新型レヴォーグのD型の見積もりを公開【1.6と2.0の乗り出し価格の差は?】

2014年にデビュー以来、日本だけでなく世界中で人気のスバルの人気スポーツツアラー新型レヴォーグ/レボーグ(LEVORG)がビッグマイナーチェンジを行いましたね。

今回新発売されたD型も先代モデルと同様にレギュラーガソリンを使用する1.6リットルエンジンモデルと、ハイオクを使用する2.0リットルエンジンを用意しています。

ディーラーさんにお話を伺うと2.0リットル車よりも1.6リットル車の方がコストパフォーマンスに優れるため圧倒的に人気が高いようですが、この2台のモデルを乗り出し価格・見積もりの金額の差で比較すると、どれくらい異なるのでしょうか?

先日、この新型レヴォーグ/レボーグ(LEVORG)のD型を試乗してきた時、それぞれの最上位モデル”1.6GT-S アイサイト”と”2.0GT-S アイサイト”の見積もりを貰ってきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型レヴォーグD型の1.6GT-Sの見積もりを公開

今回私が貰って来た1.6リッターの最上位モデル”1.6GT-S アイサイト(EyeSight)”の見積もりは、このようになっています。

今回私が貰った見積もりのボディカラーは、人気のクリスタルホワイトパール。
この時の新型レヴォーグ/レボーグ(LEVORG)のD型の”1.6GT-S アイサイト(EyeSight)”は、このようになっていました。

■新型レヴォーグD型1.6GT-Sの乗り出し価格
車体本体価格:3,272,400円
オプション代: 473,019円
諸経費・税金: 368,865円
乗り出し価格:4,114,284円

最上位の”1.6GT-S アイサイト”とはいえ、1.6リットルモデルで400万円オーバー。

アイサイトなど安全装備が充実している事や、2500cc相当のパワーや走りを楽しめるターボエンジンを搭載している事を考えると、この乗り出し価格でも仕方ないのかなと思います。

ただ、このクルマのパワーや乗り心地の良さを知らないで、1.6リットルエンジンを搭載モデルと言う事だけを聞くと、ちょっと高いのかなと感じる人もいるのかなと思いました。

今回の見積もりで注文をしたオプションは何?

このような乗り出し価格になっていた新型レヴォーグ/レボーグ(LEVORG)のD型の見積もりですが、今回私は、このようなディーラーオプション&メーカーオプションを注文いたしました。

■今回注文をした新型レヴォーグD型のメーカーオプション
・アイサイト セーフティプラス(運転支援)
・アイサイト セーフティプラス(視界拡張)
・ウェルカムライティング

また、ディーラーオプションでは、専用デザインのビルトインタイプのカーナビをはじめ、このようなアイテムをお願いいたしました。

■今回注文をした新型レヴォーグD型のディーラーオプション
・スバル NAVIパック
(パナソニック製ビルトインナビ、リヤカメラ、ETC2.0など)
オプション価格:349,066円
・ベースキット
(ナンバープレートロック、フロアカーペット、LEDアクセサリライナーなど)
オプション価格:138,780円
・ウルトラガラスコーティング
オプション価格:56,160円
・ナビ S/W OT-D1
オプション価格:2,4840円
・ETCセットアップ料金
オプション価格 : 3,240円

値引き前合計 :572,086円
値引き金額 : 99,067円

値引き後合計金額:473,019円

ビルドインナビを注文した事もあり、ディーラーオプション価格から約10万円の値引きもして貰いましたが、それでもディーラーオプション代だけで約47万円も…。

画面サイズが8インチと大きくなり、視認性も良くなったパナソニック製のビルトインナビですが、価格を見ると、ちょっと高いかなと思ってしまいました。

新型レヴォーグD型の2.0GT-Sの見積もりを公開

一方、”STI スポーツ(SPORT)”を除くと唯一の2.0リットルエンジンを搭載したモデルになっている”2.0GT-S アイサイト(EyeSight)”の見積もり・乗り出し価格は、どうなっているのでしょうか?

こちらが、私が貰って来た新型レヴォーグ/レボーグ(LEVORG)のD型の”2.0GT-S アイサイト(EyeSight)”の見積もりです。

そして、このD型の”2.0GT-S アイサイト(EyeSight)”の乗り出し価格を確認したところ、このようになっていました。

■新型レヴォーグD型2.0GT-Sの乗り出し価格
車体本体価格:3,812,400円
オプション代: 473,019円
諸経費・税金: 427,965円
乗り出し価格:4,713,384円

ちなみに、今回新型レヴォーグ/レボーグ(LEVORG)のD型の”2.0GT-S アイサイト(EyeSight)”でお願いをしたオプションは、”1.6GT-S アイサイト(EyeSight)”と全く同じです。

この時の”2.0GT-S アイサイト(EyeSight)”の乗り出し価格は約470万円となっており、”1.6GT-S アイサイト(EyeSight)”よりも約60万円も高くなっていました。

この価格差には、ビックリ…!

私もこの2台のモデルの見積もりを見比べて、改めて2.0GT-Sの乗り出し価格の高さを実感しました。

2.0GT-Sと1.6GT-Sの価格差の要因は?

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型レヴォーグ/レボーグ(LEVORG)のD型の”2.0GT-S”と”1.6GT-S”では、乗り出し価格の差に約60万円あったのですが、その要因は何だったのでしょうか?

この2台のモデルの大きな価格差の理由の一つが、車体本体価格の差。

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売されたD型の”2.0GT-S”と”1.6GT-S”は、車体本体価格だけでも、これだけの違いがあります。

■新型レヴォーグの2.0GT-Sと1.6GT-Sの車体本体価格
2.0GT-S:3,618,000円
1.6GT-S:3,078,000円
価格差 : 540,000円

この2台のモデルでは、車体本体価格だけでも54万円の差があります。

エコカー減税の違いも要因の一つ

また、エコカー減税(自動車取得税&自動車取得税)の違いも、”2.0GT-S”と”1.6GT-S”の乗り出し価格の差に大きく影響を与えいます。

■新型レヴォーグの2.0GT-Sと1.6GT-Sのエコカー減税
・2.0GT-S アイサイト
自動車取得税:対象外
自動車重量税:対象外
・1.6GT-S アイサイト
自動車取得税:20%減税
自動車重量税:25%減税

実際に私が貰った見積もりの金額で、自動車取得税と自動車重量税の課税額の差を確認してみると、”2.0GT-S”と”1.6GT-S”でこれ程違いがあります。

■新型レヴォーグの2.0GT-Sと1.6GT-Sの自動車取得税&重量税
・2.0GT-S アイサイト
自動車取得税:108,100円
自動車重量税: 49,200円
合計金額 :157,300円
・1.6GT-S アイサイト
自動車取得税:75,700円
自動車重量税:22,500円
合計金額 :98,200円

自動車重量税と自動車取得税だけで、5万円以上の違いが…。

このエコカー減税の価格差も、今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型レヴォーグ/レボーグ(LEVORG)のD型の2.0GT-Sと1.6GT-Sの大きな違いの一つなのかなと思いました。

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型レヴォーグ/レボーグ(LEVORG)のD型の2.0GT-Sと1.6GT-Sの見積もりを貰って来たのですが、乗り出し価格の差は、このようになっていました。

思ったよりも乗り出し価格の差は、大きいですよね。
また、この2台のモデルは、使用するガソリンが異なるため維持費も異なります。

1.6リットルモデルでも十分に満足できる走りを楽しむ事ができますし、1.6リットルモデルの方が2.0リットルモデルよりも圧倒的に人気が高いのも納得かなと、見積もりを貰って思いました。

ちなみに、新型レヴォーグ/レボーグ(LEVORG)の2.0GT-Sと1.6GT-Sでは、納期・納車待ちに違いは無いようですよ。

>>> 新型レヴォーグの最新の納期情報【今、注文をするといつ納車される?】

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする