ノーマル車の内装の違いは何?新型N-BOXのターボとノンターボ比較

発売以来、トップクラスの人気を誇るホンダの軽自動車新型N-BOX(Nボックス)が、2017年8月に初のフルモデルチェンジを行いましたね。

今回新発売されたこの新型モデルは、先代モデルと同様にターボ車とノンターボ車を用意しています。

このターボ車とノンターボ車は、走りだしのパワーや加速力が異なるのは当然なのですが、実は外装や内装のデザインにも違いがあります。

今回フルモデルチェンジをして新発売されたホンダの新型N-BOX(Nボックス)のターボ車とノンターボ車の内装・インテリアには、どのような違いがあるのでしょうか?また、どちらの方が機能や装備が優れているのでしょうか?

今回新発売された新型モデルのターボ車とノンターボ車の内装・インテリアの違いを、実車画像を使って比較をしてみたいと思います。

ちなみに、新型N-BOX(Nボックス)のノーマルモデルのターボ車とノンターボ車の外装・エクステイアの違いについて確認したい方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

>>> 新型N-BOXのターボ車とノンターボ車比較【外装の違いを実車画像で比較】

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型N-BOXのターボ車とノンターボ車の内装比較

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型N-BOX(Nボックス)のノーマルモデルのノンターボ車の内装・インテリアは、このようなデザインになっています。

■新型N-BOXのノンターボ車の内装・インテリア

一方、こちらは、ターボ車のノーマルモデルの内装・インテリアのデザインです。

■新型N-BOXのターボ車の内装・インテリア

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型N-BOX(Nボックス)の内装・インテリアは、どちらのモデルもベージュとブラウンを基調に、アイボリーをアクセントカラーに取り入れたデザインに…。

また、このノーマルモデルのシートに、ハンドメイドのような温かみのあるツイード調のトリコットをメインパートに採用しているのも共通になっています。

ただ、インパネやシートなど内装・インテリアの各装備を見てみると、ターボ車とノンターボ車で若干の違いがありました。

そんなホンダの新型N-BOX(Nボックス)のノーマルモデルのターボ車とノンターボ車の違いを紹介したいと思います。

違い1:ハンドル・ステアリングホイール

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型N-BOX(Nボックス)のノーマルモデルのターボ車とノンターボ車の違いの一つが、ハンドル・ステリアリングホイールです。

まずはノンターボ車とターボ車のハンドル・ステアリングホイールを見比べてみましょう。

■ノンターボ車のハンドル・ステアリングホイール

■ターボ車のハンドル・ステアリングホイール

ノンターボ車の場合は、ウレタン製のハンドル・ステアリングホイールを採用しているのに対し、ターボ車では本革仕様のハンドル・ステアリングホイールを採用しています。

やはり見た目の高級感が異なりますよね。

ハンドル・ステアリングホイールにステッチが入っている本革巻きのハンドル・ステアリングホイールの方が格段にオシャレです。

また、握った時のグリップ感や手にじんわりと馴染む感じも、本革巻きのハンドル・ステアリングホイールの方が格段に優れています。

実際にこの2台のモデルを見比べてしまうと、本革巻きのハンドル・ステアリングホイールを採用しているターボ車の方が良いのかなと思いました。

ハンドルの機能にも違いが…

また、この新型N-BOX(Nボックス)のターボ車とノンターボ車のハンドル・ステアリングホイールの大きな違いの一つが、パドルシフトの有無です。

上位モデルに位置するターボ車のみ、マニュアル車のようにシフトアップ&シフトダウンをする事ができるパドルシフトが用意されています。

■ターボ車のパドルシフト

パドルシフトはハンドルを握ったまま指先だけで操作できるから、下り坂でエンジンブレーキを掛けたいときなど重宝するんですよね。

装備されていると意外と助かるパドルシフトが標準装備されているのは、ターボ車とノンターボ車の大きな違いの一つなのかなと思いました。

違い2:シフトレバー

今回フルモデルチェンジをして新発売されたホンダの新型N-BOX(Nボックス)のノーマルモデルのターボ車とノンターボ車では、シフトレバーのデザインが異なります。

こちらがノンターボ車のシフトレバーのデザインです。

そして、こちらがターボ車のシフトレバーのデザインです。

この2台のモデルのシフトレバーの違いが、わかりますでしょうか?

ノンターボ車のシフトレバーのボタンはプラスチック素材になっているのに対し、ターボ車では、シフトレバーボタンがメッキ調のデザインに…。

このメッキ調のシフトレバースイッチがワンポイントアクセントになっていて、ノンターボ車よりもターボ車の方が高級感・上質感のあるデザインになっているように感じました。

違い3:後部座席の居住性

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型N-BOX(Nボックス)のノーマル車のターボ車とノンターボ車では、後部座席の居住性・快適性にも違いがあります。

この新型モデルの後部座席は、それぞれこのようなデザインになっています。

■ノンターボ車の後部座席

■ターボ車の後部座席

この2台のモデルの後部座席の大きな違いが、センターアームレスト。

ノンターボ車はご覧の通り、後部座席の中央にセンターアームレストが装備されていないのですが、ターボ車では後部座席の中央には、このようにセンターアームレストが装備されています。

私はこのクルマを試乗した時に後部座席に座ってみたのですが、センターアームレストがあるのとないのでは、快適性・居住性が全く異なります。

センターアームレストが装備されている方が、隣に座っている同乗者が気にならずにプライベート空間をゆっくりと楽しめる感じが、個人的にはとても良かったです。

このようにホンダの新型N-BOX(Nボックス)のターボ車とノンターボ車では、後部座席の居住性・快適性も異なるので、注意をしてくださいね。

今回フルモデルチェンジをして新発売されたホンダの新型N-BOX(Nボックス)のノーマルモデルのターボ車とノンターボ車の内装・インテリアを比較してみたところ、このような違いがありました。

外装・エクステリアに大きな違いの無いノーマルモデルのターボ車とノンターボ車ですが、内装・インテリアの機能や装備には、様々な違いがありました。

パワーや加速力だけではなく、内装・インテリアのデザインや使い勝手にこだわるのなら、ノンターボ車よりもターボ車の方が良いのかなと思いました。

ちなみに、新型N-BOX(Nボックス)のノーマル車はグレードによっても内装・インテリアのデザインが異なります。

>>> 新型N-BOXのノーマル車の内装を実車画像で比較【G LとG EXの違いは何?】

ターボ/ノンターボだけでなく、このグレードの違いにも注目をして、モデル選びをした方が良いかもしれませんね。

>>> 新型N-BOXの記事一覧に戻る <<<

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする