内装色以外にも違いが?新型N-BOXのノーマルとカスタムの内装を比較

ホンダの人気スーパーハイト系ワゴンの新型N-BOX(Nボックス)が、2017年8月に初めてのフルモデルチェンジを行いましたね。

今回新発売された新型モデルは、先代モデルと同様にノーマル車とカスタムを用意しているのですが、外装・エクステリアの装備に様々な違いがありました。

>>> 新型N-BOXのカスタムとノーマル車の外装の違いは?【実車画像で比較してみた】

また、新型N-BOX(Nボックス)のノーマル車とカスタムは、車内のカラーなど内装・インテリアのデザインも全く異なるのですが、それ以外の装備や機能にも様々な違いが…。

中には、「えっ!?こんな違いもあるの?」と言う装備も…。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型モデルのノーマル車とカスタムの内装・インテリアを比較してみたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型N-BOXの内装【カスタムとノーマルの違いは?】

2017年8月にフルモデルチェンジをして新発売されたホンダの新型N-BOX(Nボックス)のノーマル車の内装・インテリアは、このようなデザインになっています。

■新型N-BOXのノーマル車の内装・インテリア

このノーマル車の内装色は、ベージュ×ブラウンの組み合わせ。

シートは、「カフェのソファー」をイメージしたようで、ノーマル車の内装・インテリアは、温かみのあるデザインになっているように感じました。

一方、スタイリッシュなデザインが特徴の新型N-BOXカスタム(N-BOX Custom)の内装・インテリアは、このようなデザインになっていました。

■新型N-BOXのカスタムの内装・インテリア

インパネやシートの作りなど基本的なデザインは全く同じになっているのですが、カスタムは、スタイリッシュなブラックの内装色を採用。

ブラックルーフを採用している事もあり、引き締まった印象のある内装・インテリアになっているように感じました。

また、カスタムのターボ車では、ホワイトのステッチが施された本革巻きのハンドル・ステアリングホイールが採用されるなど、高級感・上質感を感じられるデザインになっているのも好印象でした。

>>> ハンドルやシフトレバーなど新型N-BOXカスタムの内装を実車画像で確認してみる

このような内装・インテリアになっている新型N-BOX(Nボックス)のノーマル車とカスタムですが、この2台のモデルを見比べてみると、主に次のような違いがありました。

違い1:インパネの各装備の質感

内装色が異なるホンダの新型N-BOX(Nボックス)のノーマル車とカスタムですが、メーターやシフトレバーなどのインパネの各装備のデザインに違いがあります。

例えば、メーター。

どちらのモデルもダッシュボードの上部にメーターを設置して、ハンドルの上から見る”アウトホイールメーター”を採用しているのですが、メーターのデザインに若干の違いがあります。

■ノーマル車のメーター

■カスタムのメーター

カスタムのメーターは、メッキ調の加飾をリング部分に採用。ノーマル車よりも見た目のインパクトのあるデザインになっていました。

>>> 新型N-BOXのメーター画像レビュー【カスタムとノーマルモデルの違いは?】

また、新型N-BOX(Nボックス)のカスタムとノーマル車では、シフトレバーのデザインにも違いがあります。

ノーマル車では、ピアノブラック調のパネルをシフトレバーパネルに採用しているのですが、カスタムでは、シフトレバーパネルをシルバー塗装で取り囲んでいるようなデザインになっています。

■ノーマルモデルのシフトレバー

■カスタムのシフトレバー

このカスタムのシフトレバーパネルに施されたシルバー塗装は、ブラックのインパネのワンポイントアクセントになっており、高級感や上質感を演出しているように感じました。

ドア内側パネルのスイッチベースにも違いが…

ホンダの新型N-BOX(Nボックス)のノーマル車とカスタムでは、ドア内側パネルのスイッチベースにも違いがありました。

ノーマル車の運転席側のドア内側パネルに備えられているスイッチベースは、このようにプラスチック感が満載のデザインになっています。

■ノーマル車のドア内側パネル&スイッチベース

なので、見た目はかなりシンプルです。

一方、カスタムのスイッチベースには、ピアノブラック調のパネルを採用。

■カスタムのドア内側パネル&スイッチベース

見た目がとても良く、所有満足度を高めてくれるようなデザインに…。

このようにカスタムのスイッチベースなどを見比べてしまうと、ノーマル車の内装・インテリアのデザインは、カスタムよりもちょっと見劣りをするのかなと、思ってしまいました。

違い2:ルームランプ

今回フルモデルチェンジをして新発売されたホンダの新型N-BOX(Nボックス)のノーマル車とカスタムの内装・インテリアの大きな違いの一つが、ルームランプの光源です。

このクルマは車内に2つルームランプを用意しているのですが、ノーマル車では一般的なハロゲンを採用しています。

■ノーマル車のハロゲンのルームランプ

一方、カスタムは、ノーマル車と異なるLEDのルームランプを全グレード標準装備しています。

■カスタムのLEDルームランプ

LEDのルームランプはオプション設定になっているクルマが多い中で、これはかなり嬉しいですよね。

実際にカスタムに標準装備されているLEDのルームランプを点灯してみたのですが、やはりハロゲンのものよりもオシャレな感じに…。

また、LEDのルームランプは、スタイリッシュなデザインになっている新型N-BOXカスタム(N-BOX Custom)の内装・インテリアの雰囲気にマッチしているように感じました。

違い3:シートの素材

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型N-BOX(Nボックス)のカスタムとノーマル車では、シートのデザインに違いがあるのは一目瞭然ですが、シートに採用されている素材にも違いがあります。

ノーマル車は、メイン部分にヴィンテージっぽい独特な風合いがあるツイード調のトリコットを全グレードに採用。

■新型N-BOXのノーマルモデルのシート

実際にこのツイード調の素材は、この生地の独特の厚みや凹凸感のある糸目の手触りを上手に表現しており、肌触りがとても良くなっています。

また、バックレスト上部に採用されているヌバック調のトリコットのサラサラとして肌触りも好印象でした。

カスタムは2種類の異なるデザインを用意

一方、ホンダの新型N-BOXカスタム(N-BOX Custom)は、ノーマル車と異なり2つのタイプのシートを用意しています。

こちらは、スエード調のトリコットと合成レザー(プライムスムース)を組み合わせたカスタムのターボ車のコンビシートです。

■カスタムのターボ車のコンビシート

シート中央にあるバーガンディー色のラインがオシャレですよね。

また、シートのサイド部分は、ホワイトのステッチが施されたレザー仕立てになっているので、普通乗用車と見比べても遜色のないデザインになっているように感じました。

一方、新型N-BOXカスタム(N-BOX Custom)のノンターボ車のシートは、全面トリコット素材を採用。

■カスタムのノンターボ車のコンビシート

このカスタムに採用されているトリコット素材は、サラサラと滑らかな触り心地に…。
また、艶やかな素材をしており、上質感を感じるデザインになっているのも好印象でした。

このようにホンダの新型N-BOX(Nボックス)のシートの素材や肌触りは、ノーマル車とカスタムで異なります。ただ、どちらのモデルも十分に満足できる仕上がりになっているように感じました。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型N-BOX(Nボックス)のノーマル車とカスタムの内装・インテリアを比較したところ、このような違いがありました。

元々この2台のモデルの内装色は全く異なりますが、メーターやルームランプなど細かい装備を見比べてみると、ノーマル車よりもカスタムの方が高級感・上質感のある装備を採用しているように感じました。

ちなみに、この新型モデルはターボ車とノンターボ車でも外装や内装のデザインや装備が異なります。

>>> ターボとノンターボで違いは?新型N-BOXの外装を実車画像で比較

カスタムとノーマル車の違いと同様にターボ車とノンターボ車の違いも、この新型モデルの注目ポイントの一つだと思いますよ。

>>> 新型N-BOXの記事一覧に戻る <<<

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする