新型リーフの外装画像インプレ【先代と比較しながら注目ポイントを徹底解剖】

日産の電気自動車新型リーフ(LEAF)がフルモデルチェンジをして、2017年10月に2代目モデルがデビューをしましたね。

発売直前に日産で資格の無い従業員による完成車検査のリコールで、すでに完成したクルマの再検査や納期の遅れなど、様々な問題が生じていましすが、この新型モデルの売り上げ自体は、かなり好調のようです。

>>> 日産のリコールの新型リーフへの影響は?【ディーラーに確認をしてきた】

先日、この2代目となる新型リーフ(LEAF)を見に行ってきたのですが、驚いたのが外装・エクステリアのデザインです。

先代モデルは丸くてキュートなデザインだったのですが、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型モデルは精悍なデザインに…。

また、最近の日産車の特徴でもあるVモーショングリルも採用され、一目見て日産のクルマと分かるデザインになっていました。

そんな新型リーフ(LEAF)の外装・エクステリアを確認してきたので、実車画像を使って、徹底的にレビューをしてみたいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型リーフの外装画像レビュー:正面から

今回フルモデルチェンジをして新発売された日産の新型リーフ(LEAF)の2代目モデルのフロントマスクは、このようなデザインになっています。

■新型リーフの外装画像:正面から

ちなみに、こちらは先代モデルの外装・エクステリアは、このようなデザインになっていました。

■先代モデルの外装画像:正面から

先代モデルは日産のコンパクトカーのマーチ(March)のような丸っこいフォルムになっていましたが、今回新発売された新型モデルは精悍さが増したシャープなデザインに生まれ変わりました。

また、今回新発売された新型リーフ(LEAF)では、最近の日産の特徴でもあるVモーショングリルを採用して、日産っぽい顔つきに…。個人的には、”ダサかわいい”イメージがあった先代モデルよりも、スタイリッシュさが増した新型モデルの方が良いと思いました。

意外だったフロントグリルのカラー

ただ、ちょっと意外だったのがVモーショングリルのカラーです。

以前発売されたノートe-POWER(NOTE e-POWER)はエコなイメージを強調するためにブルーのアクセントカラーをVモーショングリルに採用していましたが、今回新発売された新型モデルは、ガソリン車と同じシンプルなメッキカラーを採用。

個人的には、新型リーフ(LEAF)にもVモーショングリルのカラーがブルーになるのかな!?と、勝手に予想をしていたのですが、メッキ調のデザインに…。また、ノートe-POWERのようなアクセントラインもありませんでした。

どうやらEV車らしさは、グリル内のブラックパネルの中でキラリと輝くブルーのピラミッドでEVらしさを表現しているようですが、このフロントグリルのカラーは、少々意外でした。

■新型リーフのフロントグリルパネル

ちなみに、日産では、このブラックパネル内のブルーのピラミッド型のデザインをアイスキューブと呼んでいるようですよ。

エンブレムもメッキ調に…

また、印象的だったのが、エンブレムのデザイン。

先代モデルはブルーのEV車のエコなイメージを強調するようなブルーのエンブレムを採用していましたが、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型モデルは、他の車種と同様にメッキ調のエンブレムを採用。

■新型モデルのエンブレム

■先代モデルのエンブレム

このようにエンブレムをカラーを変えた理由は、どうやら電気自動車である新型リーフ(LEAF)を”特別なクルマ”ではなく、他のクルマと同様に一般的な普及モデルとして扱っていきたいと言う表れのようです。

また、個人的にもブルーのエンブレムよりも新型モデルのメッキ調のエンブレムの方がシックリときて良いと思いました。

給電口はボンネット前方に採用

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型リーフ(LEAF)は、先代モデルと同様にボンネットの前方に給油口を配置しています。

ハンドル・ステアリングホイールの右側にある給電口開閉スイッチを押すと、このようにボンネットの前方が開閉します。

■新型リーフの給電口開閉スイッチ

■新型リーフの給電口

この新型モデルでは2ヵ所、給電口を用意していますが、左側に配置されているのが急速充電ポート。そして、右側に配置されているのが、普通充電ポートです。

普通充電の場合は、空の状態から満タンになるまで約16時間かかるようですが、急速充電では、約40分で80%まで充電できるようになっているようですよ。
(ちなみに、急速充電では、バッテリーを痛めないようにするため、80%以上充電できないようになっています。)

最上位モデルのGグレードでは、LEDのヘッドライトを採用

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型リーフ(LEAF)のフロントマスクで印象的だったのは、シャープなデザインに生まれ変わったヘッドライトです。

この新型車の最上位モデルの”Gグレード”では、4灯式のLEDヘッドライトを標準装備。

実際に点灯してみると、このような感じになります。

このシャープなデザインに生まれ変わったヘッドライトも新型リーフ(LEAF)のスポーティーさを強調しているのかなと、思いました。

ちなみに、XグレードやSグレードで装備されているヘッドライトはハロゲンですが、メーカーオプションでLEDに変更できるようですよ。

新型リーフの外装画像レビュー:横から

今回フルモデルチェンジをして新発売された日産の新型リーフ(LEAF)を横から見ると、外装・エクステリアは、このようなデザインになっています。

■新型リーフの横からのデザイン

ちなみに、先代リーフの横からのデザインは、このようになっています。

■先代リーフの横からのデザイン

このように見比べてみると、この新型モデルは、先代モデルと比較よりもワイド&ローなスポーティーなデザインに…。

また、リヤのサイドウィンドウの後方が波打つように赤いボディカラーのエリアがブラックパネル部分を大きく浸食しているのがとても印象的でした。

ちなみに、今回私が見たモデルは、ラディアンレッド×ブラックの2トーンカラーだったので、サイドミラーがルーフカラーと同じブラックになっていました。

ただ、モノトーン(単色)を選択すると、サイドミラーは、ボディカラーと同じ色になりますよ。

タイヤ&ホイールは2種類用意

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型リーフ(LEAF)は、グレードによって異なる2種類のタイヤ&ホイールを用意していますが、最上位のGグレードは、このようなデザインの17インチタイヤを標準装備しています。

■新型リーフのタイヤ&ホイール

この新型モデルでは、空気抵抗を考えフィン形状を採用。

ただ、この新型モデルのタイヤ&ホイールは、切削加工&ガンメタ塗装されていて、スタイリッシュな十分にスタイリッシュなデザインになっているように感じました。

ちなみに、それ以外のグレードでは、16インチのスチールホイール&ホイールキャップに…。

ディーラーさんの話によると、見た目のデザイン性も乗り心地も17インチのタイヤ&アルミホイールの方がおススメみたいですよ。

新型リーフの外装画像レビュー:後ろから

今回フルモデルチェンジをして新発売された日産の新型リーフ(LEAF)の外装・エクステリアを見て、先代モデルと大きく変わったと思ったのが、後ろ姿です。

■新型リーフの後ろ姿

■先代モデルの後ろ姿

先代モデルは、縦に長いリアコンビネーションランプが特徴のちょっと奇抜なデザインをしていたのですが、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型モデルは、比較的オーソドックスなデザインに…。

個人的には、先代モデルの後ろ姿は正直に言って、「ちょっとダサい…」と、思っていたので、オーソドックスなデザインになって、ちょっとホッとしました^^

また、ブラックになったリヤルーフスポイラーやエンブレム部分のデザイン、また、
シャープになったリヤコンビネーションランプも、スポーティーさを感じるデザインになっていて、好印象でした。

■ブラックのルーフスポイラー

■リヤコンビネーションランプ

 リヤバンパーのブルーのラインに注目

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型リーフ(LEAF)は、電気自動車でらしさを表す装備としてリヤバンパーを取り囲むようにブルーのライン(モールディング)が施されています。

■新型リーフのブルーモールディング

日産の”ゼロ エミッション”エンブレムと同様に、このブルーのラインも電気自動車のエコなイメージを強調するために備わっていると思いますが、ボディカラーによっては、あまり相性が良く無いのもあります。

このブルーのモールディングは、新型リーフ(LEAF)のすべてのモデルに標準装備されるので、ボディーカラーを選ぶときは、このモールディングとの相性を考えて決めるのも良いのかなと思いました。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型リーフ(LEAF)の外装・エクステリアは、このようなデザインになっていました。

先代モデルと比較すると、今回の新型モデルは、全体的にスタイリッシュ&スポーティーなデザインに…。また、比較的オーソドックスなハッチバックのデザインになったので、万人受けする外装のデザインになったのかなと思いました。

また、外装・エクステリアのデザインがオーソドックスになったので、先代モデルよりも選びやすくなったのかなと感じました。

ちなみに、ディーラーさんさんの話によると、この新型モデルの外装・エクステリアのお客さんの反応は、上々のようですよ。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする