ガソリン車では味わえない加速にビックリ!新型リーフの試乗の感想

スタイリッシュなデザインに生まれ変わった日産の電気自動車2代目新型リーフ(LEAF)が、2017年10月にデビューをしましたね。

自動駐車機能の”プロパイロット パーキング”など、最新の機能や装備が注目を集めているこの新型モデルですが、加速力や静寂性など、基本的な性能も先代モデルよりも格段に良くなっています。

私がこの新型モデルを試乗して、スグに進化を実感したのが、加速力です。

電気自動車の新型リーフ(LEAF)は、元々発進時の加速力には定評があったのですが、この新型モデルは、さらに磨きがかかったように感じが…。なので、運転をしていて、楽しかったです。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型リーフ(LEAF)の加速力は、どのような感じだったのか?一方、加速力で気になった事は、無かったのか?

今回フルモデルチェンジをして新発売された2台目モデルの加速力&加速感について、徹底的にレビューをしていきたいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型リーフの試乗の感想:加速性能を徹底レビュー

電気自動車の特徴・メリットの一つとして良く言われているのが、出足の鋭い加速と言われています。

先代モデルでも十分に満足できる加速感を味わう事ができましたが、今回フルモデルチェンジをして新発売された日産の新型リーフ(LEAF)は、さらに出足がシャープになった感じが…。

さすがに一般道でフルスロットルを確かめる事はできなかったのですが、停車状態からグッとアクセルを半分くらいまで一気に踏み込むと、後ろからドンっと前に押されたような鋭い加速力が味わえました。

しかも、この発進時の加速感が、ガソリン車と電気自動車の日産の新型リーフ(LEAF)では、全く異なります。

ガソリン車の場合、エンジン回転が上昇しながら徐々に加速していく感じなのですが、発進直後から100%のパワーを発揮する事ができる電気自動車の新型リーフ(LEAF)は、アクセルを踏み込んだ瞬間に飛び出すように発進していきます。

このアクセルペダルをグッと強く踏み込んだ時の加速感は、発射後、わずか1.8秒で最高速度に達する富士急ハイランドのアトラクション”ドドンパ”に近い感じ。

この鋭い出足や加速感は、ガソリン車やハイブリッド車では味わえない電気自動車ならではのフィーリングなのかなと、思いました。

ちなみに、試乗に同行してくれたディーラーさんに話によると、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型リーフ(LEAF)は、2.0Lターボエンジン並みの加速力&パワーを備えているようです。

実際に運転をしてみると、ディーラーさんが仰っている事も納得できる加速感でした。

アクセルを軽く踏んだ時のふんわり加速も大満足

チカラ強くアクセルを踏み込んだ時の加速力も大満足だったのですが、日常シーンで良く使う軽くアクセルを踏み込む”ふんわり加速”の乗り心地も、とても良いと思いました。。

グッと一気にアクセルペダルを踏み込んだ時と異なり、ふんわりと優しくアクセルを踏み込むと、新型リーフ(LEAF)はスーッと滑らかに、そして、優しく加速をしていきます。

エンジン音やロードノイズもほどんど聞こえず、また、本当に道路を滑るようにスムーズに走るので、運転をしていて加速をしている感じが全くありません。

なので、いつの間にかスピードを出し過ぎてしまっている事も…。

私も運転席の目の前にある日産の新型リーフ(LEAF)のメーターを確認して、「えっ!?もうこんなにスピードが出ていたんだ!?」と、感じてしまう事が多々ありました。そのくらいスムーズに加速をしていきます。

この加速感を全く感じない滑らかさは電気自動車らしくてとても良いのですが、気がつくと予想以上にスピードが出てしまっている事もあります。

なので、初めて日産の新型リーフ(LEAF)に運転する人は、スピードの出し過ぎには、注意が必要なのかなと、思いました。

また、スピードが出ているのにスピードが出ているように感じない乗り心地&加速感は、ガソリン車では決して味わえない電気自動車独特のフィーリングなのかなと、思いました。

新型リーフは先代モデルの欠点も克服!?

今回フルモデルチェンジをして新発売された日産の新型リーフ(LEAF)を試乗していて良いと思ったのが、時速60km/h~100km/hくらいの中速域や高速域からの加速です。

元々電気自動車は、ガソリン車と比較して、中速域から高速域の加速は不向きと言われています。

先代モデルでも、高速道路で加速をすると、発進時の加速のようにスピードが気持ちよく伸びていかないと言うか、頭打ちになるような感じが…。なので、高速道路の運転は、ガソリン車やハイブリッド車の方が良いなと思っていました。

しかし、今回フルモデルチェンジをした2代目モデルは、中速域や高速域からの加速も思ったよりも良い感じ!

高速道路で加速をする時にグッとアクセルを踏み込んでも、発進時の加速のように飛び出すような加速は味わえません。

しかし、アクセルを踏み込むと、”キュイーーーン”とモーター音を響かせながら、電気自動車らしくレスポンス良くス~~っ滑らかに加速していき、走行車線のクルマを追い抜いて行ってくれます。

アクセルをベタ踏みをして加速をしたわけではありませんが、追い越し加速の最中、先代モデルで感じたような加速の頭打ち感は、全く感じませんでした。

しかも、高速道路で追い抜き加速をしてもまだパワーに余裕がある感じも、個人的には心強くて良かったです。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型リーフ(LEAF)を試乗したところ、加速感はこのようになっていました。

アクセルをグッと踏み込んだ時の鋭い加速も良いのですが、私がこの新型モデルを試乗していて一番驚いたのは、ふんわり加速をした時の乗り心地の良さです。

スーッと滑らかに加速をしていき、いつの間にか法定速度に達している加速感は、今までにない乗り心地だったので、本当に驚きました。

また、日産の新型リーフ(LEAF)は、ロードノイズや風切り音対策もしっかりと施されており、運転中に騒音が全く気にならないのも電気自動車ならではだと思いました。

>>> 新型リーフの静寂性【試乗して実感をした先代モデルとの違いとは?】

このような電気自動車ならではの加速感や静寂性に慣れちゃうと、もうハイブリッド車やガソリン車には戻れないかもしれませんね。

>>> 日産 新型リーフの記事一覧に戻る <<<

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする