新型N-BOXの助手席スーパースライドシート【広さ&使い勝手を徹底レビュー】

2017年7月、車内の広さ&使い勝手の良さが魅力のホンダの軽自動車新型N-BOX(Nボックス)がフルモデルチェンジをして、デビューしましたね。

今回新発売された新型モデルは、内装・インテリアの使い勝手が大幅にアップ。
収納スペースが増え、先代モデルよりも格段に使いやすいデザインになっていました。

>>> 新型N-BOXの内装画像レビュー【使い勝手が良くなったインテリアを徹底チェック】

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型N-BOX(Nボックス)の内装・インテリアで印象的だったのが、今回の新型モデルで新しく採用された助手席のスーパースライドシート機能です。

このスーパースライドシートを採用した時の助手席のデザインは、どうだったのか?
また、足元空間の広さや座り心地は、どうだったのか?

先日、新型N-BOX(Nボックス)に初搭載された助手席のスーパースライドシート機能を確かめてきたので、徹底的にレビューをしたいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型N-BOXの助手席スーパースライドシート画像レビュー

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型N-BOX(Nボックス)の注目の機能”助手席スーパースライドシート”は、このようなデザインになっています。

■新型N-BOXのスーパースライドシート仕様の助手席

今回新発売された新型モデルで助手席のスーパースライド機能が装備されているのは、最上位モデルの”G EXグレード”とみとなっています。それ以外のグレードでは、一般的なスライド幅のシートになっています。

また、スーパースライド機能を採用している最上位モデルの”G EXグレード”とそれ以外のグレードでは、シートのデザインが異なります。

最上位モデルの”G EXグレード”では、運転席と助手席の間に隙間がある左右独立したセパレートタイプのシートになっているのに対し、”G Lグレード”などそれ以外のグレードでは先代モデルから採用されているベンチシートを採用しています。

■新型N-BOXのベンチシート

個人的には、運転席と独立していてプライベート空間を楽しめる”G EXグレード”の方が居心地が良いように感じました。

このようにシートのデザインによって、座り心地や快適性が異なるのも注目ポイントの一つかもしれませんね。

助手席スーパースライドシートのスライド幅はどれくらい?

このようなデザインになっているホンダの新型N-BOX(Nボックス)の助手席スーパースライド機能ですが、実際に前後にスライドしてみると、どうなるのでしょうか?

こちらが一番前にスライドした時の様子です。

そして、こちらが一番後ろのスライドした時の様子。

このように横から見ると、スライド幅が大きいのが分かりますよね。

このクルマを試乗した時にディーラーさんに確認してみたのですが、この助手席のスーパースライド機能のスライド幅は、約570mm。

実際に新型N-BOX(Nボックス)の助手席を一番後ろにした時の足元空間(ニークリアランス)は、このようになっています。

■新型N-BOXの助手席スーパースライドシートの足元空間

また、私がこの新型モデルのスーパースライドシートに座った時の足元空間(ニークリアランス)の広さは、このような感じ。

私は身長が175cmあるのですが、足を伸ばしても足がフロアにつきません。

ゆったりと座れるこの足元空間の広さは、新型N-BOX(Nボックス)のスーパースライドシートの魅力の一つなのかなと、思いました。

助手席をスーパースライドした時の後部座席の足元空間の広さは?

このようにスライド幅が大きくなっているホンダの新型N-BOX(Nボックス)のスーパースライドシートですが、ちょっと気になるのは、助手席を一番後ろにした時の後部座席の足元空間の広さですよね。

助手席を一番後ろにスライドした時で、後部座席を一番後ろにした時の足元空間(ニークリアランス)の広さは、このようになっています。

■後部座席の足元空間

実際に私が座ってみると、このような感じ。

何とか座る事ができますが、足元空間はかなり狭くなっており、快適性はそれ程よくありません。

なので、後部座席に同乗者がいる状態では、後部座席を一番後ろまでスライドするのは、避けた方が良いのかなと思いました。

ちなみに、新型N-BOX(Nボックス)の助手席を一番後ろにスライドして、そして、後部座席を一番前にスライドすると、このようになります。

足元空間はかなり狭い…と言うか、ほとんどない状態に…。

助手席を一番後ろに&後部座席を一番前の状態にすると、後部座席に座れなくなってしまうので、注意をしてくださいね。

実際に助手席のスーパースライド機能を使った正直な感想

このようなデザインになっているホンダの新型N-BOX(Nボックス)の助手席のスーパースライド機能ですが、実際に使ってみて、どうだったのでしょうか?

今回私は初めて助手席スーパースライド機能が装備されている新型モデルを試乗してみたのですが、思ったよりもこのシートは便利でした。

私がスーパースライド機能で特に良いと思ったのが、やはり助手席の足元空間(ニークリアランス)の広さ。このように助手席を大きくリクライニングすれば、足元空間の広さを気にせずに横になる事も可能です。

■助手席をリクライニングした状態

また、助手席を一番前にスライドして、背もたれを前に倒せば、外に出る事なく、後部座席からフロントシートに直接アクセスをする事が可能です。

このようにスーパースライド機能が搭載されている”G EXグレード”はシートアレンジのバリエーションが豊富になるので、”G Lグレード”などソファーシート仕様のモデルよりも明らかに便利な印象を持ちました。

ちなみに、助手席のスーパースライド機能が装備されている”G EXグレード”と、ベンチシートになっている”G Lグレード”の車体本体の価格差は、5万4000円です。

この価格差を考えると、助手席のスーパースライド機能を備えた”G EXグレード”を購入する価値は、十分にあるのかなと思いました。

今回フルモデルチェンジをして新発売されたホンダの新型N-BOX(Nボックス)の新機能”助手席スーパースライド機能”は、このようになっていました。

この助手席のスライド幅は、魅力的ですよね。
また、車内の使い勝手が良くなるのも、とても良いと思いました。

ちなみに、助手席のスーパースライド機能が搭載されているモデルとベンチシート仕様のモデルでは、内装・インテリアの装備や機能に若干違いがあります。

このような違いが気にならなければ、スーパースライド機能を備えた”G EXグレード”は、”買い”なのかなと思いました。

>>> 新型N-BOXの記事一覧に戻る <<<

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする