新型N-BOXの収納スペース【先代よりも増えた小物入れを実車画像で徹底チェック】

2017年8月、フルモデルチェンジをしたホンダのスーパーハイト系ワゴンの新型N-BOX(Nボックス)が、デビューをしましたね。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型モデルは外装や内装のデザインや装備を一新。より使い勝手の良いクルマに仕上がっていました。

>>> 新型N-BOXの内装画像レビュー【使い勝手が良くなったインテリアを徹底解説】

そんな新型N-BOX(Nボックス)の試乗に先日行ってきたのですが、先代モデルよりも格段に良くなっていると感じたのが収納スペースの数と使い勝手です。

特にドア内側パネルに関しては、「えっ!?こんなところにも収納スペースが用意されているの?」とビックリしちゃうレベル…。

今回私は初めてこの2代目モデルを見たのですが、収納スペースの数や使い勝手の良さは、競合車・ライバル車を遥かに上回っているように感じました。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型N-BOX(Nボックス)は、ののような収納スペースが用意されているのでしょか?また、その収納スペースの使い勝手は、どうだったのでしょうか?

先日、この新型モデルを試乗した際に収納スペースの使い勝手などもしっかりと確認をしてきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型N-BOXの収納スペース:運転席まわり編

今回フルモデルチェンジをして新発売されたホンダの新型N-BOX(Nボックス)の内装・インパネは、このようなデザインになっています。

■新型N-BOXのインパネ

詳しくは下記の記事で紹介していますが、この新型モデルの内装・インパネは先代モデルよりも大型化されたデザインに…。そのおかげもあり、インパネに設置されている収納スペースなどは、先代モデルよりも使い勝手が良くなりました。

>>> 新型N-BOXのインパネ【先代モデルよりも良くなったところとは?】

そんな新型N-BOX(Nボックス)の運転席周り・インパネに設置されている収納スペース・小物入れを紹介したいと思います。

その1:運転席アッパートレイ

メーターの位置がダッシュボードの上部に変更した事によって生まれたスペースに用意されているのが、運転席アッパートレイです。

運転席から手が届く位置にこのような大きな収納スペースが用意されているのは、嬉しいですよね。

お財布やポーチだけではなく、ボックス型のティッシュも収納できるサイズになっているようですよ。個人的には、この運転席アッパートレイは、ドライバーにとって、かなり重宝する収納スペースなのかなと思いました。

その2:ドライバーズロアポケット

なかなか気が付きにくいですが、新型N-BOX(Nボックス)のハンドル・ステアリングホイールの下側にも収納スペースが用意されています。

この収納スペースは外から死角になりやすいので、女性用の大きな財布などを収納しておくのに、とても良いのかなと思いました。

その3:運転席側ドリンクホルダー&小物入れ

新型N-BOX(Nボックス)のハンドル・ステアリングホイールの道側には、固定式のドリンクホルダーが用意されています。そして、そのサイドと後ろ側には、ちょっとした小物を置ける収納スペースも用意しています。

ドリンクホルダーの脇にあるトレーは、新型N-BOX(Nボックス)のスマートキーを置くのに、丁度良い大きさになっているようですよ。

その4:助手席側ドリンクホルダー

この新型モデルの助手席側のドリンクホルダーは、運転席側と異なりインパネ中央部分に用意されています。

この助手席側のドリンクホルダーの良いところは、カップやペットボトルのドリンクだけでなく、500mlのパックの飲み物も置けるようになった事です。

■ペットボトルを収納時

■500mlのパックのドリンクを収納時

この助手席用のドリンクホルダーは、運転席側からも届く位置に設定されているので、50ドライバーさんが使う事もできるのかなと思いました。

その5:インパネトレイ

先代モデルにも用意されていたインパネトレイですが、今回新発売された新型モデルでは、先代モデルよりもかなり大きくなりました。

ディーラーさんの話によると、このインパネトレイは、ボックス型のティッシュも余裕で置けるサイズになっているようです。

また、このインパネトレイ近くには、USBソケットも用意されているので、スマホやiPhone、タブレット端末を置くのにも良いのかなと思いました。

その6:グローブボックス

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型N-BOX(Nボックス)に搭載されているグローブボックスは、奥に広いデザインに…。

このようなデザインはちょっと珍しいですよね。

ただ、この新型モデルのグローブボックスは、それ程広くないので、車検証を入れると、他のアイテムを収納するのは、ちょっと難しいのかなと思いました。

グローブボックスのリッドが…

また、今回フルモデルチェンジをして新発売されたホンダの新型N-BOX(Nボックス)の注目の収納スペースの一つが、グローブボックスのリッド(蓋)の部分。

このほぼ垂直に開くグローブボックスの蓋は、テーブルとして、使用する事ができるみたいですよ。ただ、あまり重たい荷物・アイテムは置けないので、ご注意を…。

その7:センターロアボックス

この新型モデルのインパネ中央の下部には、ごみ箱としても使用する事ができるセンターロアボックスを用意しています。

ただ、このセンターロアボックスが用意されているのは、助手席のスーパースライド機能が装備されていないベンチシートモデルのみ。助手席にスーパースライド機能が装備されているモデルでは、このようにセンターロアボックスが用意されません。

ウォークスルー性を優先したのかもしれませんが、個人的にはスーパースライドシート仕様のモデルでもセンターロアボックスを用意して貰いたかったです。

その8:ドア内側パネル

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型N-BOX(Nボックス)は、ドア内側パネルに多くの収納スペースを用意しているのも特徴の一つです。

■新型N-BOXのドア内側パネル

この新型モデルのドア内側パネルには、次のような収納スペース・小物入れが用意されていました。

■フロントドアアッパーポケット

■フロントドアミドルポケット

■ドア内側グリップ

■フロントドアロアポケット(運転席側)

■フロントドアロアポケット(助手席側)

これ程ドア内側パネルに収納スペースが用意されているのは、珍しいですよね。

一つ一つの収納スペースは小さいですが、今回新発売された新型N-BOX(Nボックス)のドア内側パネルに用意されていた収納スペースの数には大満足でした。

ちなみに、スーパースライド機能が装備されているモデルでは、助手席側のフロントドアロアポケットが装備されないので、注意をしてくださいね。

新型N-BOXの収納スペース:後部座席まわり編

今回フルモデルチェンジをして新発売されたホンダの新型N-BOX(Nボックス)は運転席周りの収納スペースは充実していましたが、後部座席周りの収納スペースは、どうだったでしょうか?

この新型モデルの後部座席周りの収納スペースを確認してみたところ、このようになっていました。

その1:シートバックアッパーポケット

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型N-BOX(Nボックス)では、フロントシートの後ろ側上段にメッシュ状のポケットが用意されています。

メッシュ状のポケットなので、置いた荷物・アイテムを一目で確認できるのは、とても良いなと思いました。

ちなみに、スーパースライドシート仕様モデルとソファーシートモデルでは、シートバックアッパーポケットの形状が若干異なるので、ご注意を…。

その2:シートバックアンダーポケット

フロントシートの後ろ側の下部には、一般的なデザインのシートバックポケットが用意されています。

シートバックアッパーポケットよりもサイズが大きくなっているので、雑誌や地図、子供の絵本などを入れておくに用意のかなと思いました。

その3:後部座席用ドリンクホルダー

ホンダの新型N-BOX(Nボックス)では、スライドドア部分ではなく、左右のリヤクォーターガラスの下側にドリンクホルダーが用意されています。

手の届きやすい位置にドリンクホルダーが設置されているのはとても良いと思いましたが、個人的にはこの近くに小型ポケットを装備してくれたら、もっと良かったのに…と、思いました。

シートバックテーブルの用意は無し

このようなデザインになっていた新型N-BOX(Nボックス)の後部座席ですが、先代モデルで用意されていたシートバックテーブルは、無くなっていました。

■先代モデルのシートバックテーブル

これはちょっと残念ですよね。

なので、今回新発売された新型モデルの後部座席の収納スペースの使い勝手は、先代モデルよりも若干劣る感じが…。今回フルモデルチェンジをして新発売された新型N-BOXの収納スペースで、シートバックテーブルが装備されてい無かった事が、唯一残念でした。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型N-BOX(Nボックス)の収納スペースは、このようになっていました。

先代モデルと比較して、収納スペースの数はかなり増えましたよね。

また、助手席側に用意されているインパネトレイなど、先代モデルよりも使い勝手が良い収納スペースが増えたのも好印象でした。

このように新型N-BOX(Nボックス)は大きいサイズから小さいサイズまで様々な収納スペースを用意しているので、小さいお子さんがいるご家庭でもストレスなく使用できるのかなと、思いました。

>>> 新型N-BOXの記事一覧に戻る <<<

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする