【先代より広くなったけど、不満も…】新型リーフの荷室画像レビュー

日産が誇る電気自動車新型リーフ(LEAF)が初のフルモデルチェンジを行い、2017年10月にデビューをしましたね。

先代モデルは、個性的な外装・エクステリアが話題になりましたが、フルモデルチェンジをして新発売をした新型モデルは、オーソドックスなハッチバックタイプに変更。
また、Vモーショングリルを採用するなど精悍なデザインに生まれ変わりました。

>>> 新型リーフの外装レビュー 【先代と比較しながら注目ポイントを徹底解剖】

このようにオーソドックスなデザインに生まれ変わった2代目となる新型リーフ(LEAF)ですが、先日、展示車を見て気になったのが、荷室・ラゲッジスペースのデザイン&使い勝手です。

この新型モデルの荷室・ラゲッジスペースは先代モデルよりも容量が増えましたが、使い勝手は、それ程良く無い感じが…。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型リーフ(LEAF)の荷室・ラゲッジスペースは、どのようなデザインになっているのか?また、実車を確認して気になった部分は、何なのか?

今回フルモデルチェンジをして新発売されたこの2代目モデルの荷室・ラゲッジスペースのアレンジや使い勝手を、詳しく紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型リーフの荷室開口部をチェック

今回フルモデルチェンジをして新発売された日産の新型リーフ(LEAF)の後ろ姿は、このようなデザインになっています。

そして、テールゲートを開けると、このような感じ。

この新型モデルの荷室開口部は、中央部分が一番広い円形状のようなデザインを採用。

横幅は思ったよりも広く長い荷物・アイテムを積みやすいデザインになっていましたが、個人的には、もう少しフロア付近(荷室開口部の下端部分)の開口部をもう少し広くしてもらいたかったです。

新型リーフの開口部で良いと思った事は…

このようなデザインになっている日産の新型リーフ(LEAF)の荷室開口部ですが、実際に色々と確認をしてみて、良いと思う事がありました。

その一つが後ろへの張り出しの小ささ。

このように新型リーフ(LEAF)の荷室・ラゲッジスペースを横から見ると分かると思いますが、このクルマのテールゲートは、開けた時に後ろへの張り出しがとても小さくなっています。

なので、スーパーマーケットやショッピングモールなど後ろが狭い駐車場・パーキングスペースなどでもラクに開け閉めできるデザインになっていたのは、好印象でした。

開閉のしやすさも好印象

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型リーフ(LEAF)の荷室・ラゲッジスペースを確認してみて良いと思ったのが、持ちあがったテールゲートの高さです。

このクルマのテールゲートを開けた時のグリップの位置は、約1,540mmとなっており、小柄な女性でもラクラクと開閉できるデザインになっています。

この開け閉めのしやすい荷室・ラゲッジスペースは、日産の新型リーフ(LEAF)の良いところ&魅力の一つなのかなと思いました。

新型リーフの荷室アレンジをチェック

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型リーフ(LEAF)の荷室・ラゲッジスペースは、このような広さになっています。

■新型リーフの荷室・ラゲッジスペース

この新型モデルの荷室・ラゲッジスペーの底面は、開口部(掃出し口)よりも一段低くなっています。その分、荷室・ラゲッジスペースの容量は増えますが、重たい出し入れには、ちょっと不向きだなと思いました。

また、荷室・ラゲッジスペースの右側には、先代モデルと同様にネット状の仕切りを用意。

荷室・ラゲッジスペースにこのような小物入れを用意しているクルマは多いですが、ネット状になっているのは、ちょっと珍しいです。ただ、メッシュ状の小物入れは、収納しているアイテムが一目で確認する事ができますし、使い勝手がとても良いのかなと思いました。

また、このメッシュ状の仕切りはカンタンに取り外しできるのも好印象でした。

荷室が広くなり、ゴルフバックが積みこめるサイズに…

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された日産の新型リーフ(LEAF)の荷室・ラゲッジスペースを見て驚いたのは、先代モデルよりも格段にサイズが広くなった広くなった事です。

実際にこの新型モデルと先代モデルの荷室・ラゲッジスペースを比較してみると、このようにサイズの違いが一目瞭然です。

■新型リーフの荷室・ラゲッジスペース

■先代モデルの荷室・ラゲッジスペース

このように見比べてみると、荷室の広さが全く異なりますよね。

また、私がこの2台のモデルを見比べてみて特に違いを感じたのは、荷室・ラゲッジスペースの横幅。

今回フルモデルチェンジをして新発売された日産の新型リーフ(LEAF)は、ホイールハウスの張り出しを工夫して小さくしたおかげで、後部座席を使用した状態でも9.5インチサイズのゴルフバックを積みこめるようになったようです。

先代モデルの荷室・ラゲッジスペースは狭いのがちょっと気になっていましたが、今回フルモデルチェンジをした新型モデルの荷室・ラゲッジスペースは、格段に使い勝手が良くなったように感じました。

ただ、新型リーフの荷室で少し気になったのは…

このように先代モデルよりも格段に広くなった荷室・ラゲッジスペースを備えている新型リーフ(LEAF)ですが、実車を見て、気になった部分&不満に感じた部分もありました。

それは背もたれを収納した時の段差です。

この新型モデルも先代モデルと同様に6対4分割方式になっているため、左右独立して後部座席を収納する事が可能です。

■後部座席の左側を収納時

■後部座席の右側を収納時

■後部座席をすべて収納時

後部座席の背もたれに収納レバーが装備されているので、収納するのはとてもラクなのですが、ちょっと残念だったのは、背もたれを収納した部分に大きな段差ができてしまう事です。

■後部座席の背もたれ部分の段差

この段差を計測してみたところ、約300mm…。
この段差はかなり大きく、荷物の積み降ろしの妨げになりそうです…。

この後部座席を収納した時に生じる大きな段差は、日産の新型リーフ(LEAF)の荷室・ラゲッジスペースの欠点・デメリットの一つなのかなと思いました。

ちなみに、この新型モデルでは、後部座席を収納した時にフラットになるラゲッジボード(ラゲッジアンダーボックス)を用意しているようです。

このラゲッジボード(ラゲッジアンダーボックス)を使用すれば、後部座席の収納した時の段差も解消できますし、荷室・ラゲッジを上下2分割にする事ができるので、使い勝手もアップします。

荷室・ラゲッジスペースにたくさんの荷物を積みこむ方は、ディーラーオプションのラゲッジボード(ラゲッジアンダーボックス)の購入を検討してみても良いかもしれませんね。

今回フルモデルチェンジをして新発売された日産の新型リーフ(LEAF)の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっていました。

開け閉めがしやすいテールゲート、荷室・ラゲッジスペースの広さなど、先代モデルよりも格段に進化をしているように感じました。

ただ、後部座席を収納した時に生じる大きな段差など、この新型モデルの荷室・ラゲッジスペースは、気になる部分も多々ありました。

もしこれから新発売された日産の新型リーフ(LEAF)の試乗に行かれる方は、ぜひとも荷室・ラゲッジスペースの使い勝手もしっかりと確認してみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする