居心地は良い?新型リーフの後部座席の座り心地を確認

全世界で約28万台を売り上げた日産の電気自動車新型リーフ(LEAF)が、2017年10月に初のフルモデルチェンジを行いました。

先日、フルモデルチェンジをして新発売された新型モデルの展示車を見に行ってきたのですが、意外と良いと良いと思ったのが内装・インテリアです。メーターのデザインが変更されるなど、先代モデルよりも使い勝手が良くなっているように感じました。

>>> 新型リーフの内装画像レビュー【先代より良くなった注目点を徹底レビュー】

このように使い勝手が良くなった新型リーフ(LEAF)の内装・インテリアですが、後部座席の居住性や快適性、座り心地は、どうだったのでしょうか?実際に後部座席に座ってみて、気になった事や不満に感じた事は無かったのでしょうか?

この新型モデルの後部座席のデザインや快適性を確認してきたので、徹底的にレビューをしてみたいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型リーフの後部座席の座り心地レビュー

今回フルモデルチェンジをして新発売された日産の新型リーフ(LEAF)に標準装備されている後部座席は、このようなデザインになっています。

■新型リーフの後部座席

今回フルモデルチェンジをして新発売されたこの新型モデルの上位車種”Xグレード”と”Gグレード”は、ブラックとエアリーグレーの2種類のシートカラーを用意していますが、今回私が見たのは、エアリーグレー。

シートカラーに採用されているこのエアリーグレーは、意外と温かみのあるカラーなので、ブラックのシートカラーよりも車内が明るく、カジュアルな雰囲気の内装・インテリアになっているように感じました。

また、シートのメイン部分は、アクセントカラーに採用されているブルーだけではなく、カラーと太さが異なるラインがが組み合わさったオシャレなデザインになっているのも好印象でした。

シート素材は全グレード織物を採用

この新型モデルの中間モデル”Xグレード”、最上位モデルの”Gグレード”では、シート全面織物を採用。

柔らかな肌触りはとても良かったのですが、高級感・上質感と言う点では、競合車のトヨタの新型プリウスPHVよりもワンランク劣るのかなと、思いました。

■新型プリウスPHVの後部座席

ちなみに、新型リーフ(LEAF)では、メーカーオプションで本革シートを用意しています。

■新型リーフの本革シート

もし標準装備のシートのデザイン性に満足をしなかったら、メーカーオプション設定になっている本革シートに変更するのも良いかもしれませんね。

シートの座り心地は良好

このように見た目のデザイン性はシンプルな日産の新型リーフ(LEAF)の後部座席ですが、座り心地は、思ったよりも良い感じ。

この新型モデルに採用されているシート素材はクッション性が良く、座った瞬間に沈み込んでお尻や背中を優しく包み込んでくれるフカフカとした座り心地に…。

私のようにしっかりとした座り心地を好む方には、少し物足りなさを感じるかもしれません。

ただ、ソファーのように柔らかい座り心地とクッション性を好む女性の方には、大満足の座り心地になっているように感じました。

また、日産の新型リーフ(LEAF)の後部座席はサイドサポートを意識した立体的な(凹凸感のある)デザインになっているのですが、このシートのサイド部分の肌触りが柔らかいのも印象的でした。

新型リーフの後部座席で残念に感じた事とは…

このようなデザインになっていた新型リーフ(LEAF)の後部座席ですが、色々と確認をしてみて残念に感じた事もありました。

それは、快適に過ごせる装備が充実していなかった事です。

今回フルモデルチェンジをして新発売された日産の新型リーフ(LEAF)の後部座席を確認してみて、私が残念に感じた事を紹介していきたいと思います。

後部座席の不満1:センターアームレスト

今回フルモデルチェンジをして新発売されたこの2代目モデルの後部座席を確認してみて、残念に感じた事の一つが、後部座席の中央にセンターアームレストが用意されてい無かった事です。

センターアームレストが装備されていると、運転中の腕置きになるだけではなく、カーブを曲がる時に、体が横に流れるのをサポートしてくれるので、とても便利なんですよね。
また、クルマによっては、ドリンクホルダーも装備されて、気軽に飲み物も置けますし…。

ちなみに、日産から発売された人気ハイブリッド車の新型ノートe-POWER(note e-POWER)の上位モデル”メダリスト(MEDALIST)”では、後部座席の中央にアームレストが装備されていました。

■新型ノートe-POWERのリヤセンターアームレスト

なので、新型リーフ(LEAF)でも当然のように後部座席の中央にセンターアームレストが標準装備されていると、思っていたのですが…。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型リーフ(LEAF)には、後部座席の中央にセンターアームレストが用意されていないのは、かなりガッカリとしました。

後部座席の不満2:リクライニング機能

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型リーフ(LEAF)の後部座席を確認して、残念に感じたのが、リクライニング機能が装備されてい無かった事です。

なので、この背もたれの角度から変更をする事ができません。

元々新型リーフ(LEAF)の後部座席の背もたれは垂直ではなく、若干後ろに傾斜をしているので、座り心地が悪いわけではありません。ただ長時間、同じ態勢で座っていると、疲れそうな感じが…。

私は後部座席のリクライニング機能は必要派なので、多少なりとも、後部座席の背もたれがリクライニングしてくれると、嬉しかったです。

ちなみに、新型リーフ(LEAF)の後部座席は、前後スライド機能も装備されていないので、ご注意を…。ただ、足元空間(ニークリアランス)は、それ程狭いとは感じませんでした。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型リーフ(LEAF)の後部座席は、このようなデザインになっていました。

この新型モデルの後部座席は、ソファーのように柔らかさを感じるソフトな座り心地に…。女性や小さいお子さんが好みそうな座り心地になっているように感じました。

ただ、この新型モデルの後部座席で残念だったのは、快適性。

この新型モデルは意外と足元空間(ニークリアランス)が広く、居住性が良かっただけに、センターアームレストやリクライニング機能など、快適に過ごせる装備や機能がが用意されていないのが、少々残念でした。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする