新型セレナe-POWERの2列目シートは快適!?【装備&使い勝手を徹底解説】

2018年3月、多くのお客さんが待ち望んでいた日産セレナのハイブリッドモデル新型セレナe-POWER(e-POWER)が、デビューをしました。

今回新発売された新型モデルでは、外装や内装に様々な専用装備を備えていますが、個人的に特に良いと思ったのは、2列目シートです。

今回新発売された新型モデルでは、アームレストが備わった独立キャプテンシートを採用。2列目シート周りの機能や装備も充実していて、ガソリン車/マイルドハイブリッド車よりも特等席感が増したように感じました。

>>> 新型セレナの2列目シート比較【e-POWERとガソリンの4つの違いとは?】

そんな新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の2列目シート周りには、どのような装備が備わっていたのでしょうか?また、2列目シート周りに用意されている装備や機能の使い勝手は、どうだったのでしょうか?

今回新発売された新型e-POWER(eパワー)の2列目シート周りの装備や使い勝手について確認をしてきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型セレナe-POWERの2列目シート【装備や使い勝手インプレッション】

2018年3月にデビューをした日産の人気ミニバン新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の2列目シートは、このようなデザインになっています。

■新型セレナe-POWERの2列目シート

先ほども紹介した通り、今回新発売された新型e-POWER(eパワー)は、2列目シートに独立キャプテンシートを採用。

クッション素材や背もたれの形状など専用のチューニングが施されており、ガソリン車/マイルドハイブリッド車よりも座り心地が良くなっていました。

また、今回新発売された日産の新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)では、2列目シート周りの機能や装備が充実しており、長時間ドライブでも快適に過ごせる工夫が施されているのも好印象でした。

そんな新型e-POWER(eパワー)の2列目シート周りの装備や機能を確認してきたので、紹介したいと思います。

2列目シートの前には使い勝手の良い折り畳みテーブルを用意

今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)では、ガソリン車/マイルドハイブリッド車と同様に折り畳み式のシートバックテーブルを用意しています。

■新型セレナe-POWERの折り畳みテーブル

そして、この新型e-POWER(eパワー)のシートバックテーブルを開けてみると、このような感じ。

この新型モデルの2列目シートのシートバックテーブルには、カニのハサミのようなデザインをしているドリンクホルダーを2個用意しているのですが、使用しない時は、このように上に持ち上げて収納しておけます。

また、テーブルに穴が開いているタイプのドリンクホルダーと異なり、ガムやキャンディー、ミントタブレットなど小さいアイテムをテーブルに置いても穴から落ちる心配はありません。

新型ステップワゴン(STEPWGN)など、テーブルに穴が開いているタイプのドリンクホルダーを採用している競合車のよりも、このクルマの2列目シートのシートバックテーブルの方が使い勝手は良いように感じました。

■新型ステップワゴンのシートバックテーブル

また、今回新発売された新型e-POWER(eパワー)のシートバックテーブルの左右には、最大荷重3kgまで耐えられるコンビニフックが用意されています。

■シートバックテーブルに用意されたコンビニフック

コンビニなどで購入したおにぎりやサンドウィッチなどの軽食、ドリンクなどを手軽に掛けておけるので、とても便利なのかなと思いました。

USBポートも各シートに1つずつ用意

また、今回新発売された日産の新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)では、フロントシートの裏側にそれぞれ1つずつUSBポートを標準装備しています。

■新型セレナe-POWERの2列目シート用USBポート

このような専用のUSBポートが各シートに1つずつ用意されているのは、嬉しいですよね。
しかも、ホコリや汚れから守ってくれるリッド(蓋)付きです。

また、この新型e-POWER(eパワー)の2列目シートのUSBポートの近くには、シートバックテーブルやシートバックポケットが用意されおり、充電中のスマホやiPhone、携帯ゲーム機の置き場に困る事もありません。

この点も、新型e-POWERの良いところだと思いました。

ちなみに、競合車・ライバル車のホンダの新型ステップワゴンやトヨタの新型ヴォクシー/ノア/エスクァイアでは、2列目シート専用のUSBポートは用意されていません。

やはり長距離ドライブをしている時、スマホやゲーム機などを充電できると助かりますよね。

2列目シートの各シートに専用のUSBポートが一つずつ用意されているのは、競合車・ライバル車には無い新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の大きな魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

>>> 【いくつ用意されている?】新型セレナe-POWERのUSBポートの設置場所レビュー

使い勝手の良いシートバックポケット

また、今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の2列目シートを見ていて、良いと思ったのが、シートバックポケットです。

シートバックポケット自体は目新しい装備ではないのですが、今回新発売されたこの新型e-POWER(eパワー)のシートバックポケットは、マジックテープで大きいスペースと小さいスペースの2つに仕切られたデザインに…。

なので、このようにUSBポートに繋いだスマホやiPhoneを収納しておくのにも、とっても便利です。

このように使う人の事を考えた細やかな気配りも、新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の良いところの一つなのかなと思いました。

快適に過ごせるロールサンシェードも用意

今回新発売された日産の新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)では、引き出して使用するロールサンシェードを標準装備。

実際に使ってみると、このような感じ。

■新型セレナe-POWERのロールサンシェード

強い日差しを和らげてくれるだけでなく、大きなサイドウィンドウをスッポリと隠してくれるので、プライバシー保護としても重宝するのかなと思いました。

また、使わない時は、シュルシュルと格納でき、窓枠の部分にスッキリと収納できるのも好印象でした。

2018年3月にデビューをした日産の人気ミニバン”新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)”の2列目シート周りの装備や機能を確認したところ、このようになっていました。

専用デザインの独立キャプテンシートを採用している新型e-POWER(eパワー)の2列目ですが、使い勝手の良いシートバックテーブルやUSBポートを標準装備。

シートバックテーブルやUSBポートは使い勝手も良く、この新型モデルの2列目シートは、まさに特等席と呼ぶのに相応しい仕上がりになっていました。また、細部まで徹底して実用性を追求しているのが好印象でした。

競合車・ライバル車のホンダの新型ステップワゴンや新型ヴォクシー/ノア/エスクァイアの2列目シートも、様々な工夫を凝らしています。

ただ、個人的には、日産の新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の2列目シートが、一番装備が充実していて、快適に過ごせるような工夫が施されているように感じました。

>>> セレナe-POWERの2列目シート【シートアレンジのバリエーションを徹底チェック】

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする