新型フィット3の試乗の感想【マイナーチェンジで乗り心地が改善!?】

2013年9月に登場して以来、高い人気を誇るホンダの新型フィット3(FIT3)がビッグマイナーチェンジをして、新発売されましたね。

今回のマイナーチェンジでは、ホンダの最先端の安全装備システム”ホンダ センシング(HONDA Sensing)”が搭載されただけではなく、足回りのセッティングなども変更。

まさにビッグマイナーチェンジと呼ぶのに相応しい、大幅な変更になっていました。

私もこの新型モデルを、先日、見に行ってきたのですが、内外装のデザイン以上に驚いたのが、乗り心地&静寂性の良さ。

「これって本当にあのフィット3!?」と、驚いてしまうくらい乗り心地が変わっていてました。

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型フィット3(FIT3)の乗り心地は、どのようになっていたのでしょうか?実際にこの新型モデルを試乗した感想を紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型フィットの試乗の感想:乗り心地インプレッション

今回私が試乗をさせて貰ったホンダの新型フィット3(FIT3)は、コチラ。

新色のスカイライドブルー メタリックをしたガソリン車の人気モデル”13GL(Lパッケージ)”。

>>> 新型フィット3のガソリン車の外装【私が試乗をした1.3Lモデルの特徴は?】

いつもはハイブリッド車の試乗車を用意しているようですが、今回は丁度他のディーラーさんと試乗車を入れ替えていたようで、この日に限っては、ガソリン車が用意されていました。

先代モデルとの違いなど一通りの説明を担当の営業マンの方から受け、妻を助手席に、そして、試乗に同行してくれる営業マンの方を後部座席に乗せて、新型フィット3(FIT3)のガソリン車の試乗をスタート!

手動式のサイドブレーキを下して、ストレート式のシフトレバーを”D(ドライブ)”に入れて、ブレーキペダルから足を離すと、クリープ現象でトロトロと前に走り始めます。

ハイブリッド車の場合は、運転のしやすさから疑似的にクリープを再現していますが、実際に試してみると、ガソリン車の方がクリープ現象自体は強い感じが…。渋滞中のトロトロ運転や少しクルマを進めたい場合には、とても便利なように感じました。

このようにクリープ現象の良さを実感しつつ、ディーラーさんの敷地内を出て、左折をして、片道一車線の一般道に…。そのまま、この新型モデルのガソリン車で、街中の道やちょっと広い郊外の道を約30分間試乗をさせてもらいました。

新しくなった新型フィット3公道を試乗して、驚いた事とは…

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型フィット3(FIT3)は、静寂性や加速力など全体的に先代モデルよりも良くなっているのですが、実際に試乗をして驚いたのは、この新型モデルの乗り心地の良さ。

今回新発売された新型モデルも、先代モデルと同様に硬めの乗り心地になっています。

しかし、ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型フィット3は、硬さの中にもしなやかさを感じる乗り心地に…。なので、運転をしていて、不快感は全くありませんでした。

また、新しく発売された新型モデルを試乗していて驚いた事は、路面からの侵入が明らかに減った事です。

私は、今回と全く同じ試乗コースを先代モデルで運転させて貰ったのですが、先代モデルでは、運転中に路面のザラつきや細かな路面の凹凸をかなり拾い、シートやハンドル・ステアリングホイールを通じて伝わってきました。

また、高速道路などの接合部分(ジャンクション)やマンホールを乗り越えると、”ガタン ガタン”とダイレクトに下からの突き上げや衝撃、振動が伝わってきます。

「本当にこのクルマってサスペンションが効いているの!?」と言いたくなってしまう乗り心地の悪さや不快感が、このクルマの欠点・デメリットでした。

しかし、ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型フィット3(FIT3)は、サスペンションなど足回りのセッティングを変えたおかげで、先代モデルと比べて、かなりしなやかな乗り心地に…。

今回は新型モデルで、先代モデルとほぼ同じ試乗コースを運転させてもらったのですが、先代モデルで感じたような路面のザラつきや細かな凹凸感を、運転中に感じるシーンはありませんでした。

また、マンホールを乗り越えた時も先代モデルのような”ガタン ガタン”と仕方からの突き上げがダイレクトに伝わってくる感じではなく、”トゥクン トゥクン”と角が取れて丸くなった感じの突き上げ感に…。

先代モデルのオーナーさんなら、「これって本当にフィットなの!?」と、ビックリするくらい乗り心地は、良くなっているように感じました。

ハンドル・ステアリングホイールの操舵感も良好

また、新型フィット3(FIT3)を試乗していて、良いと思ったのが、ハンドル・ステアリングホイールの操舵感。

コンパクトカーの場合、クルマによっては、ハンドル・ステラリングホイールが軽く、スカスカとしていて、全く手ごたえを感じない場合があります。

ただ、ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型フィット3(FIT3)は、コンパクトカーの中では比較的、しっかりと重さを感じるハンドルフィーリングなっています。なので、ハンドル・ステアリングホイールから路面状況がしっかりと伝わってきます。

私の妻はもう少しハンドル・ステアリングホイールは軽い方が良いと言っていましたが、個人的にはこのくらい重さがあって、ハンドルから路面の状況がつたわってくる感じの方が運転がしやすくて、良いと思いました。

2017年6月にビッグマイナーチェンジをして新発売された新型フィット3(FIT3)の試乗をさせてもらったのですが、乗り心地は、このようになっていました。

先代モデルよりも足回りが柔らかくなり、乗り心地はかなり良くなった印象が…。

また、先代モデルはかなり足回りが硬かったので、人を選ぶ印象を持ちましたが、この新型モデルはしなやかになり、コンパクトカーらしく誰からも好まれる乗り心地になっているように感じました。

そして、この新型モデルには、競合車のアクアやノートe-POWERよりも優れている安全装備システム”ホンダ センシング(Honda Sensing)”も装備されていますし、コンパクトカーでは珍しい自動追従型のクルーズコントロールを装備されています。

個人的には、新しく発売された新型フィット3(FIT3)は、十分に購入する価値のあるクルマに仕上がっているように感じました。

また、この新型モデルが発売以降、再び注文が増え、納期・納車待ちが長くなっているのも、納得だと思いました。

>>> 新型フィット3の最新の納期・納車待ち情報【現時点での納車待ちは、どのくらい?】

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする