新型フリード モデューロXの内装画像【ノーマル車とは違う注目ポイントとは?】

新型フリード モデューロX画像-1460

ホンダの人気コンパクトミニバン”フリード”をベースにしたコンプリーカーモデル”新型フリード モデューロX(Freed ModuloX)”が、2017年12月にデビューをしました。

この新型フリード モデューロX(Freed ModuloX)は、フロントグリルやタイヤ&ホイールに専用デザインのパーツを採用。ノーマルモデルよりも精悍な顔つきになり、ワンランク上の車格感がありました。

>>> 新型フリード モデューロXの外装画像インプレ【ノーマルモデルとの違いとは?】

また、今回新発売されたホンダの新型フリード モデューロX(Freed ModuloX)は、内装・インテリアも専用デザインを採用。

ノーマルモデルよりもシックで高級感のある車内になっているように感じました。

今回デビューをしたホンダのモデューロX(Freed ModuloX)の内装・インテリアは、どのようなデザインなのか?また、ベースとなっているノーマルモデルとどのような違いがあるのか?

2017年12月にデビューをした新型フリード モデューロX(Freed ModuloX)のインパネやシートなど、内装・インテリアを徹底的にレビューをしていみたいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型フリード モデューロXの内装画像レビュー:インパネ編

2017年12月にデビューをしたコンプリートカーモデル”新型フリード モデューロX(Freed ModuloX)”の内装・インパネは、このようなデザインになっています。

■新型フリード モデューロXのインパネ画像

ちなみに、ノーマルモデルのインパネ・内装は、このようなデザインになっていました。

■新型フリード ノーマルモデルのインパネ画像

内装・インパネの雰囲気が全く異なりますよね。

ノーマルモデルのインパネのベースカラーは、ブラックになっているのに対し、今回新発売された新型フリード モデューロX(Freed ModuloX)では、ブラウンカラーを採用。

モデューロX(Freed ModuloX)のインパネは、ノーマルモデルよりも大人っぽいスタイリッシュなデザインになっているように感じました。

このように落ち着いた雰囲気になっているモデューロX(Freed ModuloX)の内装・インパネの注目ポイント、ノーマルモデルとの違いを紹介したいと思います。

注目ポイント1:ピアノブラック調の化粧パネルを採用

今回新発売されたホンダの新型フリード モデューロX(Freed ModuloX)のインパネの注目ポイントの一つは、インパネ中央部分のデザインです。

ノーマルモデルでは、白や黒の木目調のパネルを採用していましたが、今回新発売されたモデューロX(Freed ModuloX)では、高級感のあるピアノブラック調のパネルをインパネの中央部分に採用。

■ノーマルモデルの木目調パネル

■モデューロX(Freed ModuloX)のピアノプラック調のパネル

これにより、ノーマルモデルよりもワンランク上の上質感とスタイリッシュさを兼ね備えたデザインに…。

乗り心地や走破性の良さが魅力のモデューロX(Freed ModuloX)ですが、内装・インテリアの質感・デザインにこだわる人にも、このモデルは、ピッタリなのかなと思いました。

注目ポイント2:様々な専用パーツを装備

また、今回新発売されたホンダの新型フリード モデューロX(Freed ModuloX)の内装・インテリアでは、様々な専用パーツ・装備を用意しています。

その一つが、ハンドル・ステアリングホイール。

このモデューロX(Freed ModuloX)では、グリップ部分にポツポツと穴が開いたディンプルレザーと言う素材を使用した専用デザインのハンドル・ステアリングホイールを標準装備しています。

■新型フリード モデューロXのハンドル・ステアリングホイール

ノーマルモデルのハンドル・ステアリングホイールよりもグリップ感が良く、また、意外と太さも丁度よく、手に馴染むとても良いデザインだと思いました。

また、このクルマでは、モデューロX(Freed ModuloX)のロゴが刻印された専用デザインのフロアマットも標準装備しています。

個人的には、アクセルペダルやブレーキペダルがアルミ製のスポーツペダルになっていなかったのが少々残念でしたが、このように様々な専用のパーツや装備を備えているのは、モデューロX(Freed ModuloX)の魅力の一つなのかなと、思いました。

新型フリード モデューロXの内装画像レビュー:シート編

インパネのデザインと同様にホンダの新型フリード モデューロX(Freed ModuloX)は、シートも専用のデザインになっています。

今回デビューをしたモデューロX(Freed ModuloX)のシートは、それぞれこのようなデザインになっていました。

■フロントシート

■2列目シート

■3列目シート

ノーマルモデルでは、モノトーン(単色)のシートデザインを採用していたのに対し、この新型フリード モデューロX(Freed ModuloX)では、専用デザインのブラックとモカを組み合わせたのコンビシートを採用。

シートメイン部分には、落ち着いたブラウンカラーを採用しており、ノーマルモデルよりもオシャレなデザインになっているのが、好印象でした。

また、シートのサイドには、レザーのような見た目・肌触りをしているブラックカラーのプライムスムースを採用。

このブラック×モカのコンビシートは、ピアノブラック調のパネルを採用したモデューロX(Freed ModuloX)のインパネとの相性もとても良く、十二分に満足できる車内空間になっているように感じました。

フロントシートには、モデューロX(Freed ModuloX)ロゴが…

また、今回新発売されたホンダの新型フリード モデューロX(Freed ModuloX)で注目なのは、フロントシートのデザインです。

この新型モデルのフロントシートの背もたれには、このようにモデューロX(Freed ModuloX)のロゴが刻印されています。

ロゴが入っていると、所有感がアップしますよね。

このようにデザイン&カラーの専用デザインのシートを標準装備しているのもモデューロX(Freed ModuloX)の注目ポイントの一つなのかなと思いました。

ちなみに、今回新発売されたホンダの新型フリード モデューロX(Freed ModuloX)とノーマルモデルのシートでは、座り心地にそれ程大きな違いはありませんでした。

2017年12月にデビューをした新型フリード モデューロX(Freed ModuloX)の内装・インテリアは、このようなデザインになっていました。

外装・エクステリアは、精悍さが増しスポーツモデルらしい顔つきになっていました。
しかし、このモデューロX(Freed ModuloX)の内装・インテリアは、スポーツモデルらしさと言うよりも、高級感・上質感の良さを追求したデザインに…。

今回新発売されたモデューロX(Freed ModuloX)は、「ノーマルモデルの内装・インテリアが少し安っぽい…」と、感じている人や、ワンランク上の内装・インテリアのクルマに乗りたいと思っているにも、ピッタリなのかなと、思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする