ターボとノンターボで違いは?新型N-BOXの外装を実車画像で比較

2017年8月、ホンダの人気スーパーハイト系ワゴンの新型N-BOX(Nボックス)がフルモデルチェンジを行い、2代目がデビューしましたね。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型N-BOX(Nボックス)は、先代モデルと同様にノンターボ車とターボ車を用意しています。

私は先日、ターボ車/ノンターボ車の両方を試乗させてもらったのですが、ノンターボ車でも十分なパワーがある感じが…。先代モデルよりも車体重量が軽くなったおかげかもしれませんが、発進時などにもっさり感を感じないパワー&走りだしは、好印象でした。

このように乗り心地も大満足だった大満足だった新型N-BOX(Nボックス)ですが、ターボ車とノンターボ車で外装・エクステリアに違いはあるのでしょうか?

ノーマルモデル・カスタムに分けて、今回新発売された新型モデルの外装・エクステリアを比較してみたいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型N-BOXのターボ車とノンターボ車の外装比較:ノーマルモデル編

今回フルモデルチェンジをして新発売されたホンダの新型N-BOX(Nボックス)のノーマルモデルのノンターボ車の外装・エクステリアは、このようになっています。

■新型N-BOXのノンターボ車の外装・エクステリア

ちなみに、今回私が見たモデルのボディカラーは、新色のモーニングミストブルー メタkリック。

実際に見てみると、意外とメタリック感が控えめで、爽やかなライトブルーになっているように感じました。

一方。こちらはノーマルモデルのターボ車の外装・エクステリアになっています。

■新型N-BOXのターボ車の外装・エクステリア

今回私が見たノーマルモデルのターボ車のボディーカラーは、プレミアムイエローパールⅡ×ホワイトの2トーンカラーでした。

ビビットなイエローとホワイトの組み合わせも良く、元気でかわいいカラーになっているように感じました。また、ルーフやサイドミラーがホワイトになっているおかげか、思ったよりもハデな印象を持ちませんでした。

ターボ車とノーマル車の外装に違いはある?

今回フルモデルチェンジをして新発売されたホンダの新型N-BOX(Nボックス)のノーマルモデルを確認してみたのですが、ターボ車とノンターボ車で外装・エクステリアに大きな違いはありませんでした。

例えば、どちらのモデルもタイヤ&ホイールは、全く同じデザインの14インチのスチールホイールとフルホイールキャップを採用しています。

■新型N-BOXのノーマルモデルのタイヤ&ホイール

また、LEDを採用したヘッドライト&リヤコンビネーションランプも全く同じデザインになっています。

■新型N-BOXのノーマルモデルのヘッドライト

■新型N-BOXのノーマルモデルのリヤコンビネーションランプ

なので、今回フルモデルチェンジをして新発売されたホンダの新型N-BOX(Nボックス)のノーマルモデルは、ターボ車とノンターボ車を外装・エクステリアで見分ける事は難しいと思いますよ。

ちなみに、このように外装・エクステリアは全く同じになっているこの新型モデルのターボ車とノンターボ車ですが、内装・エクステリアには、若干の違いがあります。

この内装・インテリアの違いは、注目ポイントの一つなのかなと思いました。

新型N-BOXのターボ車とノンターボ車の外装比較:カスタム編

一方、シーケンシャルターンランプ(流れるウィンカー)を搭載するなど先代モデルよりも迫力が増したフロントマスクになった新型N-BOXカスタム(N-BOX Custom)のノンターボ車の外装・エクステリアは、このようなデザインになっています。

■新型N-BOX カスタムのノンターボ車の外装・エクステリア

今回私が見たカスタムのノンターボ車のボディカラーは、ブリリアントスポーティーブルーメタリック。

その名の通りスポーティーなデザインになっていて、シャープなフロントマスクのカスタムにピッタリのカラーになっているように感じました。

一方、こちらはカスタムのターボ車の外装・エクステリアです。

■新型N-BOX カスタムのターボ車の外装・エクステリア

このターボのボディカラーは、カスタム専用のプレミアム グラマラスブロンズ パール。

思ったよりも茶色感が無く、太陽の光が当たらない場所ではブラックやグレーっぽいカラーに見えるなど、見る角度によって表情が変わるとても良いカラーになっているように感じました。

カスタムのターボ車とノンターボ車の外装に違いはある?

ノーマルモデルでは、ノンターボとターボ車で外装・エクステリアに違いがありませんでしたが、新型N-BOX(Nボックス)のカスタムは、どうなのでしょうか?

このカスタムのターボ車とノンターボ車の違いを確認してみたところ、タイヤ&ホイールのサイズに違いがありました。

ノーマルモデルでは、ブラック塗装&切削加工を施した14インチのアルミホイールが標準装備されていました。

■N-BOXカスタムのノンターボ車の14インチタイヤ&ホイール

一方、カスタムのターボ車は、このように星形のデザインをした15インチタイヤ&アルミホイールを標準装備。

■N-BOXカスタムのターボ車の15インチタイヤ&ホイール

なので、新型N-BOXカスタム(N-BOX Custom)の場合は、タイヤ&ホイールを見れば、ターボ車かノンターボ車を簡単に見分ける事ができると思いますよ。

ターボ車/ノンターボ車は機能面でも若干の違いが…

また、今回フルモデルチェンジをして新発売されたホンダの新型N-BOX(Nボックス)のノンターボ車/ターボ車で、機能面でも違いがあります。

その違いとは、スライドドアです。

この違いはノーマル車・カスタム共通になっているのですが、ノンターボ車は運転席側のスライドドアが電動パワースライドドアは標準装備されておらず、手動式(マニュアル)になっています。

なので、ノンターボ車の場合、もし電動のパワースライドドアにしたかったら、メーカーオプションで注文をするしかありません。ちなみに、電動パワースライドドアのオプション価格は、5万4000円となっています。

しかし、ターボ車では、カスタム/ノーマルモデル共通して運転席側のパワースライドドアが標準装備されています。

この違いは、大きいですよね。

このように機能や装備が充実してるのも新型N-BOX(Nボックス)のターボ車の特徴なのかなと思いました。

今回フルモデルチェンジをして新発売されたホンダの新型N-BOX(Nボックス)のターボ車とノンターボ車の外装・エクステリアを比較してみたところ、このようになっていました。

ノーマルモデルの外装・エクステリアに違いはありませんでした。

ただ、カスタムでは、タイヤ&ホイールのデザインに違いがあり、ターボ車の方がよりスタイリッシュなデザインになっているように感じました。

また、この新型N-BOX(Nボックス)のターボ車とノンターボ車では、内装・インテリアにも様々な違いがあります。

乗り心地やパワーだけではなく、機能や装備、デザインもしっかりと考慮して、グレード選びやモデル選びをした方が良いかもしれませんね。

>>> 新型N-BOXの記事一覧に戻る <<<

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする