内装に違いはある?新型N-BOXのノーマル車のG LとG EXを比較

2011年に発売されて以来、トップクラスの人気と売り上げを誇るホンダのスーパーハイト系ワゴンの新型N-BOX(Nボックス)が、初のフルモデルチェンジを行いましたね。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型モデルのノーマルモデルは、3つのグレードを用意しているのですが、特に人気が高いのは”G Lホンダセンシング”と”G EXホンダセンシング”となっています。

そんな新型車のノーマル車の”G Lグレード”と”G EXグレード”の外装・エクステリアに違いは、ありません。

>>> 新型N-BOXのノーマル車の外装【G EXとG Lのエクステリアを比較してみた】

ただ、この2台のモデルの内装・インテリアのデザインや装備には、若干の違いがありました。

今回フルモデルチェンジをして新発売されたホンダの新型N-BOX(Nボックス)の”G Lグレード”と”G EXグレード”の内装・インテリアには、どのような違いがあるのでしょうか?

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型N-BOX(Nボックス)の”G Lグレード”と”G EXグレード”の内装・インテリアを実車画像を使って、比較してみたいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型N-BOXのG LグレードとG EXグレードの内装比較

今回フルモデルチェンジをして新発売されたホンダの新型N-BOX(Nボックス)のノーマルモデルの”G Lグレード”と”G EXグレード”の内装・インテリアは、それぞれこのようなデザインになっています。

■G Lグレードの内装・インテリア

■G EXグレードの内装・インテリア

今回私が見たモデルの”G Lグレード”はターボ車、そして、”G EXグレード”はノンターボ車と言う事で搭載しているエンジンが異なるので、ハンドルやシフトレバーのデザインが若干異なります。

ただ、ブラウンとベージュを基調として、助手席のダッシュボードやドア内側パネルの車内の明るさを強調する白っぽいマックスアイボリーをアクセントカラーに採用しているところなど、基本的な内装・インテリアのデザインは同じになっています。

ただ、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型N-BOX(Nボックス)の”G Lグレード”と”G EXグレード”の内装・インテリアでは、次のような違いがありました。

違い1:助手席のデザイン&機能性

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型N-BOX(Nボックス)の”G Lグレード”と”G EXグレード”の大きな違いの一つが、助手席のデザインと機能性。

中間モデルの”G Lグレード”は一般的なソファーシートを採用しているのに対し、最上位モデルの”G EXグレード”は軽自動車で初となる助手席のスーパースライドシート機能を採用してます。

■”G Lグレード”のソファーシート

■”G EXグレード”の助手席スーパースライドシート

なので、この2台のモデルの助手席の機能性は、全く異なります。

例えば、スーパースライドシート機能を採用している新型N-BOX(Nボックス)の”G EXグレード”の助手席を一番後ろまでスライドすると、このような感じに…。

ちなみに、こちらは”G Lグレード”の助手席を一番後ろまでスライドした時の様子。

助手席の位置がかなり違うのが分かりますよね。

実際に”G EXグレード”の助手席を一番後ろまでスライドした状態で座ってみると、身長175cmある私が足を伸ばしてもダッシュボードに足がつきません。

なので、新型N-BOX(Nボックス)の助手席の居住性・快適性は、ソファーシートを採用している”G Lグレード”よりもスーパースライド機能を搭載している”G EXグレード”方が優れていると思います。

また、”G EXグレード”の助手席を一番前にスライドして背もたれを前に倒すと、後部座席から運転席へダイレクトにアクセルする事も可能です。

フロントシートから後部座席に移動をする際にわざわざ外に出なくて良いのは、嬉しいですよね。

この車内の使い勝手の良さも、助手席スーパースライドの大きな魅力の一つなのかなと、思いました。

ちなみに、ホンダの新型N-BOX(Nボックス)の最上位モデル”G EXグレード”の助手席スーパースライドシート機能を使った率直な感想はこちらの記事にまとめてあるので、気になる方は、確認をしてみてくださいね。

>>> 新型N-BOXの助手席スーパースライドシートを実際に使ってみた感想

違い2:収納スペース

今回フルモデルチェンジをして新発売されたホンダの新型N-BOX(Nボックス)の”G Lグレード”と”G EXグレード”では、収納スペースの数やデザインも異なります。

例えば、”G Lグレード”ではインパネの中央下部に引き出して使えるインパネロアボックスが用意されていますが、最上位モデルの”G EXグレード”では、装備されていません。

■”G Lグレード”のインパネロアボックス

■”G EXグレード”のインパネ下部のデザイン

また、”G Lグレード”では、インパネロアボックスの近くにコンビニフックが用意されているのですが、”G EXグレード”では、コンビニフックも装備されていません。

■”G Lグレード”のコンビニフック

ちょっとコレは、残念ですよね。

ドア内側パネルのデザインにも違いが…

さらに、ホンダの新型N-BOX(Nボックス)の”G Lグレード”と”G EXグレード”では、このインパネの収納スペースだけでなく、助手席側のドア内側パネルに用意されている収納スペース・小物入れにも違いがあります。

“G Lグレード”では、このように助手席側のドア内側パネルの下部にドリンクホルダー&冊子用の収納スペース・小物入れが用意されています。

■G Lグレードの助手席側のドア内側パネル

一方、最上位モデルの”G EXグレード”の助手席側のドア内側パネルには、ドリンクホルダーが収納できるスペースが用意されていません。

■G EXグレードの助手席側のドア内側パネル

なので、新型N-BOX(Nボックス)の最上位モデル”G EXグレード”の運転席周りのドリンクホルダーは3つとなっており、”G Lグレード”よりも一つ少なくなります。

なぜ”G EXグレード”は収納スペースやドリンクホルダーが少ないのか分かりませんが、この違いは、”G EXグレード”の欠点・残念なポイントの一つなのかなと思いました。

今回、フルモデルチェンジをして新発売されたホンダの人気軽自動車の新型N-BOX(Nボックス)のノーマルモデルの”G Lグレード”と”G EXグレード”の内装・インテリアを比較したところ、このような違いがありました。

この2台のモデルの大きな違いの一つが、助手席のスーパースライドシートの有無です。

ノーマルモデルの場合、車体価格もかなり違うので、助手席のスーパースライドシートが必要かどうかで、グレード選びをするのが良いかもしれませんね。

また、ホンダの新型N-BOX(Nボックス)のノーマルモデルの内装・インテリアは、ターボ車/ノンターボ車で、このようにデザインが若干異なります。

このようにターボ車とノンターボ車で内装・インテリアの上質感が異なるので、コチラにも注目をしてみてくださいね。

>>> 新型N-BOXの記事一覧に戻る <<<

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする