注目の装備は何?新型フリード モデューロXの内装の専用装備を徹底チェック

新型フリード モデューロX画像-1460

“ちょうどいい”大きさが魅力のホンダの”フリード”から、走りに磨きをかけたカスタムモデルモデューロX(ModuloX)が、2017年12月にデビューをしました。

今回新発売された新型フリード モデューロX(Freed ModuloX)では、外装・エクステリアだけではなく、内装・インテリアにも専用デザインの装備やパーツを多数用意。

>>> 新型フリード モデューロXの内装画像【ノーマル車とは違う注目ポイントとは?】

ベースとなっているノーマルモデルよりもワンランク上の上質感を備えているように感じました。また、このモデューロX(ModuloX)では、様々な嬉しい装備や機能が標準採用されているのも好印象でした。

そんなホンダの新型フリード モデューロX(Freed ModuloX)の内装・インテリアには、どのような専用装備が備わっていたのでしょうか?また、このモデルに標準装備されている嬉しい機能・装備は、何だったのでしょうか?

実車画像を使って、この新型モデルに用意されている専用デザインの装備・パーツを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型フリード モデューロXの内装の専用装備とは?

2017年12月にデビューをしたホンダの新型フリード モデューロX(Freed ModuloX)の内装・インテリアは、このようなデザインになっています。

■新型フリード モデューロXの内装・インテリア画像

ノーマルモデルと異なり、この新型モデルでは、ブラウンカラーをベースに、高級感のあるピアノブラック調のパネルをアクセントカラーに用いた内装・インテリアを採用。

ノーマルモデルよりも落ち着いた大人っぽい雰囲気の内装・インテリアになっているように感じました。

このように上質感が漂うデザインになっていたモデューロX(ModuloX)の内装・インテリアですが、このような専用装備を備えていました。

その1:ピアノブラック調のパネルを採用したインパネ

2017年7月にデビューをした新型フリード モデューロX(Freed ModuloX)の内装・インテリアは様々な専用デザインのアイテム・パーツを用意していますが、その中でも特に目を引くのが、インパネのデザインです。

モデューロX(ModuloX)とノーマルモデルの基本的なデザインは同じになっているのですが、ノーマルモデルと異なり、モデューロX(ModuloX)では、ブラウンのインパネカラーを採用。

■ブラウンカラーのモデューロXのインパネ

ノーマルモデルよりもワンランク上の落ち着いた雰囲気の内装・インテリアになっているように感じました。

インパネに施されているパネルのカラーにも違いが…

また、ホンダの新型フリード モデューロX(Freed ModuloX)とノーマルモデルでは、インパネの中央部分に施されているパネルのカラーにも違いがありました。

グレードやモデルによって異なりますが、ノーマルモデルの場合、ブラックやホワイトの木目調のパネルなどが、インパネの中央部分に採用されていました。

■ノーマルモデルに採用されていたブラックの木目調パネル

しかし、今回新発売されたモデューロX(ModuloX)では、フリードの中で唯一ピアノブラック調のパネルを標準装備。

■モデューロXに採用されているピアノブラック調のパネル

このピアノブラック調のパネルとブラウンカラーのインパネと相まって、ノーマルモデルよりも高級感・上質感のある内装・インテリアになっているように感じが…。

実際にこの新型フリード モデューロX(Freed ModuloX)の内装・インパネを見てみると、「うわぁ~」と、声が出るくらいのオシャレさがあります。

ワンランク上の高級感・上質感があるインパネのデザインは、モデューロX(ModuloX)の大きな魅力&メリットの一つなのかなと、思いました。

その2:グリップ感が増したハンドル

また、ハンドル・ステアリングホイールも、新型フリード モデューロX(Freed ModuloX)の専用デザインになっています。

■新型フリード モデューロXのハンドル

今回新発売されたモデューロX(ModuloX)では、グリップ部分にポツポツと穴の開いたディンプルレザーとスムーズレザーを組み合わせた本革巻きのハンドル・ステアリングホイールを採用しています。

■モデューロXに採用されているディンプルレザー

実際にこのモデューロX(ModuloX)のハンドルを握ってみると、サラサラと滑らかな手触り・グリップ感になっているノーマルモデルよりも明らかに手に馴染む感じが…。

また、ホンダの新型フリード モデューロX(Freed ModuloX)のハンドル・ステアリングホイールのデザインも、ノーマルモデルと異なります。

実際に見比べて頂ければ分かると思いますが、このモデューロX(ModuloX)では、ハンドルの下部の部分にピアノブラック調の加飾が施されおり、より高級感・上質感のあるデザインに…。

■ノーマルモデルのハンドル下部

■モデューロX(ModuloX)のハンドル下部

このようにハンドル・ステアリングホイールのデザインが異なるのも、新型フリード モデューロX(Freed ModuloX)の注目ポイントの一つなのかなと、思いました。

その3:専用デザインのフロアカーペット&ETC車載器

2017年12月にデビューをした新型フリード モデューロX(Freed ModuloX)の注目ポイントの一つは、フロアカーペットです。

この新型モデルでは、モデューロX(ModuloX)のロゴが入った専用デザインのフロアーペットが標準装備されます。

普段ディーラーオプション設定になっていて、フロアカーペットが標準装備されるのは、嬉しいですよね。

ちなみに、今回このモデューロX(ModuloX)に標準装備されているフロアカーペットは
プレミアムタイプとなっており、価格に換算すると、40,000円以上するようです。

40000円って、意外と大きいですよね。

デザイン性だけではなく、価格面からでも、フロアカーペットが標準装備されているのは、かなり大きいと思いました。

また、モデューロX(ModuloX)では、最新のナビ連動タイプのETC2.0車載器も標準装備されます。

■モデューロX(ModuloX)に標準装備されるETC車載器

このような普段ならオプション購入しないといけない装備が標準装備されているのも、新型フリード モデューロX(Freed ModuloX)の魅力の一つなのかなと、思いました。

その4:ブラック×モカを組み合わせた専用シート

2017年12月にデビューをしたホンダ新型フリード モデューロX(Freed ModuloX)の内装・インテリアの注目の装備の一つが、専用のデザインになっているシートです。

この新型モデルでは、シートのサイドの部分にブラックカラーをしたプライムスムースを、そして、メイン部分には、落ち着いた印象を与えるモカ(ブラウン)カラーをした専用デザインのコンビシートを標準装備しています。

■新型フリード モデューロXのシート

このモデューロX(ModuloX)のシートは、メイン部分がブラウンになっているおかげで、ノーマルモデルのシートよりもオシャレな印象が…。

また、新型フリード モデューロX(Freed ModuloX)の運転席と助手席の背もたれには、モデューロXのロゴを刻印しています。

このように特別感を演出しているのも、嬉しいですよね。

また、このようにモデューロX専用のブラウンカラーのシートは、とても上品なデザインになっています。

オデッセイやアルファード/ヴェルファイアなどワンランク上のミニバンからダウンサイジングするドライバーさんでも、十分に満足できる仕上がりになっているように感じました。

2017年12月にデビューをしたホンダの新型フリード モデューロX(Freed ModuloX)の内装・インパネは、このような専用デザインの装備やパーツを備えていました。

この新型モデルでは、ブラウンをベースにしたインパネやシートのおかげで、ノーマルモデルよりも大人っぽい雰囲気の内装・インテリアに…。

また、フロアカーペットやETC車載器など嬉しい装備が元々備わっているのも、このモデューロX(ModuloX)の魅力の魅力なのかなと、思いました。

今回新発売されたホンダの新型フリード モデューロX(Freed ModuloX)のハイブリッド車の車体本体価格は、ベースとなっているノーマルモデルよりも60万円以上も高くなっています。

このように価格差だけを聞くと、「ちょっと高すぎるのかな!?」と言った印象を持ちます。しかし、実際にこのクルマの外装や内装の装備、走りを確認してみると、この価格を支払う価値は、十分にあるのかなと、思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする