ノーマル車との違いは?新型レヴォーグSTI D型のメーターを実車画像で徹底解剖

2017年7月、レガシィのDNAを引き継いだスバルの人気スポーツツアラーの新型レヴォーグ/レボーグ(LEVORG)が3度目の年次改良を行い、D型が新発売されましたね。

今回新発売されたD型は大きく分けてノーマルモデルと、スポーティーさに特化をした”STIスポーツ(STI SPORT)”が発売されていますが、外装・内装のデザインが全く異なります。

>>> 新型レヴォーグSTIスポーツの外装画像【先代モデルよりも進化したポイントとは?】

また、新型レヴォーグ/レボーグ(LEVORG)のD型のSTIスポーツ(STI SPORT)とノーマルモデルでは、メーターのデザインも異なります。

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型レヴォーグ STIスポーツ(LEVORG STI SPORT)のD型のメーターは、どのようなデザインになっているのでしょうか?また、ノーマルモデルとは、どのような違いがあったのでしょうか?

先日、STIスポーツ(STI SPORT)の展示車を見に行った際、専用メーターのデザインも確認したので、実車画像を交えて紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型レヴォーグSITスポーツのメーター画像インプレ

今回ビッグマイナーチェンジをして新しいデザインに生まれ変わった新型レヴォーグ STIスポーツ(LEVORG STI SPORT)のD型の内装・インパネは、このようなデザインになっています。

■新型レヴォーグSTIスポーツD型のインパネ

ノーマルモデルがブラックを基調にブルーのアクセントカラーを採用しているのに対し、このSTIスポーツ(STI SPORT)は、ボルドーの内装色を採用。ラグジュアリー感が漂う大人っぽい内装・インテリアになっているように感じました。

また、ハンドルやシフトレバーには、レッドのステッチが入っており、ラグジュアリー感だけではなく、スポーティーさも兼ね備えた内装・インテリアのデザインになっているように感じました。

>>> 新型レヴォーグSTIスポーツD型の専用デザインの内装を徹底チェック!

このようにラグジュアリー感とスポーティーさを兼ね備えた新型レヴォーグ STIスポーツ(LEVORG STI SPORT)の内装・インテリアですが、メーターは、このようなデザインになっています。

自発光式のメーターを採用していおり、エンジンを立ち上げていない時のデザインは、ノーマルモデルと同じデザインになっています。そして、エンジンを立ち上げると、このような感じ…。

■新型レヴォーグSTIスポーツD型のメーター

■新型レヴォーグ ノーマルモデルのメーター

ノーマルモデルのメーターはアイスブルーのアクセントカラーを採用していたのに対し
このSTIスポーツ(STI SPORT)は、レッドのアクセントカラーに…。

スタイリッシュなデザインになっているのノーマルモデルのメーターと対極に位置をするようなワイルド&スポーティーな雰囲気のメーターになっているように感じました。

また、新型レヴォーグ STIスポーツ(LEVORG STI SPORT)の左側に設置をしてあるタコメーターには、STIロゴがあしらわれており、所有満足度を高めてくれるデザインになっているのも好印象でした。

先代モデルのメーターと違いはあった?

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型レヴォーグ STIスポーツ(LEVORG STI SPORT)のD型の外装や内装はデザインが一新され、高級感・上質感を感じるデザインになりましたが、メーターのデザインは、どうだったのでしょうか?

ディーラーさんにも確認をしてみたのですが、今回新発売されたD型のタコメーターやスピードメーターのデザインに違いは無いようです。

ただ、今回新型レヴォーグ/レボーグ(LEVORG)では、スバルの安全装備”アイサイト(Eyesight)”に新機能のツーリングアシストが装備されました。

なので、クルーズコントロールを採用した際など、タコメーターとスピードメーターの間にある3.5インチサイズのマルチインフォメーションの表示項目に若干の違いがあるようですよ。

■新型レヴォーグSTIのマルチインフォメーションディスプレイ

専用デザインのマルチファンクションディスプレイにも注目

また、今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型レヴォーグ STIスポーツ(LEVORG STI SPORT)の注目ポイントの一つが、インパネの中央上部に設置されてるマルチファンクションディスプレイ(MFD)です。

私が実車を見て印象的だったのが、このマルチファンクションディスプレイ(MFD)のフード部分のデザイン。

ノーマルモデルでは、ハンドルやシフトレバー、シートのステッチとマッチをしたブルーのステッチが入っているのに対し、このSTIスポーツ(STI SPORT)では、マルチファンクションディスプレイのフードに赤いステッチを採用していました。

■ノーマルモデルのマルチファンクションディスプレイ

■STIスポーツのマルチファンクションディスプレイ

このマルチファンクションディスプレイの雰囲気が、全く違いますよね。
また、ブルーのステッチを施したノーマルモデルよりも見た目のインパクトがあります。

STIスポーツ(STI SPORT)のマルチファンクションディスプレイに施されている赤いステッチは、落ち着いた雰囲気のある内装・インパネにもマッチをしていて、とても良いデザインになっているように感じました。

ちなみに、新型レヴォーグ STIスポーツ(LEVORG STI SPORT)のD型に用意されているマルチファンクションディスプレイ(MFD)の表示項目は、ノーマルモデルと違いはありませんでした。

ただ、4.3インチから5.9インチへと画面サイズが大きくなり、表示内容が見やすくなったD型のマルチファンクションディスプレイ(MFD)は、大満足でした。

>>> マルチファンクションディスプレイの表示項目を確認したい方は、コチラから

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型レヴォーグ STIスポーツ(LEVORG STI SPORT)の専用デザインのメーターは、このようなデザインになっていました。

STIスポーツ(STI SPORT)はノーマルモデルと異なり、専用の赤いラインを採用。
ノーマルモデルよりもワイルドさを感じるデザインになっているように感じました。

また、タコメーターに施されているSTIスポーツ専用ロゴもワンポイントアクセントになっていて、好印象でした。

この新型レヴォーグ STIスポーツ(LEVORG STI SPORT)と、ノーマルモデルの内装・インテリアのデザインは、全くの別物です。

どちらのモデルを購入しようか迷っているのなら、デザインが全く異なる内装・インテリアやメーターのデザインを見比べるのも、良いかもしれませんね。

>>> 新型レヴォーグD型の最新の記事一覧に戻る <<<

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする