【画像大量】新型N-BOXの外装レビュー【愛嬌のある見た目を徹底解説】

2017年8月、ホンダの人気軽自動車新型N-BOX(Nボックス)がフルモデルチェンジをして、新発売されましたね。

今回新発売されたこの新型モデルは先代モデルと同様にカスタムとノーマルモデルを用意しているのですが、どちらのモデルも先代の良いところをしっかりと引き継いだデザインに…。ただ、各パーツを確認すると先代モデルよりも格段に進化をしているように感じました。

特に印象的だったのは、ノーマルモデルの外装・エクステリア。

先日、フルモデルチェンジをした新型N-BOX(Nボックス)のノーマルモデルは、愛嬌のある見た目になっているのですが、LEDヘッドライトやリヤコンビネーションランプを採用するなど、スタイリッシュさも兼ね備えたデザインになっているように感じました。

そんな新型N-BOX(Nボックス)のノーマルモデルの外装・エクステリアを確認してきたので、実車画像を使って、徹底的にレビューしたいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型N-BOX(Nボックス)の外装レビュー:正面から

今回フルモデルチェンジをして新発売されたホンダの新型N-BOX(Nボックス)を正面から見ると、このようなデザインになっています。

■新型N-BOXの外装画像(フロントマスク)

今回新発売された新型車のノーマルモデルは、大きめのヘッドライトが印象的な愛嬌のあるデザインに…。

どことなくレトロ感のある顔つきになっており、誰からも愛されるフロントマスクになっているなと感じました。

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型N-BOX(Nボックス)のフロントマスクは、先代モデルに近いデザインになっています。ただ、先代モデルよりもフロントロアグリルが大きくなり、よりどっしりとしたデザインになっているように感じました。

ヘッドライトを点灯すると、さらにキュートな顔つきに…

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型N-BOX(Nボックス)の外装・エクステリアで印象的だったのは、ヘッドライトのデザイン。

先代と同様に丸型のデザインになっていますが、この新型モデルではLEDのヘッドライトライトを点灯した時の印象がが全く異なります。

実際にこの新型モデルのヘッドライトを点灯してみると、このような感じ…。

ヘッドライトを取り囲むLEDのポジションランプが印象的ですよね。
ライトを点灯した時のフロントマスクは、よりキュートで愛嬌のある顔つきになっているように感じました。

また、特別な加工が施されているようでLEDライトの光が柔らかくなっているのが、このクルマらしくて、好印象でした。

ウィンカーのデザインも印象的

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型N-BOX(Nボックス)のノーマルモデルは、ウィンカーも印象的なデザインになっています。

実際にこの新型モデルのウィンカー(ターンランプ)を確認してみると、このような感じ。

■新型N-BOXのウィンカー

この新型モデルのウィンカーは、”鍵カッコ”のようなデザインに…。

N-BOXカスタムの精悍なデザインのヘッドライト&シーケンシャルターンランプも良かったですが、この愛嬌のあるノーマルモデルのヘッドライト&ターンランプもなかなか良いデザインだと思いました。

新型N-BOX(Nボックス)の外装レビュー:横から

今回フルモデルチェンジをして新発売されたホンダの新型N-BOX(Nボックス)のノーマルモデルを横から見ると、このようなデザインになっています。

■新型N-BOXの外装画像(サイドビュー)

今回発売された新型モデルも先代と同様にサイドウィンドウの下端が、競合車・ライバル車の中では高めの設定になっており、ドッシリとした印象が…。

また、アウトドアハンドルと同じ高さにキャラクターラインが良い味を出しています。

今回生まれ変わった新型N-BOX(Nボックス)は、キュートなフロントマスクと裏腹に精悍なサイドビューになっているように感じました。

乗降性は相変わらず抜群

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型N-BOX(Nボックス)のスライドドアを開けた時の様子は、このようになっています。

競合車・ライバル車の一つでもあるミラクルオープンドアを採用しているダイハツのタント(TANTO)よりは、当然開口部は狭くなっています。

しかし、この新型モデルは競合車・ライバル車よりも床が低くなっているため、乗り降りがとてもしやすいです。しかも、この新型モデルは、先代モデルよりもさらに床の位置を低く設定しているようですよ

スライドドアの開口部も広く、スムーズに出入りができる乗降性の良さは新型N-BOX(Nボックス)の魅力の一つなのかなと思いました。

ノーマルモデルに採用されているタイヤ&ホイールは14インチ

今回フルモデルチェンジをして新発売されたホンダの新型N-BOX(Nボックス)のタイヤ&ホイールは、このようなデザインになっています。

■新型N-BOXノーマルモデルのタイヤ&ホイール

ノーマルモデルは、全グレード共通して14インチのフルキャップ付きのスチールホイールを標準装備。

個人的には、ノーマルモデルの最上位モデルの”G EXグレード”では、アルミホイールを装備しても良かったのかなと思いました。

新型N-BOX(Nボックス)の外装レビュー:後ろから

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型N-BOX(Nボックス)の後ろからのデザインは、このようになっています。

■新型N-BOXの外装画像(後ろ姿)

上部がボディよりはみ出しているようなデザインになっている、LEDのリヤコンビネーションランプが印象的ですよね。

実際にリヤコンビネーションランプを点灯してみると、このようなデザインになっています。

このノーマルモデルでは、ターンランプとバックライトをLEDのテールランプで取り囲むデザインに…。導光チューブを採用してスタイリッシュになったこの新型モデルの後ろ姿は、注目ポイントの一つなのかなと思いました。

今回フルモデルチェンジをして新発売されたホンダの新型N-BOX(Nボックス)のノーマルモデルの外装・エクステリアは、このようなデザインになっていました。

このノーマルモデルは先代モデルと同じ愛嬌のある顔つきに…。
特にヘッドライトを点灯した時の表情は、好印象でした。

もしこれから新型N-BOX(Nボックス)を見に行く際は、ぜひともヘッドライトを点灯した時の表情にも注目をしてみてくださいね。

ちなみに、個人的には、凛々しいフロントマスクになったカスタムよりもキュートさのあるノーマルモデルの方が好みでした。

>>> 新型N-BOXの記事一覧に戻る <<<

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする