先代よりもハデ!?新型フィット3 RSの内装画像インプレッション

2017年6月、居住性の広さと使い勝手の良さが人気のホンダのコンパクトカー新型フィット3(FIT3)が、ビッグマイナーチェンジをして、新発売されましたね。

先日、この新型モデルで唯一のマニュアル車(MT車)のRSを見る事ができたのですが、先代モデルよりも明らかに精悍なフロントマスクに…。また、フロントとリヤバンパーに施されたオレンジのラインがとても印象的でした。

>>> 新型フィット3 RSの外装を実車画像で確認【3つの特徴をわかりやすく紹介】

また、実際にホンダの新型フィット3 RS(FIT3 RS)を試乗してみて、外装・エクステリア以上に驚いたのが、内装・インテリアのデザイン。

基本的には先代モデルと同じオレンジをアクセントカラーに採用したデザインになっていたのですが、先代よりもオレンジが前面に出たインパクトのある内装・インテリアのデザインになっていました。

このデザインは意外と好き嫌いが分かれるかも…。

そんな新型フィット3 RS(FIT3 RS)の内装・インテリアの様子を写真に撮ってきたので、詳しく紹介したいと思います。また、先代モデルとの違いを比較してみたいと、思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型フィット3 RSの内装画像レビュー:インパネ編

2017年6月にビッグマイナーチェンジをして新発売された新型フィット3 RS(FIT3 RS)のインパネ・内装は、このようなデザインになっています。

ちなみに、先代モデルのRSの内装・インテリアは、このようなデザインになっていました。

今回新発売された新型RSは、かなりハデになりましたよね。

先代モデルでは、シートのサイドの部分などにワンポイントでオレンジのステッチが入っている程度でした。また、先代モデルでは、ハンドルやステアリングホイール、シフトレバーなどには、オレンジのステッチが入っていませんでした。

■先代モデルのハンドル・ステアリングホイール

一方、今回新発売されたRSのダッシュボードには、このように大きくオレンジのラインが…。

■新型モデルの助手席側のダッシュボード

また、今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型フィット3 RS(FIT3 RS)のハンドル・ステアリングホイールやシフトレバーには、このようにオレンジのステッチを施したデザインになっていました。

■新型モデルのハンドル・ステアリングホイール

■新型モデルのシフトレバー

正直に言って、先代モデルのRSよりもかなりハデになった感じが…。
個人的には、ここまでオレンジを強調しなくても良かったのかなと思いました。

ドア内側パネルのデザインもハデさが…

また、インパネ・内装のデザインと同様にドア内側パネルのデザインもオレンジが強調され、先代モデルよりもハデな印象を持ちました。

■新型モデルのドア内側パネル

■先代モデルのドア内側パネル

先代モデルでは、アームレスト部分とトリム部分にシートと同じ幾何学模様を施したデザインになっていました。

一方、この新型モデルでは、オレンジの加飾を用いるなど、先代モデルよりもハデなデザインになった印象が…。このドア内側パネルも個人的にはハデすぎる印象を持ちました。

新型フィット3 RSのメーターのデザインにも違いが…

また、今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型フィット3 RS(FIT3 RS)と先代モデルを比較してみると、メーターのデザインにも違いがありました。

先代モデルには、このように”RS”のロゴが刻まれており、スペシャル感を感じるデザインになっていました。

■先代モデルのメーター

しかし、今回新発売された新型モデルでは、RSのロゴがなくなり、他のガソリン車と全く同じデザインに…。

■新型RSのメーター

RSのロゴが刻まれた専用デザインのメーターは、所有満足感を得られる重要な装備だと思っていたので、この新しくなったメーターデザインには、かなりガッカリしました。

この点は、ホンダの新型フィット3 RS(FIT3 RS)の大きな欠点・デメリットの一つなのかなと感じました。

足元はステンレス製のスポーツペダルを採用

このようにメーターのデザインなどには少しガッカリをした新型RSですが、足元は、先代モデルと同様にステンレス製のスポーツペダルがしっかりと採用されています。

■新型RSのステンレス製のスポーツペダル

やはり一般的なゴムペダルを採用している他のグレードよりもカッコいいですね。

また、この新型フィット3 RS(FIT3 RS)のステンレス製のスポーツペダルは突起ゴムで滑り止め対策もバッチリ!

足を置いた時のフィーリングもとても良く、アクセルやブレーキ、クラッチ操作がしやすいデザインにになっているように感じました。

新型フィット3 RSの内装画像レビュー:シート編

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型フィット3 RS(FIT3 RS)のシートは、先代モデルと同様に他のグレードとは異なる、専用デザインになっていました。

また、先代モデルとも若干シートデザインに違いがありました。

今回新発売されたホンダの新型フィット3 RS(FIT3 RS)と先代モデルのシートデザインを、比較してみる事にしましょう。

こちらは、新型モデルの運転席と後部座席。

■新型モデルのフロントシート

■新型モデルの後部座席

一方、こちらは先代モデルの運転席と後部座席。

■先代モデルのフロントシート

■先代モデルの後部座席

先代モデルでは、シートサイドのステッチ部分やメイン部分の柄にワンポイントアクセントとしてオレンジを採用しており、スポーティーなモデルらしくシックなデザインになっていました。

しかし、今回新発売されたホンダの新型フィット3 RS(FIT3 RS)は、シートのサイドの部分に全面的にオレンジを配したデザインを採用。また、シートの背もたれにも、オレンジカラーをしたラインを採用。

シートのデザインの好みは人それぞれですが、個人的には、先代モデルのシートの方がRSらしいスポーティーな印象を持ちました。

ちなみに、センターコンソールは先代モデルと同様にオレンジのステッチを配したデザインになっていました。

■新型RSのセンターコンソール

このオレンジのダブルステッチが入ったセンターコンソール&センターアームレストのデザインは、好印象でした。

2017年6月にビッグマイナーチェンジをして新発売されたホンダのコンパクトカー新型フィット3(FIT3)のスポーティーなモデルRSグレードの内装・インテリアは、このようなデザインになっていました。

今回新発売されたホンダの新型フィット3 RS(FIT3 RS)の内装・インテリアは、このモデルの特徴でもあるオレンジが強調されたデザインに…。

ただ、個人的には、無骨で走りにこだわっったRSらしくもう少しシンプルな内装・インテリアのデザインにしても良かったのかなと思いました。

ちなみに、今回ビッグマイナーチェンジを新発売された新型フィット3(FIT3)のノーマルモデルの内装・インテリアは、このようなデザインになっていました。

>>> ホンダ新型フィット3の内装インプレ【先代モデルよりも良くなった事とは?】

ハイブリッド車の電子式のシフトレバーやエンジンスタータースイッチなど
進化をした内装・インテリアは、要注目ですよ!

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする