが気になりますが、プニプニとした肌触りになっており、ノーマルモデルよりも柔らかく、触れた時の感触が良いのが好印象でした。

見た目だけではなく、この肌触りの良さも”プレミアムブラウン インテリア”を採用した時の魅力の一つなのかなと思いました。

注目の装備4:高級感が漂うシート

新型フィット3(FIT3)のメーカーオプション”プレミアムブラウン インテリア”を装備した時の最大の注目ポイントが、シートのデザイン。

“プレミアムブラウン インテリア”を注文すると、このようにサイドやシートバックにブラウンカラーを採用した高級感漂うシートが装備されます。

■フロントシート

■後部座席

■シートバック

シードのサイドや背もたれの中央に施されているブラウンのラインが、アクセントカラーになっていて、良いですよね、コンパクトカーとは思えない程、高級感のあるシートデザインになっていました。

シートに採用されている素材も注目ポイントの一つ

また、新型フィット3(FIT3)のメーカーオプション”プレミアムブラウン インテリア”のシートに採用されている素材も注目ポイントの一つです。

この”プレミアムブラウン インテリア”のシートでは、中央のメイン部分にしっとりとした肌触りが特徴のウルトラスエードを、そして、サイドの部分に合成レザーのような肌触りが特徴のプライムスムースを組み合わせたコンビシートを採用しています。

■プレミアムブラウン インテリアのウルトラスエード素材

繊維が起毛されているため、座った時の肌触りがとても良く、長時間ドライブでも快適に過ごせるのかなと思いました。

また、後部座席の中央に装備されているリヤセンターアームレストも、シートの素材にマッチしたブラウンのプライムスムース素材を採用しているのも好印象でした。

■リヤセンターアームレスト

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型フィット3(FIT3)のメーカーオプション”プレミアムブラウン インテリア”を装備した時の内装・インテリアは、このようになっていました。

ノーマルモデルでも十分に満足できる質感を備えているこの新型モデルの内装・インテリアですが、”プレミアムブラウン インテリア”を装備すると、上質さ&エレガントが格段に良くなる感じがしました。

また、個人的には、このシートのためだけに”プレミアムブラウン インテリア”を装備しても良いと思うくらい、しっとりと肌触りが良いウルトラスエード素材を採用したシートが大のお気に入りになりました。

ちなみに、ディーラーさんに確認したところ、新型フィット3(FIT3)のメーカーオプション”プレミアムブラウン インテリア”は、アコードなど高級車種から乗り換えたお客さんに人気が高いようですよ。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする