新型リーフの内装色を比較【ブラックorエアリーグレーはどっちが良い!?】

2017年10月、初の量産型の電気自動車として発売された新型リーフ(LEAF)がフルモデルチェンジを行い、2代目がデビューをしました。

今回新発売をした2代目モデルは、初代のような奇抜さは無くなり、一般的なハッチバックのような見た目に…。また、内装・インテリアも未来感は無くなり、使い勝手の良いデザインになっていました。

>>> 日産 新型リーフの内装画像レビュー【先代モデルとの違いを実車画像で比較】

そんな新型リーフ(LEAF)の内装・インテリアは、ブラックと白っぽいエアリーグレーの2種類の内装色を用意しています。

先日、この2つの内装色を見る事ができたのですが、全く異なる雰囲気に…。

今回の新型リーフ(LEAF)に用意されたエアリーグレーとブラックの内装色は、それぞれどのようなデザインになっているのでしょうか?また、どちらの方が良かったのでしょうか?

フルモデルチェンジをして新発売された2代目モデルの2種類の内装色を比較してみたいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型リーフの内装色1:エアリーグレーの画像インプレ

今回フルモデルチェンジをして新発売された日産の新型リーフ(LEAF)のエアリーグレーの内装色をしたインパネ・内装やセンターコンソールは、このようなデザインになっています。

■新型リーフのエアリーグレーのインパネ

エアリーグレーと言う名前が付いていますが、実際に見てみると、ホワイトやアイボリーに近い感じのカラーに…。”グレー(灰色)感”は、一切ありませんでした。

また、この内装色では、インパネの上部やセンターコンソールのサイドの部分、センターコンソールボックスがエアリーグレーに変更されてます。

■インパネのパネル

■センターコンソール

■センターコンソールボックス

ただ、実際に見てみると、エアリーグレーとブラックのバランスが良く、意外とまとまりがあるデザインに…。

スタイリッシュさや高級感はあまり感じませんでしたが、後で紹介をするブラックの内装色よりもぬくもりのある優しい雰囲気の内装・インテリアになっているように感じました。

また、個人的には、ハンドル・スタリングホイールやシフトレバーのパネル部分にホワイトパネルを使用したプリウスPHVの内装よりも、新型リーフ(LEAF)は良いデザインになっているように感じました。

エアリーグレーのシートは、温かみのあるデザインに…

今回新発売された日産の新型リーフ(LEAF)のエアリーグレーの内装色を選ぶと、シートもこのように明るいカラーになります。

■新型リーフのエアリーグレーのシート

新型リーフ(LEAF)で標準装備されているのは、バイオPET素材を採用したファブリックシートなので、高級感はありませんが、親しみのあるデザインに…。

また、印象的だったのが、メイン部分のストライプのデザインです。

メイン部分のストライプには、ブルーやベージュなど様々なカラーを採用。
この色彩豊かな色使いが、新型リーフ(LEAF)のシートのオシャレ感を演出しているのかなと、思いました。

また、ベージュのようなシートカラーとブルーのステッチも、思ったよりも相性が良く、女性に好まれそうなシートデザインになっているように感じました。

ドア内側パネルもエアリーグレーカラーに…

また、エアリーグレーの内装色を選ぶと、このようにドア内側パネルも明るいカラーになります。

■新型リーフのエアリーグレーのドア内側パネル

このようにドア内側パネルだけを見ると若干ハデな感じがしますが、運転席に座ってみると、意外と気になりません。

同系色のシートやインパネと相まって、エアリーグレーの優しい空間にに包まれている感じになるのは、とても良いと思いました。

また、ブラックの内装色よりも車内が明るく、開放感のあるデザインになっているのも好印象でした。

新型リーフの内装色2:ブラックの画像インプレ

今回フルモデルチェンジをして新発売された日産の新型リーフ(LEAF)のもう一つの内装色”ブラック”の内装・インパネは、このようなデザインになっています。

■新型リーフのブラックのインパネ

エアリーグレーでは、白っぽいカラーになっていたインパネ上部のパネルやセンターコンソールボックスなどもこのようにブラックカラーに…。

■インパネのパネル

■センターコンソール

■センターコンソールボックス

このブラックの内装色は、エアリーグレーと比較すると、引き締まったデザインに…。

また、シフトレバーやナビ周りの光沢感のあるピアノブラック調のパネルがキレイに映えるとても良いデザインだと思いました。

■新型リーフのシフトレバー

■新型リーフの専用ナビ

そして、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型リーフ(LEAF)のブラックの内装・
インテリアで印象的だったのが、助手席側のインパネのデザイン。

この新型モデルのブラックの内装色は、比較的シンプルなデザインなのですが、助手席側のインパネに施されている木目調のような模様が、良いアクセントになっているように感じました。

ブラックのストライプが印象的なブラックシート

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型リーフ(LEAF)のブラックの内装色を選択した時のシートは、このようなデザインになっています。

■新型リーフのブラックのフロントシート

■新型リーフのブラックの後部座席

この新型モデルのシートは、エアリーグレーと同様にメイン部分にブルーやグレーなどのストライプが入ったデザインを採用。

また、シードの中央部分やサイドの部分には、大きくブルーのステッチが入っています。

ブルーのストライプやステッチが印象的なこの新型モデルのブラックの内装色ですが、遠くから見ると、このブルーが意外と目立ちます。なので、一般的なブラックのシートよりもカジュアルな雰囲気が…。

ブルーを使用して、EVらしさやエコさを強調しているのかもしれません。
ただ、車格や価格などと比較すると、安っぽい感じが…。

個人的には、グレーやシルバーのストライプのみを使用するなど、もう少し引き締まったスタイリッシュなデザインのシートにしても良かったのかなと、思いました。

ピアノブラック調のパネルが印象的なドア内側パネル

日産の新型リーフ(LEAF)のブラックとエアリーグレーの内装色では、ドア内側パネルのデザインも異なります。

■新型リーフのブラックのドア内側パネル

ブラック一色なので、エアリーグレーのドア内側パネルと雰囲気が異なります。

ただ、スイッチベースのピアノブラック調のパネルが施してあり、思ったよりも安っぽい感じ(チープさ)は、ありませんでした。

また、ドア内側アームレスト部分に施してあるブルーのステッチが、ワンポイントアクセントになっていて、好印象でした。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型リーフ(LEAF)のエアリーグレーとブラックの内装色は、このようなデザインになっていました。

ブラックとエアリーグレーの内装色では、車内の雰囲気が異なります。

ただ、どちらのモデルもカジュアルで親しみやすい内装・インテリアになっているように感じました。逆に言うと、車格に相応しい上質感や高級感を求める人には、ちょっと物足りなく感じるかもしれません。

もし、この新型モデルの標準装備の内装・インテリアに物足りなさを感じたら、メーカーオプション設定になっている本革シートを選択しても良いかもしれませんね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする