足元空間は狭いor広い?新型セレナe-POWERの2列目の居住性を確認

2018年3月、日産の人気ニンバン新型セレナから待望のハイブリッドモデル新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)がデビューをしました。

今回新発売された新型e-POWER(eパワー)とガソリン車/マイルドハイブリッド車の大きな違いの一つが、2列目シートです。

新型e-POWERの2列目では、アームレストが備わった独立キャプテンシートを採用しており、ガソリン車/ノーマルモデルよりも快適に過ごせるように進化をしていました。

そんな新型セレナ e-POWER(SERENA e-POWER)の2列目シートですが、2列目シートの頭上空間&足元空間は、十分な広さを確保されていたのでしょうか?3列目シートを使用した状態でも、狭さを感じる事は無かったのでしょうか?

実車画像を使って、今回新発売された新型e-POWER(eパワー)の2列目シート周りの頭上空間や足元空間の広さ、快適性を徹底的に紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型セレナe-POWERの2列目のインプレ【頭上空間の広さはどうだった?】

専用デザインの独立キャプテンシートを採用している日産の新型セレナ e-POWER(SERENA e-POWER)の2列目は、このようなデザインになっています。

■新型セレナe-POWERの2列目シート

今回新発売された新型モデルの2列目は、アームレストが備わっており、また、背もたれの形状なども最適化されており、ガソリン車/マイルドハイブリッド車よりもフィット感&ホールド感が格段に良くなっている感じが…。

独立キャプテンシートを採用しているこの新型e-POWER(eパワー)の2列目シートは、特等席と呼ぶのにふさわしい座り心地になっているように感じました。

このように居心地が良い2列目シートを備えている新型セレナ e-POWER(SERENA e-POWER)ですが、室内高が1400mmあるミドルクラスのミニバンと言う事もあり、2列目シートに座った時の頭上空間(ヘッドクリアランス)は、かなりの余裕が…。

身長175cmある私が2列目シートに座っても、頭のてっぺんから天井まで約200mm以上(拳を縦にして3個以上)のゆとりがあり、とっても快適。

競合車・ライバル車のホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)と比較すると、若干天井が低い(車内が狭い)ように感じましたが、新型セレナ e-POWER(SERENA e-POWER)でも、十分に開放的な気分を味わう事ができました。

また、天井が高いため、車内の移動(ウォークスルー)や乗り降りがしやすいのも、ミニバンの魅力の一つなのかなと思いました。

>>> 新型セレナのe-POWERとガソリン車【ウォークスルー幅の違いはどのくらい!?】

新型セレナe-POWERの2列目のインプレ【足元空間の広さはどうだった?】

一方、今回新発売された日産の新型セレナ e-POWER(SERENA e-POWER)の足元空間(ニークリアランス)の広さは、どうだったのでしょうか?

結論から申し上げますと、この新型e-POWER(eパワー)の2列目シートの足元空間(ニークリアランス)の広さは、概ね良好です。

ただ、新型セレナ e-POWERの2列目シートは、ガソリン車/マイルドハイブリッド車と同様に前後左右にスライドできる機能を備えており、2列目のシート位置や3列目シートの使用状況などによって、快適性・足元空間の広さは、ずいぶん変わるのかなと言った印象を持ちました。

そんな新型e-POWER(eパワー)の2列目は、シートの位置やアレンジなどによってどれくらい足元空間(ニークリアランス)の広さに違いがあるのでしょうか?

実車画像を使って、新型e-POWER(eパワー)の2列目シートの足元空間の広さ&快適性を紹介していきたいと思います。

2列目を左右にスライドした時の足元空間の広さをチェック

今回新発売された新型セレナ e-POWER(SERENA e-POWER)の2列目シートを左右にスライドした状態で、一番後ろまでスライドするとこのようになります。

■2列目を左右に展開&最後端スライドした時の様子

この状態での2列目シートの足元空間(ニークリアランス)は、このような感じ。

■2列目シートを左右に展開した時の足元空間の広さ

この状態でも、かなり広いですよね。

身長175cmある私がこの状態で座ってみた時の足元空間の広さ(膝頭からシートバックまでの距離)は、拳を縦にして3個半程度(約330mm)。

成人男性の私でも足を組めるくらい広いので、長距離ドライブでも快適に過ごせるように感じました。また、フロントシートのシートバックに備わっている折り畳み式テーブルとの距離がちょうどよく、テーブルを使うのにもピッタリな距離感になっているように感じました。

2列目を超ロングスライドした時の足元空間の広さをチェック

また、今回新発売された日産の新型セレナ e-POWER(SERENA e-POWER)は、2列目シートを中央に寄せると、超ロングスライドをすることができるようになり、先ほど紹介をした左右に広げた時よりもスライド幅が大きくなります。

■2列目シートを超ロングスライドした時の様子

この2列目シートを超ロングスライドした時の足元空間(ニークリアランス)の広さは、このような感じ。

■2列目シートを超ロングスライドした時の足元空間の広さ

先ほど紹介した2列目シートを左右に展開した時よりも、明らかに足元空間(ニークリアランス)が広くなった感じが…

この時の足元空間の広さ(膝頭からシートバックまでの距離)を計測してみたところ、拳を縦にして4個半(約450mm)の広さがあり、とっても快適。

超ロングスライドをすると、隣の席との距離感が狭くなるためプライベート感がなくなるのが少々気になるところですが、足を前に投げ出すように座っても、フロントシートのシに足が触れない広さになっているのが、とても良かったです。

>>> 【関連記事】新型セレナe-POWERの2列目【スライド幅はどれくらいだった?】

3列目の足元空間を確保すると、足元空間は若干窮屈に…

このように2列目シートを後方までスライドすると十分な足元空間の広さを確保している新型セレナ e-POWER(SERENA e-POWER)。

しかし、3列目シートを使用すると、2列目シートを真ん中くらいに設定しないといけないため、足元空間(ニークリアランス)の広さは、ちょっと狭めに…。

実際に2列目シートを中間くらいに設定して、足元空間(ニークリアランス)の広さを確認してみると、このような感じ。

■2列目シートを中間位置に設定した時の足元空間の広さ

先ほどと比較すると、足元空間(ニークリアランス)の広さは、かなり狭くなった印象が…。

この時の足元空間の広さ(膝頭からシートバックまでの距離)を計測してみたところ、拳を縦にして2個弱(約190mm)の広さしかなく、ちょっと広めのコンパクトカーの後部座席に座っているような感じ…。

仕方ないとはいえ、新型セレナ e-POWER(SERENA e-POWER)の3列目シートを使用すると、2列目シートの足元空間(ニークリアランス)の広さは、だいぶ制限されるのかなと思いました。

また、この新型モデルの2列目シートを中間位置に設定すると、足元空間が狭くなるため、フロントシート下に足を入れたくなります。

しかし、新型e-POWER(eパワー)の場合、フロントシートの下にはバッテリーが収納されているためトンネルになっておらず、足をスッポリと収納する事ができません。なので、足の置き場に少し困ります。

この足の収まりの悪さも、新型セレナ e-POWER(SERENA e-POWER)の2列目シートの居住性で気になるところでした。

2018年3月にデビューをした日産の新型セレナ e-POWER(SERENA e-POWER)の2列目シートの頭上空間/足元空間の広さを確認してみたところ、このようになっていました。

今回新発売された新型モデルの2列目シートのスライド幅は、競合車・ライバル車の新型ヴォクシー/ノア/エスクァイアと比較すると若干小さいですが、それでも十分な足元空間(ニークリアランス)の広さを確保。

2列目シートを一番後ろにスライドすれば十分な足元空間(ニークリアランス)が確保されており、長距離ドライブでも快適に過ごせるように感じました。

また、シートバックテーブルやUSBポートなど、2列目シート周りには機能や装備が充実しているのも好印象でした。

【次のページ】>>> 新型セレナe-POWERの2列目は快適!?【装備&使い勝手を徹底解説】

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする