【画像大量】新型N-BOXカスタムの外装|先代よりも控えめな顔つきに!?

2017年7月にホンダの人気スーパーハイト系ワゴンの新型N-BOX(Nボックス)が、初となるフルモデルチェンジを行いました。

ノーマルモデルは先代のコンセプトをそっくりそのまま引き継いたようなデザインになっていたため、外装・エクステリアに大きな違いはありませんでした。

>>> 新型N-BOX ノーマルモデルの外装インプレッションは、こちらから

しかし、今回フルモデルチェンジをして新発売されたカスタムは、先代モデルと全く異なるテイストのデザインに…。先代モデルよりも柔らかな印象の外装・エクステリアになっていました。また、装備&機能面が充実しているのも印象的でした。

ガラリとテイストが変わったホンダの新型N-BOXカスタム(N-BOX Custom)の外装・エクステリアは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?

先日、このカスタムの外装・エクステリアの写真を撮ってきたので、実車画像を使って、徹底的にレビューをしたいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型N-BOXカスタムの外装レビュー:正面から

今回フルモデルチェンジをして新発売されたホンダの新型N-BOXカスタム(N-BOX Custom)を正面から見た時の、外装・エクステリアは、このようなデザインになっています。

■新型N-BOXのフロントマスク

今回私が見たモデルは、ソファーシートを採用しているカスタムのG Lターボ。

また、ボディカラーは、スポーティーさを感じる”ブリリアント スポーティーブルーメタリック×ブラック”の2トーンカラーだったのですが、先代モデルと全く異なる雰囲気の外装・エクステリアになっていました。

ちなみに、先代モデルの外装・エクステリアは、このようなデザインに…。

■先代モデルのN-BOX

フロントマスクのデザインが全く異なりますよね。

先代モデルはフロントグリルのメッキパーツを強調した、押し出し感の強いデザインに…。

しかし、今回新発売をした新型モデルは、先代モデルのワイルドなテイストから一転して、かなり柔らかい雰囲気の外装・エクステリアになったように感じました。

先代モデルのヤンチャな雰囲気は無くなりましたが、これはこれでなかなか良いデザインなのかなと、思いました。

また、先代モデルは”若者向け”のクルマと言った感じでしたが、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型N-BOXカスタム(N-BOX Custom)は、年配の方が運転をしていても違和感のないデザインになっているように感じました。

流れるウィンカーを軽自動車で初採用

また、今回フルモデルチェンジをして新発売されたホンダの新型N-BOXカスタム(N-BOX Custom)の外装・エクステリアの注目の装備の一つが、ヘッドライトのデザインです。

今回フルモデルチェンジをして新発売されたこの新型モデルのカスタムでは、フルLEDのヘッドライトを標準装備。実際にこの新型モデルのヘッドライトを点灯してみると、このような感じになります。

コの字型に点灯をするポジションランプがインパクトがありますね。
また、3連式になっているフォグランプも好印象でした。

ディーラーさんは、「普通乗用車に負けないだけの装備を付けた。」と、言っていましたが、ディーラーさんが言っている事に納得できるデザイン&装備になっているなと、思いました。

また、フルLEDを採用した新型N-BOXカスタム(N-BOX Custom)のヘッドライトで一番驚いた事が、シーケンシャルターンライト(流れるウィンカー)が標準装備されていた事です。

■N-BOXカスタムのシーケンシャルターンライト(流れるウィンカー)

このシーケンシャルターンライト(流れるウィンカー)が必要かどうかは別にして、まだ一部の高級車にしか採用されていないこのウィンカーが、軽自動車で採用されてたのは、ちょっと驚きでした。

ちなみに、シーケンシャルターンライト(流れるウィンカー)が搭載されたのは、ホンダの新型N-BOX(Nボックス)が初めてです。

もしかしたら、これから発売されるホンダのクルマには、続々とシーケンシャルターンライト(流れるウィンカー)がされ始めるのかもしれませんね。

新型N-BOXカスタムの外装レビュー:横から

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型N-BOXカスタム(N-BOX Custom)を横から見ると、このようなデザインになっています。

今回私が見たモデルのボディカラーは、ブリリアント スポーティーブルーメタリック×ブラック”の2トンカラーと言う事もあり、思ったよりも引き締まった印象に…。

サイドミラーもルーフと同じブラックカラーになている事もあり、思ったよりも引き締まったデザインになっているように感じました。また、メッキ調になっているアウトドアハンドルもワンポイントアクセントになっていて、好印象でした。

カスタムは、アルミホイールを採用

また、今回フルモデルチェンジをして新発売されたホンダの新型N-BOXカスタム(N-BOX Custom)の注目の装備の一つが、タイヤ&ホイールのデザインです。

カジュアルなデザインが特徴のノーマルモデルでは、スチールホイールを装備しているのですが、このカスタムでは切削加工&ブラック塗装をしたアルミホイールを標準装備。

なので、ノーマルモデルと比較すると、スタイリッシュな足回りになっています。

また、新型N-BOXカスタム(N-BOX Custom)では、ターボ車とノンターボ車で、サイズやデザインが異なるタイヤ&ホイールを用意しています。

このターボ車とノンターボ車のタイヤ&ホイールの違いも、カスタムの外装・エクステリアの注目ポイントの一つなのかなと思いました。

ちなみに、今回私が見たカスタムの”G Lホンダセンシング”の足回り確認したところ、このようなデザインの14インチサイズのタイヤ&ホイールになっていました。

■新型N-BOXカスタムのタイヤ&ホイール

新型N-BOXカスタムの外装レビュー:後ろから

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型N-BOXカスタム(N-BOX Custom)の後ろ姿は、このようなデザインになっています。

ノーマルモデルと異なり、カスタムには大型テールゲートスポイラーが装備されており、迫力のあるリヤビューになっているように感じました。

スタイリッシュなリヤコンビネーションランプにも注目

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型N-BOXカスタム(N-BOX Custom)の後ろ姿で注目なのは、リヤコンビネーションランプ。

この新型モデルのリヤコンビネーションランプは、ヘッドライトと同様にフルLEDを採用。

実際に点灯をしてみると、このようになります。

また、ウィンカーを点灯してみると、このようなデザインになります。

かなりオシャレなデザインですよね。

ライン状に発光しているのがテールランプとなっており、ストップランプはガーニッシュを挟んだ内側で四角く点灯をします。

この精悍さが増した新型N-BOXカスタム(N-BOX Custom)の後ろ姿は、個人的にはとても良いと思いました。

2017年7月にフルモデルチェンジをして新発売されたホンダの新型N-BOXカスタム(N-BOX Custom)の外装・エクステリアは、このようなデザインになっていました。

この新型モデルのカスタムは、先代モデルとテイストが大幅に変わり、柔らかな見た目になった印象が…。また、シーケンシャルターンライトなど、競合車・ライバル車よりも装備や機能が充実しているのも魅力の一つだと思いました。

ちなみに、この新型N-BOXカスタム(N-BOX Custom)の内装・インテリアも外装に負けないくらいオシャレなデザインになっています。

普通乗用車と比較しても遜色ないデザインになっている内装・インテリアも外装と同様に要チェックですよ!

>>> 新型N-BOXの記事一覧に戻る <<<

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする