新型レヴォーグD型の内装レビュー【先代より進化したポイントとは!?】

デビューしてから3年、スバルの人気スポーツツアラーの新型レヴォーグ/レボーグ(LEVORG)が、2017年8月に初のビッグマイナーチェンジを行いましたね。

今回のビッグマイナーチェンジでは安全装備がさらに充実しただけではなく、外装や内装も新しいデザインに…。

先日、ビッグマイナーチェンジをしスバルのた新型レヴォーグ/レボーグ(LEVORG)のD型を見に行ってきたのですが、迫力を増したフロントマスクや新デザインを採用タイヤ&ホイールは、好印象でした。

>>> 新型レヴォーグD型の外装画像レビュー【先代よりも進化した注目ポイントとは?】

また、今回のビッグマイナーチェンジで内装・インテリアのデザインも大幅に進化。

先代モデルはセンターコンソールのシルバー加飾が少し安っぽい感じがしたのですが、今回のD型モデルでは内装・インテリアのデザインを変更して、高級感を増しデザインに…。

そんなスバルの新型レヴォーグ/レボーグ(LEVORG)のD型の内装・インテリアを確認してきたので、実車画像を使って、徹底的にレビューをしてみたいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型レヴォーグD型の内装インプレッション:インパネ編

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売されたスバルの新型レヴォーグ/レボーグ(LEVORG)のD型の内装・インパネは、このようなデザインになっています。

■新型レヴォーグD型のインパネ

D型シェイプのハンドル・ステアリングホイールやインパネ中央の上部に設置されているマルチファンクションディスプレイなど基本的なデザインは、先代モデルと同じになっています。

ただ、マルチファンクションディスプレイのサイズなど、先代モデルと比較すると、様々な装備・機能で違いがありました。

そんな新型レヴォーグ/レボーグ(LEVORG)のD型の内装・インテリアの注目ポイントを紹介していきたいと思います。

ピアノブラック調のパネルの採用で高級感がアップ

今回ビッグマイナーチェンジをした新型レヴォーグ/レボーグ(LEVORG)のD型モデルの運転席に乗りこんで、スグに気がつく違いの一つが、内装・インテリアのデザイン。

先代モデルもこの新型モデルと同様にブラック基調のデザインになっていたのですが、センターコンソールやドア内側パネルにシルバー加飾を施していました。

■先代モデルのセンターコンソール

■先代モデルのドア内側パネル

このシルバーの加飾は見た目のインパクトはありましたが、ちょっと安っぽい感じが…。

しかし、今回ビッグマイナーチェンジをして新発売されたD型モデルでは、シルバーの加飾を控えめにして、ブラックのパネルを採用。

■新型モデルのセンターコンソール

■新型モデルのドア内側パネル

今回の新型モデルは、”ブラック調のパネルをシルバーのラインで取り囲む”と言うデザインに改良されていました。先代モデルよりもスタイリッシュさが増した高級感が漂う内装・インテリアになっていて、個人的には新型モデルの方が良いデザインだと思いました。

大画面になったマルチファンクションディスプレイ

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売されたスバルの新型レヴォーグ/レボーグ(LEVORG)のD型の注目の装備の一つは、インパネの中央に配置されているマルチファンクションディスプレイ(MFD)です。

■新型レヴォーグD型のマルチファンクションディスプレイ

今回新発売されたD型モデルでは、4.3インチから5.9インチと画面サイズを一回りを拡大。

先代モデルに乗った事がある人なら試乗をしてスグに、マルチファンクションディスプレイの画面のサイズが大きくなった事を実感できると思います。

この大きくなったマルチファンクションディスプレの画面サイズは、フロントビューやサイドビューモニターを確認する時に重宝するのかなと思いました。

新型モデルでも、専用デザインのナビを用意

また、ナビも新型レヴォーグ/レボーグ(LEVORG)D型の内装・インテリアの注目の装備の一つです。

先代モデルと同様に今回のモデルもメーカーオプションのナビは用意しておらず、ディーラーオプションのナビのみとなっています。ただ、今回も先代モデルと同様に、パネルから専用設計としたパナソニック製のビルトインナビを用意しています。

■パナソニック製のビルトインナビ

やはり専用設計と言う事もあり、見た目の統一感はバッチリです。

道案内などマルチファンクションディスプレイ(MFD)と連動する事もできますし、この専用デザインのナビを装着するメリットは、大きいのかなと思いました。

また、今回ビッグマイナーチェンジをした新型レヴォーグ/レボーグ(LEVORG)のD型のナビは、先代モデルよりも画面サイズが大きい8インチサイズになったのも好印象でした。

新型レヴォーグD型の内装インプレッション:シート編

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型レヴォーグ/レボーグ(LEVORG)のシートは、このようなデザインになっていました。

■新型レヴォーグD型のフロントシート

■新型レヴォーグD型の後部座席

今回私が見たモデル”1.6GT-S アイサイト(Eye Sight)”では、ファブリックとトリコットを組み合わせたブラックカラーコンビシートが標準装備されているのですが、今回私が見たモデルは、メーカーオプションのブライトパールカラーの本革シートを採用したモデルでした。

ちょっと珍しいカラーのシートですよね。

このブライトパールカラーは、GT-S系グレードの専用カラーになっているのですが、このシートを選択すると、内装・インテリアが近未来感があるデザインに…。

ブライトパールカラーのシートは好き嫌いがハッキリと分かれそうですが、ちょっとインパクトのある内装・インテリアに挑戦してみたい方には、良いのかなと思いました。

シートヒーターを標準装備

また、今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型レヴォーグ/レボーグ(LEVORG)のD型を見て、嬉しいと思った機能の一つが、シートヒーターです。

今までシートヒーターは標準装備ではなく、本革シートとセットになっていたんですよね。なので、泣く泣くシートヒーターを諦めていた人も…。

しかし、今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型レヴォーグ/レボーグ(LEVORG)では、最廉価モデルの”1.6GT アイサイト(Eye Sight)”を除いてすべてのグレードで、2段階の温度調節機能付きのシートヒーターが標準装備されました。

これはかなり嬉しいですよね。

ちなみに、シートヒータースイッチは、ドリンクホルダーの横の部分に設置されています。

■新型レヴォーグのシートヒータースイッチ

シートヒーターが標準装備された事はあまり話題になっていないみたいですが、個人的には、この変更はかなり嬉しかったです。

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売されたスバルの新型レヴォーグ/レボーグ(LEVORG)のD型の内装・インテリアは、このようなデザインになっていました。

このD型モデルの内装・インテリアは、センターコンソールやドア内側パネルのスイッチベース(パワーウィンドウ等のスイッチパネル)に高級感のあるピアノブラック調のパネルを採用。

先代モデルよりも上質感のある内装・インテリアになっているように感じました。

また、マルチファンクションディスプレイ(MFD)の画面サイズが大きくなり、視認性が良くなったのも好印象でした。

もしこれからこの新型モデルを見に行く方は、新しいデザインになった内装・インテリアにも注目をしてみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする