新型フィット3 RSの外装画像レビュー【先代との違いを実車画像で比較してみた】

2017年6月、ホンダの人気コンパクトカー新型フィット3(FIT3)がビッグマイナーチェンジを行いましたね。

今回はまさにビッグマイナーチェンジと言う感じで、外装・内装のデザインだけではなく、乗り心地なども大きく進化!先代モデルよりも乗りやすいクルマに仕上がっていました。

そんな新型フィット3(FIT3)ですが、1.5リットルエンジンを搭載したマニュアル車(MT車)のRSもしっかりと進化。先代モデルよりもスポーティーなデザインになっていて、大満足でした。

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型フィット3 RS(FIT3 RS)の外装・エクステリアは、どのようなデザインになっていたのか?また、先代モデルとの違いは、何なのか?

この新発売された新型モデルと先代モデルを実車画像で比較しながら、紹介したいと思います。また、今回のビッグマイナーチェンジで進化をした新型フィット3 RS(FIT3 RS)の3つの特徴を、分りやすく紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型フィット3 RSの外装画像インプレ

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型フィット3 RS(FIT3 RS)の外装・エクステリアは、このようなデザインになっています。

■新型フィット3 RSの外装・エクステリア

また、ヘッドライトを点灯すると、このようなデザインになります。

のち程詳しく説明をいたしますが、今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型フィット3 RS(FIT3 RS)は、シャープな印象な顔立ちに…。

大型のルーフスポイラーやブラックカラーになっているサイドミラーも、このRSの引き締まったデザインにピッタリ。

■RSの大型ルーフスポイラー

■ブラックカラーになっているサイドミラー

また、「逆に安っぽいデザインになっちゃうのかも!?」と危惧をしていた前後のバンパーに入ったオレンジのラインも、意外とRSのフロントマスクとマッチをしていて、良いように感じました。

特徴1:先代モデルよりもスポーティーなデザインに…

今回のビッグマイナーチェンジで生まれ変わった新型フィット3 RS(FIT3 RS)の大きな特徴の一つが、スポーティー&ワイルドになった外装・エクステリアのデザイン。

先代モデルと比較すると、外装・エクステリアの違いは、一目瞭然です。

■新型モデルの外装・エクステリア

■先代モデルの外装・エクステリア

このように見比べると、見た目のシャープさが全く異なりますよね。

先代モデルは角がなく丸っこいデザインになっていましたが、今回新発売された新型モデルでは、専用デザインのスポーツバンパーを搭載した新型モデルは角が付いて立体的なデザインに…。

走りにこだわったRSらしい凛々しい外装・エクステリアになっているように感じました。

特徴2:専用デザインのバンパーやエンブレムを採用

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型フィット3 RS(FIT3 RS)の外装・エクステリアは、ノーマルモデルのSパッケージと基本的には同じデザインになっています。

ただ、このRSの外装・エクステリアには、様々な専用装備を備えていました。

その一つが、オレンジのラインが入った専用のデザインのフロントとリヤバンパー。

■RS専用デザインのフロントバンパー

■RS専用デザインのリヤバンパー

このオレンジのラインがインパクトがありますよね。

新型フィット3(FIT3)のRSとSパッケージの外装・エクステリアの基本的なデザインは同じになっていますが、このオレンジのアクセントラインで上手に違いを表現しているなと感じました。

また、オレンジのラインが施された専用デザインのバンパーは、RS専用のボディカラー”サンセット オレンジⅡ”との相性も、とても良いように感じました。

RS専用エンブレムもしっかりと装備

また、今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型フィット3 RS(FIT3 RS)も先代モデルと同様に、フロントグリル部分とリヤにRS専用エンブレムを搭載。

■フロントグリル部分のRS専用エンブレム

■リヤ専用エンブレム

やはりRSには、フロントグリル内とリヤに専用デザインのエンブレムが必要ですよね。この専用エンブレムもRSらしさを強調していて、好印象でした。

特徴3:タイヤ&ホイールは16インチを採用

このように様々な専用デザインを施している新型フィット3 RS(FIT3 RS)ですが、タイヤ&ホイールのデザインを確認してみたところ、このようなデザインになっていました。

このRSに搭載されていたタイヤサイズは、Sパッケージなどよりも一回り大きい16インチ(185/55R16 83)となっていまた。なので、この新型モデルでもRSらしいキビキビとした走りを楽しめるようになっているそうですよ。

ちなみに、このRSに標準装備されているタイヤは、ダンロップのスポーツタイヤ”SPスポーツ 2030(SP SPORT 2030)”でした。

この新型モデルのRSを試乗した事は無いのですが、同じタイヤを装備した先代モデルを試乗した限りでは、ワインディングロードなどを運転している時には、少し粗さが気になりました。

ただ、街中を運転している限りでは、他のモデルよりもピシっと引き締まった乗り味を楽しむ事ができて、好印象でした。

ちょっと残念だったのは…

乗り心地や走破性は十分に満足できる出来になっていた新型フィット3 RS(FIT3 RS)の標準タイヤですが、ちょっと残念だったのは、ホイールのデザイン。

このRSに標準装備されているホイールのデザインは、ハイブリッド車やガソリン車のSパッケージと全く同じでした。

■RSのタイヤ&ホイール

■Sパッケージのタイヤ&ホイール

個人的には、ホイールもRS専用のデザインにしても良かったのかなと思いました。

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型フィット3 RS(FIT3 RS)の外装・エクステリアは、このようなデザインになっていました。

今回新発売された新型モデルのRSは、先代モデルよりもシャープなデザインに…。フロントとリヤバンパーに施されたオレンジのアクセントラインが印象的で、個人的には、先代モデルよりも好みのデザインになっていました。

ちなみに、この新型フィット3 RS(FIT3 RS)は、外装と同様に内装・インテリアも他のグレードと異なる専用デザインになっています。外装・エクステリアと同様にこの内装・インテリアのデザインも注目ポイントの一つだと思いますよ。

>>> オレンジのカラー特徴の新型フィットRSの内装を確認したい方は、コチラから

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする