新型N-BOXの助手席【スーパースライドシートを選ぶと内装に違いが!?】

2代目となるホンダの新型N-BOX(Nボックス)が、2017年8月に新発売されましたね。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型モデルでは、次の2種類の助手席のタイプを用意しています。

・スーパースライドシート仕様
・ベンチシート仕様

先日、この新型モデルを試乗した時に、軽自動車に初搭載された助手席スーパースライドシートを確かめてみたのですが、予想以上に快適。助手席の足元空間が広くなり、軽自動車とは思えない居心地の良さを味わう事ができました。

>>> 新型N-BOXのスーパースライドシートの足元空間の広さを確認してみる

このように足元空間が格段に広くなるのが魅力のホンダの新型N-BOX(Nボックス)の助手席スーパースライドシート仕様ですが、実はベンチシート仕様と内装・インテリアの装備・機能に若干の違いがありました。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型モデルのスーパースライド仕様とベンチシート仕様では、内装・インテリアの何が異なるのでしょうか?

実車画像を使って、ホンダの新型N-BOX(Nボックス)のスーパースライドシート仕様とベンチシート仕様の内装・インテリアの違いを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型N-BOXの助手席【スーパースライドシートとベンチシートの違い】

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型N-BOX(Nボックス)の注目の装備、スーパースライドシート機能を備えた助手席は、このようなデザインになっています。

■新型N-BOXの助手席スーパースライドシート

このスーパースライドシート機能を備えた助手席を一番後ろにした時の足元空間(ニークリアランス)は、このような感じ。

かなり広いですよね。

軽自動車とは思えない足元空間の広さは、このスーパースライドシート機能の魅力なのかなと思いました。

一方、下位モデルの”G Lグレード”などに採用されているベンチシートは、このようなデザインになっています。

■新型N-BOXのベンチシート

セパレートタイプになっているスパースライドシートと異なり、このベンチシートタイプは、運転席と助手席が密着しているので、プライベート空間を楽しむ事はできません。

ただ、運転席と助手席の間に荷物が置けるなど、スーパースライドシートには無い魅力が、このベンチシートには、あるのかなと思いました。

このようなデザインになっているホンダの新型N-BOX(Nボックス)のスーパースライドシートとベンチシートですが、シートのデザイン以外にも内装・インテリアの装備に違いがあります。

スーパースライドシートとベンチシートを装備した時の内装・インテリアの違いを紹介したいと思います。

違い1:収納スペース

今回フルモデルチェンジをして新発売されたホンダの新型N-BOX(Nボックス)のスーパースライドシートとベンチシート仕様では、収納スペースに違いがあります。

違うのは、インパネの中央下の部分です。

ベンチシートモデルでは、インパネ中央下の部分に引き出して使用できるセンターロアボックスが装備されています。

■ベンチシート仕様に採用されているセンターロアボックス

しかし、スーパースライドシートモデルでは、インパネ中央下のデザインはこのようになっており、センターロアボックスが装備されていません。

■スーパースライドシートモデルのインパネ中央部分

ちょっと、これは残念ですよね。

センターロアボックスは、ごみ箱として使用するなど、サイズが大きいので意外と重宝するんですが…。

このセンターロアボックスが標準装備されていないのは、新型N-BOX(Nボックス)のスーパースライドシートモデルの欠点・デメリットの一つなのかなと思いました。

違い2:アームレストのデザイン

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型N-BOX(Nボックス)のスーパースライドシートモデルとベンチシートモデルでは、アームレストのデザインも異なります。

スーパースライドシートモデル・ベンチシートモデルそれぞれのアームレストは、このようなデザインになっています。

■スーパースライドシートモデルのアームレスト

■ベンチシートモデルのアームレスト

左右一体の幅広いタイプのアームレストを採用しているベンチシートモデルに対し、スーパースライドシートモデルモデルのアームレストは、運転席と助手席で分かれているセパレートタイプを採用。

このセパレートタイプのアームレストは横幅が細いため、腕を置いた時のフィット感があまり良くありません。

個人的には大きなサイズになっているベンチシートモデルのアームレストの方が腕を置いた時の感触・フィット感が良いように感じました。

違い3:シートバックポケットのデザイン

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型N-BOX(Nボックス)のスーパースライドシートモデルとベンチシートモデルでは、シートバックの上段に設置されているポケットのデザインも異なります。

この2台のモデルのシートバックポケットは、それぞれこのようなデザインになっています。

■新型N-BOXのシートバックポケット
・スーパースライドシートモデル
運転席側のシートバック:メッシュ状のポケット1個&コンビニフック
助手席側のシートバック:メッシュ状のポケット2個
・ベンチシートモデル
運転席側のシートバック:メッシュ状のポケット2個
助手席側のシートバック:メッシュ状のポケット1個&コンビニフック

つまり、新型N-BOX(Nボックス)のスーパースライドシートモデルとベンチシートモデルでは、なぜかシートバックポケットの位置が運転席と助手席が逆に設置…。

■メッシュ状のポケット1個&コンビニフック

■メッシュ状のポケット2個

ただ、この2台のモデルでは、シートバックポケットのサイズなどに違いはありません。
なので、この違いは、それ程気になりませんでした。

違い4:助手席側のドア内側パネルポケット

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型N-BOX(Nボックス)のスーパースライドシートモデルとベンチシートモデルでは、ドア内側パネルのデザインに違いがあります。

こちらは、”G Lグレード”などベンチシートモデルにに採用されている助手席側のドア内側パネルです。

一方、こちらは”G EXグレード”に採用されているドア内側パネル。

ベンチシートモデルでは、助手席側のドア内側パネルの下部にドリンクホルダー付きのポケットが用意されています。

しかし、新型N-BOX(Nボックス)のスーパースライドシートモデルでは、ドリンクホルダー付きのポケットの装備はありません。

つまり、インパネ中央部分の収納スペースも含めて、スーパースライドシートモデルの方が2個収納スペースが少ない事に…。

このようにドア内側パネルの収納スペースが少ないのも新型N-BOX(Nボックス)のスーパースライドシートモデルの欠点・デメリットの一つなのかなと思いました。

ちなみに、スーパースライドシートモデルの運転席側のドア内側パネルには、このようにしっかりとポケットが用意されているので、安心してくださいね。

今回フルモデルチェンジをして新発売されたホンダの新型N-BOX(Nボックス)ですが、スーパースライドシートモデルとベンチシートモデルでは、このように内装・インテリアに違いが生じます。

個人的に気になったのは、スーパースライドシートモデルでは、収納スペースが少なくなってしまう事です。

特に使い勝手が良いセンターロアボックスが無いのは、かなりガッカリとしました。

このように新型N-BOX(Nボックス)のスーパースライドシートモデルとベンチシートモデルでは、シートのデザインだけではなく、内装・インテリアの装備も異なります。なので、グレード選びの際は、注意をしてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする