新型リーフでアラウンドビューモニターが進化!旧型との違いを実車画像で紹介

スタイリッシュなデザインに生まれ変わった2代目新型リーフ(LEAF)が、2017年10月にデビューをしました。

今回フルモデルチェンジをした新型モデルの注目ポイントの一つは、同一車線自動運転技術の”プロパイロット”や自動駐車支援システム”プロパイロット パーキング”などの最先端の機能が充実している事です。

>>> 自動運転も進化!?新型リーフのプロパイロットを試乗して驚いた事とは?

このような最先端の機能もとても良かったのですが、実際に試乗をして驚いたのが、アラウンドビューモニターです。

アラウンドビューモニターは、セレナ(SERENA)やノート(NOTE)など様々な車種に採用されていてる日産の代表的な機能の一つなのですが、今回、日産の新型リーフ(LEAF)に搭載されていたものは、性能が大幅に進化。

他のモデルに搭載されていたアラウンドビューモニターよりも、視認性&使い勝手が格段に良くなっていました。

今回新発売された新型リーフ(LEAF)に搭載された最新型のアラウンドビューモニターは、どこが進化したのでしょうか?また、旧型との違いは、なんだったのでしょうか?

実車画像を使って、アラウンドビューモニターの進化のポイントをわかりやすく紹介したいとおもいます。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型リーフのアラウンドビューモニターの進化のポイントとは?

今回フルモデルチェンジをして新発売された日産の新型リーフ(LEAF)にも搭載されているアラウンドビューモニターとは、真上から見ているような視点でクルマと周囲の状況を確認できる機能です。

車種によっては、ルームミラーなどにアラウンドビューモニターが表示されるクルマもあります。しかし、この新型モデルでは、標準装備されている純正ナビにアラウンドビューモニターが、このように表示されます。

■新型リーフのアラウンドビューモニター

このアラウンドビューモニターのメリットと言えば、何といっても周囲の状況を確認しやすいと言う事です。

ただ単に駐車をするだけなら、バックモニターでも十分だと思います。

しかし、アラウンドビューモニターは、「駐車場の白線の中央に停車しているか?」や、「駐車したクルマが枠線内に斜めになっていないか?」などを、駐車スペースと自分のクルマの位置関係を一目で確認する事ができます。

時々、スーパーの駐車場で、白線内で斜めになっていたり、白線を踏んでいるクルマありますよね。

このような運転マナーの悪いクルマを見るとイラっとするのですが、他の人を不快にさせない、また、迷惑を掛けない運転や駐車ができるのが、このアラウンドビューモニターの良いところの一つなのかなと、思いました。

また、新型リーフ(LEAF)に搭載されているアラウンドビューモニターは、障害物を検知する機能を搭載しております。しかも、歩行者などもしっかりと検知してくれます。

新型リーフ(LEAF)の上位モデルでは、後退時に後方を横切る車両を検知して、注意を喚起してくれる後退時車両検知警報(RCTA)も装備する事ができます。

ただ、全方位検知してくれて、また、ナビ画面でも注意を喚起してくれるアラウンドビューモニターも、かなり心強いように感じました。

新型リーフのアラウンドビューモニターと従来型との違いは?

このように真上からの視点をナビ画面に表示してくれる新型リーフ(LEAF)のアラウンドビューモニターですが、従来型と比較して、大きく進化をしました。

それは画面の見やすさです。

このアラウンドビューモニターに表示される真上からの視点は、クルマの前後左右に搭載した4つのカメラの映像を合成して表示をしています。

このような仕組みの影響からか、従来型のアラウンドビューモニターは、クルマの四隅から黒いラインが出てしまっています。また、4つの映像を組み合わせ表示しているので、どうしても映像に違和感があります。

■従来型のアラウンドビューモニター画面

クルマの四方から黒いラインが表示されているのが、分りますよね。
また、映像も少し粗いです。

なので、ノートやセレナなどに搭載されていた従来のアラウンドビューモニターは、正直に言って、見やすいとは言えませんでした。ドライバーさんによっては、この粗くて違和感ありまくりの映像に馴染めずに、使用するのを諦めた人もいるようです。

しかし、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型リーフ(LEAF)のアラウンドビューモニターは、黒いラインがなくなり、画面がとても見やすくなりました。

■新型リーフのアラウンドビューモニター画面

また、この新型モデルのアラウンドビューモニターは、従来型で感じたような映像の合成感は無くなり、本当に上から映しているような自然な映像に…。

他のクルマに搭載されているアラウンドビューモニターと比較すると、映像がキレイになったのが分かりますよね。また、従来型と比較して、日産の新型リーフ(LEAF)のアラウンドビューモニターは、映像がよりスムーズになった感じが…。

このように従来型よりも映像が見やすくなったのは、新型リーフ(LEAF)のアラウンドビューモニターのメリットなのかなと思いました。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型リーフ(LEAF)に搭載されたアラウンドビューモニターは、このようになっていました。

従来型は画面が粗く、ちょっと違和感を感じる映像だったのですが、今回この新型モデルに搭載されたアラウンドビューモニターは、映像が鮮明に…。

また、映像の合成の精度があがり、本当に上から映し出したような違和感のない映像になっているのも好印象でした。

ちなみに、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型リーフ(LEAF)は、ほぼ全自動で駐車を行ってくれる”プロパイロット パーキング”が搭載されているため、アラウンドビューモニターの存在感は、かなり薄いです。

プロパイロット パーキングを使用すると、アラウンドビューモニターが活躍する場面は、かなり限られるので…。

>>> 新型リーフのプロパイロットを試乗した感想【操作性&乗り心地インプレ】

ただ、自分で駐車をしないといけない時など、”プロパイロット パーキング”が、使用できない場合もあります。このような時に、精度が上がり、使い勝手が良くなった新しいアラウンドビューモニターが、しっかりとサポートしてくれるのは、とても心強いと思いました。

>>> 日産 新型リーフの記事一覧に戻る <<<

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする