新型セレナe-POWERのキャプテンシートの座り心地【ガソリン車には無い魅力とは?】

エンジンは発電に専念し、タイヤの駆動は100%モーターが行うハイブリッド車新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)が、2018年3月に日産からデビューしました。

電気自動車のようなスムーズな走りなど様々な注目ポイントがある新型e-POWER(eパワー)の注目ポイントの一つが、2列目が独立キャプテンシートになった事です。

使い勝手は、2人掛けのキャプテンシートとしても3人掛けのベンチシートとしても使えるガソリン車/マイルドハイブリッド車の方が良かったですが、2列目シートの座り心地は、キャプテンシートに特化をした新型e-POWER(eパワー)の方が良かった感じが…。

>>> 新型セレナの2列目シート比較【e-POWERとガソリンの4つの違いとは?】

そんな新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の2列目独立キャプテンシートの座り心地は、どのような感じだったのでしょうか?また、ガソリン車/マイルドハイブリッド車の2列目シートには無い、独立キャプテンシートの魅力は、何だったのか?

専用デザインになっている新型e-POWER(eパワー)の2列目独立キャプテンシートの座り心地・快適性を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型セレナe-POWERの2列目独立キャプテンシートの座り心地を徹底チェック

専用デザインの独立キャプテンシートを採用してる新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の2列目は、このようなデザインになっています。

■e-POWERの2列目シート

ちなみに、こちらは2列目の中央にセットできるマルチセンターシートを前方にスライドして、キャプテンシート仕様にしたガソリン車/マイルドハイブリッド車の2列目シートです。

■ガソリン車/マイルドハイブリッド車の2列目シート

ガソリン車/マイルドハイブリッド車に備わっているスマートマルチセンターシートを前方にスライドすると、この2台のモデルの2列目シートは、アームレスト以外大きな違いがないように見えます。

しかし、この2台のモデルの2列目シートの座り心地を確認してみると、ガソリン車/マイルドハイブリッド車には無い魅力が新型e-POWERの独立キャプテンシートにはありました。

e-POWERの2列目シートの魅力1:背もたれのフィット感

今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)とガソリン車/マイルドハイブリッド車の2列目シートの座り心地を比較して、新型e-POWERの方が良いと思った事の一つが、背もたれのフィット感です。

ガソリン車/マイルドハイブリッド車の2列目シートの背もたれは、フラットなデザインになっていたのですが、独立キャプテンシートを採用している新型e-POWERの2列目は、”ゼログラビティシート”と名付けられたシートを採用。

■ゼログラビティシートを採用している新型e-POWERの2列目シート

新型e-POWERに採用されている独立キャプテンシートは、背もたれが”く”の字のような中折れ形状になっており、背骨のラインにピッタリとフィット。背中と背もたれの間に隙間ができず、背中全体を優しく包み込むように支えてくれるので、とても快適でした。

ちなみに、試乗に同行をしてくれたディーラーさんの話によると、今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)に採用されているゼログラビティシートは、2時間連続走行した時の腰の疲労度が従来のシートと比較して、約30%ほど軽減されているようです。

実際にこの新型モデルのキャプテンシートに座ってみると、ディーラーさんの言っている事が納得できる座り心地に…。

長時間座れば座るほど真価を発揮する新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の2列目独立キャプテンシートは、まさに”特等席”と呼ぶのに相応しい座り心地になっているように感じました。

e-POWERの2列目シートの魅力2:サイドサポート

また、今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)に採用されている2列目独立キャプテンシートに座って良いと思ったのが、ガソリン車/マイルドハイブリッド車よりもしっかりとしたサイドサポートです。

スマートマルチセンターシートを採用しているガソリン車/マイルドハイブリッド車は、3人が目のベンチシートとしての使い勝手&座り心地を考慮してか、サイドサポートの張り出しが控えめになっていました。

■ガソリン車/マイルドハイブリッド車の2列目のサイドサポート

一方、専用デザインの独立キャプテンシートを採用している新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)は、ガソリン車/マイルドハイブリッド車よりもサイドサポートの凹凸が大きく、ホールド感が格段に良くなっていました。

■e-POWERの2列目シートのサイドサポート

この新型e-POWER(eパワー)の独立キャプテンシートは、座った時に、「すぽっ」と包まれるような感覚があり、わき腹から腰、太ももにかけて、このサイドサポートが優しく体を支えてくれます。

なので、ガソリン車/マイルドハイブリッド車よりもカーブを曲がった時の体勢の安定性が良くなったような感じが…。

背もたれの形状だけではなく、この専用のチューニングを施したサイドサポートも、新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)のシートの座り心地が良くなったと感じる要因の一つなのかなと思いました。

e-POWERの2列目シートの魅力2:アームレスト

また、新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の2列目独立キャプテンシートの左右に備わった専用デザインのアームレストも、ガソリン車/マイルドハイブリッド車には無いこのクルマならではの魅力の一つです。

■e-POWERの2列目独立キャプテンシートのアームレスト

アームレストが用意されていないガソリン車/マイルドハイブリッド車と比較すると、特等席感が増したような感じが…。

個人的には、もう一回りアームレストが大きい方が腕を置いた時のフィット感が良いと思ったのですが、アームレストが用意されているだけで、快適さがだいぶ違うように感じました。

また、アームレストが装備されていれば、カーブを曲がった時に体が左右に振られる事も減りますし、姿勢の安定性や乗車中の疲労の軽減の面からも、見逃せない装備の一つなのかなと思いました。

2018年3月にデビューをした新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の2列目独立キャプテンシートは、このような座り心地になっていました。

この新型e-POWER(eパワー)の独立キャプテンシートは、専用デザインのチューニングを施しており、ガソリン車/マイルドハイブリッド車の2列目シートとは、全く異なる座り心地に…。

フィット感&ホールド感が良く、長時間ドライブでも疲れにくい、とても良いシートになっているように感じました。

また、今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)とガソリン車/マイルドハイブリッド車は外装や内装のデザインに様々な違いがありますが、この2列目シートの座り心地・乗り心地は、その中でも特に大きな違いの一つなのかなと思いました。

もしこれからこの新型e-POWER(eパワー)の試乗に行かれるのなら、専用のチューニングを施したこの新型モデルの2列目シートの座り心地をチェックしてみてくださいね。

【次のページ】>>> 実は大きい!?新型セレナe-POWERの2列目のスライド幅をチェック

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする