スライド幅は大きい!?新型セレナe-POWERの2列目シートを徹底チェック

2018年3月、電気自動車のようなスムーズ&静かな走りが特徴のハイブリッド車新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)が、日産からデビューをしました。

様々な専用装備を備えているこの新型e-POWER(eパワー)の注目ポイントの一つが、専用のデザインになっている2列目シートです。

今回新発売された新型モデルでは2列目シートに独立キャプテンシートを採用しているのですが、前後だけではなく、左右にもスライドできる機能を採用。シチュエーションや乗車人数に応じて自由自在にシート位置を調整できるのが、好印象でした。

>>> 新型セレナe-POWERの2列目【シートアレンジのバリエーションを徹底チェック】

このように前後左右に自由自在に移動する事ができる日産の新型セレナ e-POWER(SERENA e-POWER)の2列目キャプテンシートですが、スライド幅はどれくらいだったでしょうか?

先日、この新型モデルを試乗した際、2列目シートの前後&左右のスライド幅の大きさを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型セレナe-POWERの2列目シートの前後スライド幅はどれくらい?

2018年3月にデビューをした日産の人気ミドルクラスミニバン新型セレナ e-POWER(SERENA e-POWER)の2列目シートは、このようなデザインをしています。

■新型セレナe-POWERの2列目シート

独立キャプテンシートを採用している新型e-POWER(eパワー)の2列目シートですが、このように前後に大きくスライドする事が可能です。

こちらが2列目シートを一番前にスライドした時の様子です。

また、2列目シートを一番後ろにスライドすると、このようになります。

2列目シートを左右に広げた状態だったのですが、思ったよりもスライド幅は大きいように感じました。

このように十分なスライド幅を備えているように見える新型セレナ e-POWER(SERENA e-POWER)ですが、通常時(2列目シートを左右に広げた状態)でのスライド幅を確認してみたところ、次のようになっていました。

■新型セレナe-POWERの2列目シートのスライド幅(通常時)…約570mm

今回新発売された新型e-POWER(eパワー)は、後部座席を左右に広げた状態でも、十分すぎるほどのスライド幅を確保。一番後ろにスライドすると、足を前に投げ出すように座ってもまだ余裕があるくらい広さを確保しているのが、好印象でした。

2列目シートを中央に寄せると、スライド幅がさらに広く…

また、今回新発売された日産の新型セレナ e-POWER(SERENA e-POWER)の上位モデルに備わっている横スライド機能を使用すると、ホイールは椅子の間に収まるサイズになるため、さらにスライド幅を大きくすることができます。

実際にこの新型モデルの2列目シートを中央に寄せて、一番後ろまでスライドしてみると、このような感じ。

■2列目を中央に寄せて一番後ろにスライドした時の様子

通常時(2列目シートを左右に広げた状態)でも十分すぎる足元空間(ニークリアランス)を備えていた新型セレナ e-POWER(SERENA e-POWER)でしたが、2列目を中央に寄せると、シート前方にさらに広い空間が生まれます。

この時の新型e-POWER(eパワー)の2列目シートのスライド幅を確認してみたところ、次のようになっていました。

■中央に2列目シートを寄せた時の最大スライド幅(通常時)…約690mm

2列目シートを中央に寄せた状態でスライドすると、通常時(2列目シートを左右にスライドした状態)と比較して、約120mmほどスライド幅が広くなります。

ちなみに、2列目シートのスライド幅が売りのトヨタの新型ヴォクシー/ノア/エスクァイアの2列目シートのスライド幅は810mmとなっています。

今回新発売された新型セレナ e-POWER(SERENA e-POWER)の2列目シートのスライド幅は、トヨタのヴォクシー等に少し及びませんでしたが、個人的には、十分に満足できるスライド幅を備えているように感じました。

新型セレナe-POWERの2列目シートの横スライド幅はどれくらいだった?

今回新発売された新型セレナ e-POWER(SERENA e-POWER)の2列目シートは、前後だけではなく、横にもスライドスライドする事が可能です。

実際にこの新型e-POWER(eパワー)の2列目シートを横にスライドしてみると、このような感じになります。

■2列目シートを左右にスライドした時の様子

■運転席側のシートを横にスライドした時の様子

■助手席側のシートを横にスライドした時の様子

ご覧いただければ分かると思いますが、今回新発売された新型e-POWER(eパワー)では、運転席側よりも助手席側の2列目シートの方が横スライドの幅が大きくなっています。

そんな新型セレナ e-POWER(SERENA e-POWER)の2列目シートの横スライドの幅を確認してみたところ、このようになっていました。

■新型セレナe-POWERの2列目シートの横のスライド幅
運転席側:約 80mm
助手席側:約190mm

運転席側と助手席側の2列目シートの横のスライド量を比較してみると、助手席側の方が約110mmほどスライド量が大きくなっています。

なので、この新型e-POWER(eパワー)の2列目シートを中央に寄せた時の3列目シートのアクセスは、運転席側よりも助手席側の方がしやすくなっていますよ。

2018年3月にデビューをした日産の新型セレナ e-POWER(SERENA e-POWER)の2列目シートですが、スライド量は、このようになっていました。

この新型e-POWER(eパワー)のスライド幅は、競合車・ライバル車の一つであるトヨタの新型ヴォクシーの広さには及ばなかったものの、十分満足できるレベルに…。2列目シートを一番後ろにスライドすれば、広々としたスペースが生まれるので、お子さんが車内で着替える時なども役に立つのかなと思いました。

また、今回新発売された新型e-POWER(eパワー)の2列目シートは、横にもスライドできるようになっており、3列目シートへのアクセスがしやすいのも好印象でした。

>>> 新型セレナのe-POWERとガソリン車【ウォークスルー幅の差はどのくらいだった!?】

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする