【画像大量】新型レヴォーグD型の外装【先代よりも進化した注目ポイントとは?】

2017年8月、スバルの人気スポーツツアラーの新型レヴォーグ/レボーグ(LEVORG)が年次改良を行い、D型が新発売されましたね。

もうすでに2度ほど年次改良が行われているこの新型モデルですが、今回の改良は”ビッグマイナーチェンジ”と呼ぶのにふさわしいレベル。

今回のビッグマイナーチェンジでは、スバルの安全装備システムの最新バージョン”アイサイト ツーリングアシスト”が搭載された事が注目を集めていますが、外装・内装のデザインも大幅に進化をしていました。

今回のビッグマイナーチェンジをしたD型モデルの外装・エクステリアは、どのように進化をしたのでしょうか?

実車画像を使って、スバルの新型レヴォーグ/レボーグ(LEVORG)のD型の外装・エクステリアの注目ポイントを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型レヴォーグD型の外装画像レビュー:正面から

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売されたスバルの新型レヴォーグ/レボーグ(LEVORG)の正面からの外装・エクステリアは、このようなデザインになっています。

今回私が見たモデルは、1.6リットルエンジンを搭載モデルの中で最上位に位置をする”1.6GT”2.0リットルモデルとなる”2.0GT-S アイサイト(Eye Sight)”でした。

新型レヴォーグ/レボーグ(LEVORG)の外装・エクステリアは人気が高い事もあり、今回のビッグマイナーチェンジでも、基本的にはキープコンセプトになっています。

ただ、ヘッドライトやフロントグリルなど各パーツをじっくりと確認すると、先代モデルよりも確実に進化をしていました。

そんな新型レヴォーグ/レボーグ(LEVORG)のフロントマスクの注目ポイントを紹介していきましょう。

フロントグリルがよりシャープなデザインに…

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売されたスバルの新型レヴォーグ/レボーグ(LEVORG)のD型の注目ポイントの一つが、フロントグリルのデザイン。

■新型レヴォーグD型のフロントグリル

この新型モデルのフロントグリルは、先代モデルよりも角張ったデザインを採用。
先代モデルよりも精悍な雰囲気のフロントマスクになっていました。

また、この新型モデルからフロントロアグリルにもメッキ調のバー(横棒)を採用。

■メッキ調のバーを採用したロアグリル

先代モデルよりも洗練されたスタイリッシュなフロントマスクになっているに感じました。

ヘッドライトのデザインが大幅に変更

また、ヘッドライトのデザインも今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型レヴォーグ/レボーグ(LEVORG)のD型の注目ポイントの一つです。

■新型レヴォーグのヘッドライト

ターンランプの位置が新しく…

今回のマイナーチェンジで大きく変わった点の一つが、ウィンカーの位置。

先代モデルではフォグランプの上部にあったターンランプ(ウィンカー)ですが、この新型モデルでは、ヘッドライト内に内蔵。実際に点灯をしてみると、このような感じになります。

まだ見慣れていないので、若干違和感を感じましたが、この新しいヘッドライトのデザインもなかなか良いです。

また、バブル覆うように配置されている黒いパネルも新型レヴォーグ/レボーグ(LEVORG)の精悍さやスポーティーさを強調していて、とても良いと思いました。

ステアリング連動ヘッドランプを採用

また、今回の新型モデルから、コーナーリング時にハンドルの舵角や車速に連動して、進行方向に向けて明かりを照らすステアリング連動ヘッドランプを、全グレードに標準装備をしています。

最廉価モデルの”1.6GT アイサイト(EyeSight)”でもステアリング連動ヘッドランプを標準装備しているのは、嬉しいですよね。

「ここら辺は安全装備にチカラを入れているさすがスバルだな。」と、感心いたしました。

新型レヴォーグD型の外装画像レビュー:横から

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売されたスバルの新型レヴォーグ/レボーグ(LEVORG)のD型を横から見ると、このようなデザインになっています。

競合車・ライバル車の一つでもあるマツダの”アテンザ ワゴン(ATENZA WAGON)と比較すると、全長・ホイールベースともに短いので、サイドから見ると意外と小さく感じます。

ただ、ガラスエリアも広く、各ピラーも細いので、視界が良く、運転のしやすいデザインになっているように感じました。

サイドウインドウのメッキモールに不満が…

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型レヴォーグ/レボーグ(LEVORG)のサイドからのデザインで残念だったのが、サイドウィンドウの下端のメッキモール。

先代モデルを見た時から不満に思っていたのですが、この新型モデルでもメッキモールは、リアクオーターまで延びておらず、途中でプツンと途切れている感じが…。
何度見ても、違和感を感じます。

今回のビッグマイナーチェンジでデザインが変更される事を期待していたのですが、相変わらず中途半端なデザインになっているメッキモールのデザインには、正直に言って、かなりガッカリしました。

新しいデザインになったタイヤ&ホイール

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売されたスバルの新型レヴォーグ/レボーグ(LEVORG)のD型の外装・エクステリアで印象的だったのが、タイヤ&ホイールのデザイン。

この新型モデルでは、最廉価モデルの”1.6GT アイサイト(Eye Sight)”を除いて、全グレード共通して風車のようなデザインを採用していました。

■新型レヴォーグD型のタイヤ&ホイール

スバルにしては、ちょっと珍しいデザインですよね。

「このようなデザインのタイヤ&ホイールは、スバルっぽく無いな。」と、思っていたのですが、ディーラーさんのお話によると、風車のようなデザインのタイヤ&ホイールを採用したのは、どうやらスバルで初のようです。

個人的には、この新しいデザインのタイヤ&ホイールは好みなのですが、ディーラーさんの話によると、お客さんによって好き嫌いがハッキリと分かれるみたいですよ。

もしこれから新型レヴォーグ/レボーグ(LEVORG)の試乗に行かれる方は、ぜひともタイヤ&ホイールのデザインにも注目をしてみてくださいね。

新型レヴォーグD型の外装画像レビュー:後ろから

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型レヴォーグ/レボーグ(LEVORG)のD型を後ろから見ると、このようなデザインになっています。

リヤコンビネーションライトなどを点灯すると、このような感じ。

フロントマスクはLEDヘッドライトやフロントグリルのデザインが変更され、精悍なデザインに生まれ変わっていましたが、後ろ姿は先代モデルと変わらず…。

迫力のあるフロントマスクと比較すると、若干物足りなさを感じます。

コの字型に点灯するストップランプはとても印象的で良いと思ったのですが、個人的には、もう少し切れ長のリヤコンビネーションランプにしても良かったのかなと思いました。

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売されたスバルの新型レヴォーグ/レボーグ(LEVORG)のD型の外装・エクステリアは、このようなデザインになっていました。

外装・エクステリアの大幅な変更はありませんでしたが、より精悍なフロントマスクに…。また、初めてデザインに手が加えられたタイヤ&ホイールのデザインも注目ポイントの一つなのかなと思いました。

ただ、個人的にはもう少しリヤのデザインをどうにかして貰いたかったです。

>>> 新型レヴォーグD型の内装レビュー【先代より進化したポイントとは!?】

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする