使い勝手では気になる部分が!?新型フィット3の収納スペースを見た感想

ホンダの売れ筋モデル新型フィット3(FIT3)が、2017年6月にビッグマイナーチェンジをして、新しいデザインに生まれ変わりましたね。

先日、ビッグマイナーチェンジをしてデザインだけではなく、機能面でも大幅に進化をした新型モデルを見に行ってきました。

スタイリッシュに生まれ変わった外装、デザイン性が良くなった内装どちらも大満足だったのですが、収納スペースの使い勝手に若干の不満が…。

>>> 新しいデザインになった新型フィットの外装レビュー【先代との違いは?】

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型フィット3(FIT3)の収納スペースは、どのようなものが用意されていたのでしょうか?また、使い勝手で気になった事とは、何だったのでしょうか?

この新型モデルの収納スペースを実際に使ってみた感想、不満や気になった事を、包み隠さず紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型フィット3の収納スペース画像レビュー

2017年6月にビッグマイナーチェンジをして新発売された新ホンダの型フィット3(FIT3)の内装・インテリアは、このようなデザインになっています。

コチラの記事で詳しく説明をしていますが、この新型モデルの内装・インテリアは、基本的には先代モデルと同じになっています。

>>> ホンダ新型フィットの内装画像レビュー【先代モデルよりも良くなった事とは?】

今回、マイナーチェンジをして新発売されたこの新型モデルには、次のような収納スペースが用意されていました。

■フロントコンソールボックス

■センターコンソール内ドリンクホルダー

■センターコンソール内小型トレイ

■アームレスト付きセンターコンソールボックス

■グローブボックス

■開閉式ドリンクホルダー(運転席)

■ドア内側パネル内ポケット(フロントシート)

また、ホンダの新型フィット3(FIT3)の後部座席まわりには、次のような収納スペースが、用意されていました。

■ドア内側パネル内ポケット(後部座席)

■シートバックポケット

私が見た限りでは、この新型フィット3(FIT3)に用意されていた収納スペースは、これだけ。

収納スペースの数や配置、サイズなどはマイナーチェンジ前のモデルと全く同じだったのですが、ファミリーかとして使用するには、ちょっと収納スペースが少ないのかなと思いました。

また、今回新発売されたホンダの新型フィット3(FIT3)の収納スペースを見て、次のようなところに不満を感じました。

不満1:ドリンクホルダーの使い勝手

私がこの新型フィット3(FIT3)の収納スペースを見て、特に気になったのは、ドリンクホルダーの使い勝手。

運転席に座ると、インパネの右側の送風口下の位置にスマホやiPhoneなども置ける開閉式のドリンクホルダーが用意されており、また、センターコンソールの前方部分にもドリンクホルダーが装備されているので、使い勝手の悪さはあまり感じません。

■運転席側の送風口前のドリンクホルダー

しかし、運転席側には備え付けられていた送風口前のドリンクホルダーが、助手席側には、装備されていません。

なので、助手席に座ると、このセンターコンソール前方にあるドリンクホルダーを使用する事に…。

■センターコンソール内のドリンクホルダー

しかし、シートベルトをした状態では、この位置に置いたドリンクは遠く、ちょっと取りにくいです。個人的には、運転席側と同様に、インパネ部分に開閉式のドリンクホルダーを設置して、貰いたかったです。

後部座席のドリンクホルダーも若干の不満が…

また、ハイブリッド車やガソリン車のLパッケージなど上位モデルには、後部座席の中央にセンターアームレストが用意されています。

しかし、このセンターアームレストには、ドリンクホルダーが用意されていません。

■新型フィット3の後部座席用センターアームレスト

このクルマの競合車・ライバル車でもある日産ノートe-POWERの上位モデルのメダリスト(MEDALIST)には、センターアームレストにドリンクホルダーが装備されています。

■日産ノートe-POWERのセンターアームレスト

このホンダの新型フィット3(FIT3)のセンターアームレストは高さも丁度良く、使い勝手はとても良いのですが、ノートe-POWERのようにドリンクホルダーが装備されていたら、完璧だったのに…と、思いました。

不満2:ボックスティッシュの置き場が…

また、今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型フィット3(FIT3)の収納スペースを確認して、気になったのが、大きい収納スペースが用意されてい無い事。

なので、この新型モデルの内装・インテリアを確認した時、「ボックス型のティッシュを置くスペースは、どうすれば良いんだろう?」と、思っちゃいました。

ディーラーさんは、「ボックス型のティッシュなら、グローブボックスに収納する事ができますよ。」と言ってくれましたが、このグローブボックスもそれ程サイズが大きくないので、
車検証をいれたら、ボックス型のティッシュを収納する事ができません。

■新型フィット3のグローブボックス

このように大きなサイズの収納スペースが用意されてい無い事は、ホンダの新型フィット3(FIT3)の収納の欠点&デメリットの一つなのかなと思いました。

また、もしこの新型モデルをを購入したら、ボックスティシュ置き場には、ちょっと苦労をするのかなと思いました。

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売されたホンダの新型フィット3(FIT3)の収納スペースを確認したところ、このようになっていました。

先代モデルと全く同じデザイン&使い勝手になっていた新型モデルの収納スペースですが、個人的にはちょっと少なく、使い勝手が悪い感じが…。

家族みんなで使いファミリーカーならば、もう少し広くて、使い勝手の良い収納スペースを用意してくれても良かったのかなと思いました。

もしこのホンダの新型フィット3(FIT3)をファミリーカートとして購入を検討している方は、このクルマの収納スペースの数や使い勝手を、購入前にしっかりと確認してみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする