新型N-BOXのメーター画像レビュー【カスタムとノーマルモデルの違いは?】

トップクラスの人気を誇るホンダの軽自動車新型N-BOX(Nボックス)が、2017年8月に初のフルモデルチェンジを行いましたね。

先日、フルモデルチェンジをして新発売された2代目モデルを見に行ってきたのですが、先代モデルよりも格段に進歩したと感じたのが、内装・インテリアのデザインです。

特にインパネは先代モデルよりも収納スペースが多くなり、小さいお子さんがいるご家庭には嬉しい、使い勝手の良いデザインになっているように感じました。

>>> 新型N-BOXの内装画像レビュー【注目ポイントを実車画像でわかりやすく紹介】

また、今回新発売された新型N-BOX(Nボックス)の内装・インテリアを確認してみて、印象的だったのは、メーターのデザイン。

この新型モデルでは、ダッシュボードの上にメーターを配置するデザインに…。
マルチインフォメーションディスプレイも搭載され、普通乗用車と比べても遜色ないデザインになっているように感じました。

また、ノーマルモデルとカスタムでデザインが異なるのも印象的でした。

今回フルモデルチェンジをして新発売されたこの新型モデルのメーターは、どのようなデザインになっているのでしょうか?また、ノーマルモデルとカスタムでは、どのような違いがあるのでしょうか?

先日、この新型モデルのメーターを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

ホンダ新型N-BOXのメーター画像インプレッション

今回フルモデルチェンジをして新発売されたホンダのスーパーハイト系ワゴンの新型N-BOX(Nボックス)のメーターは、このようなデザインになっています。
(ちなみに、こちらはカスタムのメーターです。)

■新型N-BOXのメーター

先代モデルはハンドル・ステアリングホイールの間から覗きこむような一般的なデザインのメーターを採用していました。

■先代モデルのメーター

しかし、今回新発売された新型モデルでは、ダッシュボードの上にメーターを配置したアウトホイールメーターを採用。そのため、先代モデルと異なり、この新型モデルでは、横に広いワイドなデザインのメーターになっていました。

そんな新型N-BOX(Nボックス)のメーターを立ち上げると、このようなデザインになります。

かなりオシャレですよね。

自発光式のメーターを採用しており、普通乗用車と比べても遜色のないデザインになっているように感じました。

新しいデザインになった新型N-BOXのメーターを徹底チェック

このように新しいデザインになったホンダの新型N-BOX(Nボックス)ですが、どのようなメーターが用意されているのでしょうか?

この新型モデルのメーターは、基本的には左側にタコメーターを、そして、右側にスピードメーターを配置した2眼式のメーターになっています。

■新型N-BOXのタコメーター

■新型N-BOXのスピードメーター

そして、床に広いデザインになっている新型N-BOX(Nボックス)のスピードメーターとタコメーターの間には、ガソリンタンクの残量とシフトレバーのポジションを表示してくれる液晶ディスプレイを配置しています。

クルマによっては、シフトレバーがどのポジションにはいっているのかわかりにくいものもありますが、この新型モデルは、シフトレバーのポジションをわかりやすく大きく表示してくれます。

最近シフトレバーの入れ間違いの事故を防ぐのに一役を買ってくれるのかなと思いました。

マルチンフォメーションディスプレイを初めて搭載

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型N-BOX(Nボックス)では、メーター内の左側に様々な情報を表示してくれるマルチインフォメーションディスプレイを初めて搭載しました。

■新型N-BOXのマルチインフォメーションディスプレイ

画面サイズも4.2インチあり、運転席からの視認性もかなり良いです。

ディーラーさんは、「今回フルモデルチェンジをして新発売した新型N-BOX(Nボックス)は、普通乗用車と比較しても遜色ないレベルに仕上げました。」と、豪語していましが、このメーターは、まさに軽自動車のレベルを遥かに超えていると思いました。

マルチインフォメーションディスプレイの表示項目は?

このようなデザインになっているマルチインフォメーションディスプレイですが、どのような表示項目を用意しているのでしょうか?

ハンドル・ステアリングホイールの右側にあるステアリングスイッチを操作してみたところ、このような表示項目が用意されていました。

■新型N-BOXのステアリングスイッチ

■航続可能距離/平均燃費表示/瞬間燃費表示

■平均車速表示/経過時間

■オイルメンテナンス表示

■時計/日付表示

■時計/車両設定表示

■コンパス表示

基本的な表示項目は、フィット3(FIT3)などホンダの普通乗用車と同じになっています。

>>> 新型フィットのメーター【マルチインフォメーションの表示項目は?】

ただ、オイルメンテナンス表示など、このクルマに初めて表示されている画面が用意されていたのは、ちょっと驚きでした。

また、新型N-BOX(Nボックス)では、ハンドルの切れ角を表示してくれる”タイヤ角度モニター”を標準装備しています。

■タイヤ角度モニター

駐車をする時など、タイヤの角度がどの向きを向いているのかわからなくなる時ってありますよね。

このタイヤ角度モニターは、バックをする時などにカンタンにタイヤの角度を確認できるのは、とても良いと思いました。

カスタムのノーマルモデルでメーターに違いはある?

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型N-BOX(Nボックス)は、ノーマルモデルとカスタムを用意しています。そして、この2台のモデルでは、メーターのデザインに若干の違いが…。

こちらは、ノーマルモデルのメーター。

そして、こちらはカスタムのメーター。

この2台のモデルのメーターは、基本的には同じデザインにになっています。
また、マルチインフォメーションディスプレイの表示項目にも違いは、ありません。

ただ、上級モデルのカスタムの方はリング周りに太いメッキ調のリングを採用。
ノーマルモデルよりもスタイリッシュさが増したインパクトのあるデザインになっていました。

また、カスタムのタコメーターとスピードメーターの中央は、四角形の凹凸感のあるデザインになっており、ノーマルモデルよりもチカラ強いデザインになっていました。

今回フルモデルチェンジをして新発売されたホンダの新型N-BOX(Nボックス)のメーターは、このようなデザインになっていました。

先代モデルと異なり、この新型モデルは、ダッシュボードの上にメーターが配置されているアウトホイールメーターを採用。

運転中の視認性で若干気になる部分もありましたが、運転中の視線の移動が少なさは、このアウトホイールメーターのメリット&魅力なのかなと、試乗をして思いました。

また、今回新発売された新型N-BOX(Nボックス)では、マルチインフォメーションディスプレイも搭載されており、情報量が増えたのも好印象でした。

もしこれからこのクルマの試乗に行かれる方は、新しいデザインになったこのメーターの操作性や視認性をしっかりと確認してみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする