【試乗インプレ】新型フィット3の前方の視界で気になった2つの事とは?

ホンダの人気コンパクトカーの新型フィット3(FIT3)が、2017年6月にビッグマイナーチェンジをして、新発売されましたね。

今回のビッグマイナーチェンジでは、デザイン、走行性能、安全装備すべてにおいて進化。乗り心地や静寂性が先代モデルよりも、明らかに良くなっていました。

>>> 新型フィットの乗り心地レビュー【先代よりも良くなったと感じた事とは?】

このように静寂性や乗り心地には大満足だったホンダの新型フィット3(FIT3)ですが、視界性の悪さには、ちょっとガッカリ…。

特に前方視界については、気になる部分が多かったです。

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型フィット3(FIT3)の前方の視界性は、どのような感じだったのでしょうか?また、私が実際に試乗をして、気になった事とは、何だったのでしょうか?

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型フィット3(FIT3)の前方視界について、気になった事、良いと思った事をどこよりも詳しく紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型フィット3の視界性インプレッション:前方視界編

こちらは試乗をしている最中にクルマを停車して撮影したのですが、ホンダの新型フィット3(FIT3)の前方視界は、このような感じになっています。

クルマによってはフロントガラスの高さが低く、ガラスエリアが小さいなと感じる時もあるのですが、この新型モデルは十分なガラスエリアを確保。また、運転席のハイトアジャスターも装備されているので、前方の見晴らしは、とても良くなっています。

■新型フィット3の運転席

私の妻は身長が153㎝しかないのですが、運転席のハイトアジャスターを使用すれば、しっかりと視界性を確保する事が可能です。なので、私の妻のような小柄な女性でも、運転がしやすいクルマになっているように感じました。

また、新型フィット3(FIT3)の見切りもまずます。

運転席からクルマの先端は確認する事はできませんが、元々それ程ボディサイズが大きいクルマではないので、車体感覚が掴みやすい感じが…。死角の多さは少し気になりましたが、運転がしにくいと感じるシーンは、ありませんでした。

このように前方の見晴らしや見切りなどは十分に満足できる仕上がりになっていたのですが、前方の視界性に関しては、このような事が気になりました。

欠点1:斜め前方の視界

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売されたホンダの新型フィット3(FIT3)を試乗していて気になったのは、斜め前方の視界の悪さ。なので、右折や左折をする時には、気を使います。

私がこの新型モデルを試乗をしていて気になったのは、Aピラーのデザイン。

この新型モデルのAピラーはこのようなデザインになっており、競合車・ライバル車よりも太いデザインになっております。

■新型フィット3のAピラー

また、このクルマのフロントガラスは大きく傾斜するデザインになっており、顔のスグ近くにAピラーあり、視界を遮ります。

この事が斜め前方の視界の悪さを引き起こしているような…。

私もこの新型フィット3(FIT3)で右折をしようと待っている時に、自転車に乗っている小さいお子さんが一瞬完全にAピラーの死角に入って、ドキっとした事がありました。

この新型モデルの斜め前方の視界が悪いと言っても、左折や右折をする際に体全体や顔前後左右に移動をして確認すれば問題ないレベルです。また、このクルマの運転になれれば、それ程気にならなくなると思います。

ただ、競合車・ライバル車と比較すると、斜め前方の視界性の悪さは、少々気になってしまいました。

欠点2:フロントガラスの映り込み

また、今回ビッグマイナーチェンジをして新発売されたホンダの新型フィット3(FIT3)を試乗していて気になった事の一つが、フロントガラスへの映り込み。

これも大きく傾斜しているフロントガラスが原因だと思いますが、ダッシュボードの映り込みが激しいため、前方の視界を妨げます。

ちなみに、どのくらい映り込むを確認するため、ダッシュボードにカタログを置いてみたところ、このような感じ。

かなりしっかりと映り込みますよね。

実際に日差しが厳しい時間に、この新型フィット3(FIT3)を運転すると、映り込みの激しさを実感します。

今回私は晴れた日の午後2時ごろにこの新型モデルをを試乗をさせてもらったのですが、ダッシュボードがフロントガラスに映りこんで、フロントガラスの中央からやや下くらいが全体的に白く”もわ~~”となります。

ダッシュボードがフロントガラスに映りこむと前方の視界がかわり悪く、正直に言って、運転に支障をきたすレベル。

このホンダの新型フィット3(FIT3)はフロントガラスが大きく前方の見晴らしはとても良いのですが、このダッシュボードの映り込みは、かなり気になりました。

ダッシュボードの映り込みは先代モデルからの欠点

実はこのダッシュボードの映り込みは、マイナーチェンジ前から大勢の方が指摘をしていた欠点・デメリットだったんですよね。

私もディーラーさんに、先代モデルを試乗をした時に感想を聞かれて、「フロントガラスへの映り込みが気になる。」と伝えましたし…。

この映り込みを気にする人は大勢いたようなので、今回のビッグマイナーチェンジでダッシュボードの表面の加工を変えるなど、映り込み対策をしっかりとしてくれる事を期待していたのですが…。

ダッシュボードの表面の変更が難しいのなら、せめてオプションでこの新型フィット3(FIT3)にピッタリの反射や映り込み防止布などを用意してもらいたかったです。

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売されたホンダの新型フィット3(FIT3)の前方の視界性を確認したところ、このようになっていました。

フロントガラスの大きさ、見切りは良いと思ったのですが、斜め前方の視界やダッシュボードの映り込みなど気になる部分も…。

もしこれから試乗に行かれる方は、ぜひともチェックをしてみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする