【奥行き&横幅&高さは十分?】新型リーフの荷室サイズを確認してきた

電気自動車への注目が急速に高まったている中、日本の中で最も人気のある日産の新型リーフ(LEAF)が、2017年10月にフルモデルチェンジを行いました。

今回新発売をした新型モデルは、航続距離が400kmに伸びただけでなく、ほぼ全自動で駐車をしてくれる”プロパイロット パーキング機能”など、日産の最新の機能や装備を搭載。先代モデルよりもあらゆる面で進化をしていました。

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された日産の新型リーフ(LEAF)は、オーソドックスなハッチバックスタイルに生まれ変わり、荷室・ラゲッジスペースが広く、そして、使い勝手が良くなったのも印象的でした。

>>> 日産の新型リーフの荷室アレンジ画像【使い勝手レビューはコチラから】

そんな新型モデルの荷室サイズは、どのくらいだったのでしょうか?
また、実際に使い勝手は、どうだったのでしょうか?

フルモデルチェンジをして新発売された日産の新型リーフ(LEAF)の荷室・ラゲッジスペースのサイズを確認してみたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型リーフの荷室サイズを確認:開口部編

今回フルモデルチェンジをして新発売された日産の新型リーフ(LEAF)の荷室・ラゲッジスペースの開口部は、このようなデザインになっています。

この新型モデルの荷室・ラゲッジスペースの開口部を見て良いと思ったのが、開けた時のテールゲート(バックドア)の持ち上がりが低く抑えられている事です。

その一方、荷室地上高(地上から荷室フロアの下端)までの高さは若干高く、重たい荷物の積み降ろしには、若干不向きが感じがしました。

そんな新型リーフ(LEAF)のテールゲート(バックドア)のグリップ位置の高さ、荷室地上高の高さを確認したところ、このようになっていました。

■新型リーフの荷室開口部の高さ
・バックドアの高さ:約1,810mm
※地上からグリップ位置まで
・荷室地上高 :約720mm
※地上から荷室開口部の下端まで

この新型モデルのバックドアの高さは、約1,810mmとなっており、かなり低くなっています。バックドア自体もとても軽いですし、小柄な女性でもラクに開け閉めできる高さ&デザインになっていると思いますよ。

ちなみに、私の妻は身長が150cmくらいなのですが、私の妻でも新型リーフ(LEAF)のバックゲートは、ラクに開け閉めをする事ができました。

新型リーフの荷室サイズを確認:室内編

2代目となった新型リーフ(LEAF)の後部座席を使用時の荷室・ラゲッジスペースは、このような広さになっています。

■新型リーフの荷室(後部座席使用時)

先代モデルの荷室・ラゲッジスペースはちょっと狭いのかなと思ったのですが、今回フルモデルチェンジをして新発売された2代目モデルでは、十分な広さを確保。

特に横幅が広くなり、ゴルフバックを積みこめるサイズになったのが好印象でした。

そんな新型リーフ(LEAF)の後部座席を試乗した時の荷室サイズ・寸法を確認してみたところ、このようになっていました。

■新型リーフの荷室寸法 (後部座席使用時)
・荷室長:約 740mm
・荷室幅:約1,000mm
・荷室高:約 900mm

ちなみに、競合車・ライバル車の一つでもあるトヨタのプラグインハイブリッド車新型プリウスPHVの荷室サイズは、このようになっています。

■新型プリウスPHVの荷室寸法 (後部座席使用時)
・荷室長:約840mm
・荷室幅:約950mm
・荷室高:約530mm

新型リーフ(LEAF)の荷室サイズの広さは、新型プリウスPHVに負けていないのが分りますよね。

この2台のモデルで特に異なるのは、荷室の高さ。

競合車の新型プリウスPHVは掃出し口よりも荷室フロアが一段高くなっている事もあり、荷室の高さは、それ程広くありません。なので、背の高い荷物を積みこむのには、不向きです。

一方、新型リーフ(LEAF)は、荷室フロアが掃出し口よりも一段下がっていて、しっかりと荷室の高さに余裕があるデザインになっているのが、好印象でした。

後部座席を収納した時の広さは?

今回フルモデルチェンジをして新発売された日産の新型リーフ(LEAF)は、後部座席の背もたれを収納して、荷室・ラゲッジスペースの奥行きを広くする事が可能です。

実際に後部座席を収納すると、このようになります。

■新型リーフの荷室・ラゲッジスペース (後部座席収納時)

後部座席の背もたれ部分の大きな段差は気になりますが、奥行きはかなり広くなりますよね。

これだけの荷室・ラゲッジスペースの広さがあれば、家族旅行やキャンプ、アウトドアなど荷物が多くなるシーンでも、収納力に不満を感じる事は無いのかなと、思いました。

そんな新型リーフ(LEAF)の後部座席の背もたれを収納した時の荷室サイズは、このようになっていました。

■新型リーフの荷室寸法 (後部座席収納時)
・荷室長:約1,700mm
・荷室幅:約1,000mm
・荷室高:約 530mm

後部座席を使用時が約740mmだったのに対し、後部座席を収納した時の荷室・ラゲッジスペースの奥行きは約1,700mmとなり、倍以上の広さに…。

これだけ広ければ、新型リーフ(LEAF)に乗って車中泊をするのも楽しいのかなと思いました。

後部座席の背もたれ部分の段差はどれくらい?

このように後部座席を収納すると広い荷室・ラゲッジスペースを生み出す事ができるのですが、ちょっと残念なのは背もたれ部分で大きな段差が生じてしまう事です。

実際にこの段差を見てみると、このようになります。

かなり大きいですよね。

この後部座席の背もたれ部分の段差の大きさを計測したところ、約300mmもありました。

後部座席を収納した部分に大きな段差ができるクルマは多いですが、新型リーフ(LEAF)はその中でも特に大きいです。なので、少し大きな荷物をこの新型モデルの荷室・ラゲッジスペースに載せると、この段差で置いた荷物が斜めになってしまいます。

荷室・ラゲッジスペースの使い勝手を考えると、この大きな段差は欠点・デメリットの一つなのかなと思いました。

ただ、新型リーフ(LEAF)では、後部座席を収納した時の大きな段差を解消できる「ラゲッジアンダーボックス」をディーラーオプションで用意しています。

ディーラーさんの話によると、この「ラゲッジアンダーボックス」は、荷室・ラゲッジスペースにたくさんの荷物を積みこむ人には、おススメのオプションだと思いますよ。

今回フルモデルチェンジをして新発売された日産の新型リーフ(LEAF)の荷室・ラゲッジスペースはのサイズを確認してみたところ、このようになっていました。

後部座席を収納した時の大きな段差はちょっと残念でしたが、このクルマは3ナンバーサイズのハッチバックとして、十分な荷室サイズの広さを確保。

これなら日常使いだけではなく、長距離ドライブやレジャーなど荷物が多くなるシーンでも困る事は無いのかなと思いました。また、個人的には、競合車・ライバル車のトヨタの新型プリウスPHVよりも広くて、使い勝手が良いのも好印象でした。

>>> 頭上空間&足元空間は広い?新型リーフの後部座席の居住性インプレッション

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする