新型N-BOXカスタムの内装|普通乗用車に匹敵するインテリアを徹底解剖

2011年に発売されて以来、トップクラスの売り上げを誇るホンダの人気モデル新型N-BOX(Nボックス)が、フルモデルチェンジを行いましたね。

先日、この新型モデルを見に行ってきたのですが、カスタムの外装にビックリ!
先代モデルと全く異なる大人っぽい外装・エクステリアになっていました。

>>> 【画像大量】新型N-BOXカスタムの外装|先代よりも控えめな顔つきに!?

そんな新型N-BOXカスタム(N-BOX Custom)ですが、外装に負けず劣らず内装もオシャレなデザインに…。使い勝手とデザイン性の良さの両方を兼ね備えた内装・インテリアになっているように感じました。

そんなカスタムの内装・インテリアを確認してきたので、実車画像を使って紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型N-BOXカスタムの内装画像レビュー:インパネ編

今回フルモデルチェンジをして新発売されたホンダの新型N-BOXカスタム(N-BOX Custom)の内装・インテリアは、このようなデザインになっています。

■カスタムの内装・インテリアのデザイン

ちなみに、こちらはノーマルモデルのインパネです。

基本的なインパネ・内装のデザインは、全く同じになっています。

ただ、ベージュやブラウンなど明るいカラーをノーマルモデルでは採用していたのに対し、この新型モデルでは、ブラックをベースにバーガンディーやブロンズカラーをアクセントカラーに採用したデザインに…。

ノーマルモデルと比較して、このカスタムの内装・インテリアは大人っぽく、そして、モード感のある内装・インテリアになっているように感じました。

新型N-BOXカスタムのインパネで印象的だったのは…

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型N-BOXカスタム(N-BOX Custom)のインパネ・内装で印象的だったのは、助手席側のダッシュボードやドア内側パネルに採用されていたパネルのデザイン。

最初このカスタムのパネルを見た時、光沢感のあるオシャレなブラックだと思っていたのですが、このカスタムでは、新開発されたブロンズカラーのパネルを車内のアクセントに使用。

■助手席側のダッシュボード

■ドア内側パネル

実際に見てみると、このブロンズカラーのパネルが意外とオシャレです。

この艶やかさのあるブロンズカラーのパネルは、太陽の光の当たり具合や時間によって、ブラウンやブラックなど見え方が変わるのが、好印象でした。

また、ターボ車では、ホワイトのステッチが入ったハンドル・ステアリングホイールが採用されるなど、普通乗用車と比較しても見劣りをしない装備や機能を備えているのも、この新型N-BOXカスタム(N-BOX Custom)の特徴の一つなのかなと思いました。

メーターのデザインもカスタム専用

先代モデルと異なりダッシュボードの上にメーターを搭載した”アウトホイールメーター”を採用しているホンダの新型N-BOXカスタム(N-BOX Custom)ですが、メーターのデザインもカスタム専用になっています。

■新型N-BOXカスタムのメーター

このカスタムのメーターは、スピードメーターやタコメーターにシルバーのリングを採用して、クッキリとしたインパクトがあるデザインになっているように感じました。

また、タコメーターとスピードメーターの間にあるマルチインフォメーションディスプレイには道路標識が表示されるなど、視認性&情報量に優れているのも好印象でした。

ちなみに、ノーマルモデルとの違いやマルチインフォメーションディスプレイの表示項目を確認したい方は、こちらの記事にまとめているので、ごもしよかったら参考にしてみてくださいね。

>>> 新型N-BOXのメーター画像レビュー【カスタムとノーマルモデルの違いは?】

新型N-BOXカスタムの内装画像レビュー:シート編

今回フルモデルチェンジをして新発売されたホンダの新型N-BOXカスタム(N-BOX Custom)のシートは、ターボ車とノンターボ車でデザインが若干異なります。

■新型N-BOXカスタムのノンターボ車のシート

■新型N-BOXカスタムのターボ車のシート

どちらのモデルもブラックを基調にしたシートになっています。

しかし、ノンターボ車は全面トリコット素材を使用しているのに対し、ターボ車はシートのサイドに合成レザー(プライムスムース)を採用したコンビシートを採用。

ターボ車のシートに採用されているプライムスムース部分には、ホワイトのステッチも入っており、車内の上質感がワンランク上になったように感じました。

シートの中央のアクセントカラーの存在感にビックリ…

また、今回フルモデルチェンジをして新発売されたホンダの新型N-BOXカスタム(N-BOX Custom)のシートの中央には、茶色っぽいラインが入っています。

ラインは太めの設定になっているため、かなりインパクトがありますよね。
また、このラインに入っている模様もとても良い味を出しているなと感じました。

そんなカスタムに採用されているアクセントラインを近くて見てみると、このような感じになっています。

このシートの中央に施してる茶色のラインに触れてみると立体感があり、革を組み合わせたような手触りに…。

この本物感が新型N-BOXカスタム(N-BOX Custom)の内装・インテリアの質の高さに繋がっているのかなと、思いました。

後部座席の使い勝手の良さも好印象

このようなデザインになっているホンダの新型N-BOXカスタム(N-BOX Custom)の後部座席ですが、使い勝手の良さも注目ポイントの一つです。

この新型モデルの後部座席は、このように前後スライド機能やリクライニング機能が全グレード標準装備されています。

実際にこの新型モデルの後部座席を前後にスライドしてみると、このような感じ。

十分なスライド幅ですよね。
後部座席のスライド幅も約190mmあり、荷室・ラゲッジスペースの

また、この新型モデルの後部座席を一番前にスライドしても、十分な足元空間(ニークリアランス)を備えているのも好印象でした。

ターボ車の後部座席には…

また、ノーマルモデルと同様に新型N-BOXカスタム(N-BOX Custom)のターボ車では、後部座席の中央にセンターアームレストが標準装備されます。

■カスタムの後部座席のセンターアームレスト

軽自動車でセンターアームレストが装備されているのは、珍しいですよね。

ダイハツのタント(TANTO)、スズキのスペーシア(SPACIA)、日産のデイズルークス(DAYZ ROOX)など競合車・ライバル車の後部座席には、このようなセンターアームレストが装備されていません。

他のスーパーハイト系ワゴンも十分な広さを確保しているのですが、居心地の良さは、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型モデルが、頭一つ抜き出ているのかなと思いました。

ちなみに、新型N-BOX(Nボックス)では、ターボ車とノンターボ車を用意していますが、後部座席のセンターアームレスト以外にも様々な違いがあります。

もしターボ車のノンターボ車の内外装の装備や機能の違いが気になる方は、コチラの記事を参考にしてみてくださいね。

>>> 新型N-BOXの内装【ターボ車とノンターボ車の違いは、コチラから】

今回フルモデルチェンジをして新発売されたホンダの新型N-BOXカスタム(N-BOX Custom)の内装・インテリアは、このようなデザインになっていました。

このカスタムはブラックを基調にしたスタイリッシュなデザインに…。
ノーマルモデルのような開放感はありませんが、落ち着いた雰囲気のデザインを好む人には、ピッタリの内装・インテリアのデザインになっているのかなと思いました。

>>> 明るい車内が特徴の新型N-BOXのノーマルモデルの内装を確認してみる

ホンダの新型N-BOX(Nボックス)のノーマルモデルとカスタムで、機能や装備に大きな差はありません。なので、外装や内装の好みでモデル選びをするのも良いと思いますよ。

>>> 新型N-BOXの記事一覧に戻る <<<

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする