新型フリード モデューロXのインパネ【各パーツの使い勝手を徹底解説】

新型フリード モデューロX画像-1460

2017年12月、使い勝手の良さが魅力のコンパクトミニバン”新型フリード(Freed)”から、待望のカスタマイズモデルモデューロX(ModuloX)がデビューをしました。

モデューロX(ModuloX)と言うと、エアロパーツを装着した精悍な見た目のキビキビとした走りばかりが注目を集めますが、専用デザインになっているインパネ・内装も特徴の一つです。

>>> 精悍なデザインになった新型フリード モデューロXの外装を実車画像で確認

ピアノブラック調の化粧パネルなど、ノーマルモデルよりもワンランク上の質感を備えており、この内装のデザインだけでも、このモデルを選ぶ価値は十分にあるように感じました。

今回新発売された新型フリード モデューロX(Freed ModuloX)のインパネ・内装は、どのようなデザインなのでしょうか?また、インパネの各装備・パーツのデザインや使い勝手は、どうだったのでしょうか?

2017年12月にデビューをしたモデューロX(ModuloX)のインパネ・内装のデザインや使い勝手を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型フリード モデューロXのインパネ画像レビュー

2017年12月にデビューをしたホンダの新型フリード モデューロX(Freed ModuloX)の内装・インパネは、このようなデザインになっています。

■新型フリード モデューロXのインパネ画像

ちなみに、このモデューロX(ModuloX)のベースになっているノーマルモデルのインパネは、このようなデザインになっていました。

■ノーマルモデルのインパネ画像

ご覧いただければ分かると思いますが、モデューロX(ModuloX)とノーマルモデルのインパネは、基本的には同じデザインになっています。

ただ、ノーマルモデルには、親しみやすい木目調のパネルが採用されていたのに対し、モデューロX(ModuloX)では、高級感のあるピアノブラック調のパネルが採用されるなど、デザインに若干の違いが…。

■ノーマルモデルの黒の木目調パネル

■モデューロXのピアノブラック調パネル

ノーマルモデルよりも洗練されたスタイリッシュな内装・インテリアのデザインになっているように感じました。

そんなホンダの新型フリード モデューロX(Freed ModuloX)の内装・インパネの装備を詳しく見ていく事にしましょう。

その1:ハンドル・ステアリングホイール

今回新発売された新型フリード モデューロX(Freed ModuloX)のハンドル・ステアリングホイールは、このようなデザインになっています。

■新型フリード モデューロXのハンドル・ステアリングホイール

このモデューロX(ModuloX)では、サイドの部分にポツポツと穴の開いたティンプルレザーを採用した専用デザインのハンドル・ステアリングホイールを採用。

ノーマルモデルよりもグリップ感が良く、操舵しやすいハンドル・ステアリングホイールになっているように感じました。

また、ハンドルの下の部分は、モデューロX(ModuloX)の特徴でもあると同じピアノブラック調の加飾が施されており、ノーマルモデルのハンドルよりもオシャレなデザインになっているように感じました。

>>> 新型フリード モデューロXとノーマルモデルの内装の違いを確認したい方は、コチラ

その2:電子式のシフトレバー

今回私が見た新型フリード モデューロX(Freed ModuloX)のハイブリッド車は、このようなデザインの電子式のシフトレバーを採用。

■モデューロXの電子式のシフトレバー

この電子式のシフトレバーは、手が届きやすい位置に配置されているのは、とても良いと思いましたが、ちょっと気になったのは、デザイン性です。

このシルバーとブルーの組み合わせは、ブラック基調のインパネの中で浮いている感じが…。

個人的には、ホンダの人気SUVのヴェゼル/ベゼル(Vezel)のシフトレバーのようにピアノブラック調のデザインの方が、モデューロX(ModuloX)の内装・インパネにマッチするのかなと、思いました。

■ヴェゼル/ベゼルの電子式のシフトレバー

その3:空調パネル

ホンダの新型フリード モデューロX(Freed ModuloX)のエアコンやヒーターの温度や風量を設定をする空調パネルは、このようなデザインになっています。

■モデューロXの空調パネル

残念ながら、運転席と助手席で独立をしてエアコンやヒーターの温度や風量を調節できる機能は、装備されていません。

しかし、このモデルの空調パネルは、中央に温度を調節できるダイヤルが装備されており、ボタン式よりも操作がしやすいデザインになっているように感じました。

ちなみに、この新型フリード モデューロX(Freed ModuloX)には、運転席や助手席の座面や背もたれをポカポカと温めてくれるシートヒーターも装備されていません。また、オプションでも装備できなません。

この事も少々残念でした。

その4:パワースイッチ(エンジンスターター)

今回新発売されたホンダの新型フリード モデューロX(Freed ModuloX)では、ワンプッシュでエンジン/電源を立ち上げる事ができるパワースイッチ(エンジンスターター)が、ハンドルの右側に用意されています。

■モデューロXのパワースイッチ

ドアを開けると、白く点灯するなど、モデューロX(ModuloX)のスタイリッシュなインパネにピッタリのデザインになっているように感じました。

また、パワースイッチが押しやすい位置に設定されているのも好印象でした。

その5:USBポート

今回新発売されたホンダの新型フリード モデューロX(Freed ModuloX)では、DC12Vのアクセサリーソケットは用意されていますが、残念ながらUSBポートは標準装備されていません。

■モデューロXのアクセサリーソケット

しかし、メーカーオプションのインターナビを装着すると、HDMI入力端子が1つ、そして、USBポートが2個、インパネ中央下部に標準装備されるようですよ。


※画像は、フリードのノーマルモデルです。

その6:スイッチ類

今回新発売された新型フリード モデューロX(Freed ModuloX)のスイッチ類は、ハンドル・ステアリングホイールの右側にまとめて配置されています。

■モデューロXのスイッチ類

2段に分かれているスイッチ類ですが、上段には、両側電動スライドドアや車両接近通報装置ON/OFFスイッチを配置。

そして、下段には、自動ブレーキ(CMBS)、路外逸脱抑制スイッチ、フロントガラス熱線
スイッチなどを配置。

若干位置が低く操作のしにくさが気になりましたが、下段に用意されているスイッチ類よりも、比較的良く使用をする両側電動スライドドアなどの上段のスイッチの方が大きいサイズになっており、操作しやすくなっているのは、好印象でした。

その7:ECONスイッチ

今回新発売されたホンダの新型フリード モデューロX(Freed ModuloX)では、出力を抑えてエコな運転にしてくれるECONモードのスイッチは、ハンドル・ステアリングホイールの左側、シフトレバー付近に設置されていました。

■モデューロXのECONスイッチ

このECONスイッチは、他のスイッチ類と独立しており、操作しやすい位置に設定されているのは、好印象でした。

2017年12月にデビューをしたホンダの新型フリード モデューロX(Freed ModuloX)のインパネは、このようなデザインになっていました。

この新型モデルのインパネは、ピアノブラック調の化粧パネルを採用するなど、ノーマルモデルよりもスタイリッシュなデザインに…。

また、ティンブルレザーをハンドルに採用するなど、スポーツモデルらしさを感じるのも、モデューロX(ModuloX)のインパネの特徴の一つなのかなと思いました。

専用ロゴを配したシートもオシャレですし、乗り心地や走りにこだわっている人だけでなく、ノーマルモデルの内装・インテリアでは満足できない人にも、このモデューロX(ModuloX)はピッタリなのかなと思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする