新型セレナe-POWERの3列目の足元の広さを検証【2列目の位置でどれくらい変わる?】

2018年3月、電気自動車のようなスムーズ&レスポンス良い加速が魅力のストロングハイブリッド車新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)がデビューをしました。

今回新発売された新型e-POWER(eパワー)は様々な魅力がありますが、競合車・ライバル車よりも優れていると感じたのが3列目シートのデザインです。

この新型モデルの3列目シートには、折り畳みテーブルやUSBソケットなど嬉しい装備が用意されており、競合車・ライバル車の3列目よりも明らかに居心地が良い工夫が施されていました。

>>> 競合車よりも良い!?新型セレナe-POWERの3列目の装備の充実度を徹底チェック

そんな新型e-POWER(eパワー)の3列目シートの足元空間の広さや快適性は、2列目シートのスライド位置で大きく変わります。

この新型e-POWER(eパワー)の3列目シートは、どのくらいの足元空間の広さを確保しているのでしょうか?また、2列目シートをどのくらいの位置に設定したら、3列目シートに座っている人は、快適に過ごす事ができるのでしょか?

日産から新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の3列目シートの足元空間の広さ、居住性を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型セレナe-POWERの3列目の足元空間の広さを検証

2018年3月にデビューをした新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の3列目シートは、このようなデザインをしています。

■新型セレナe-POWERの3列目シート

先ほども紹介した通り、この新型e-POWER(eパワー)の3列目シート周りには、折り畳みテーブルやUSBソケットを用意。

■3列目シート用の折り畳みテーブル

>>> 新型セレナe-POWERの2列目と3列目のテーブル【サイズなどの違いを徹底解剖】

■3列目シート用のUSBソケット

>>> 何個用意されている?新型セレナe-POWERのUSBポートの設置場所レビュー

またこの新型e-POWER(eパワー)の3列目シートは、座面のクッション性が良く、座り心地も良いです。

補助シート感が強いホンダの新型ステップワゴンやトヨタの新型ヴォクシー/ノア/エスクァイアの3列目シートとは異なり、長距離ドライブでも快適に過ごせる座り心地・快適性になっていたのも好印象でした。

そんな新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の3列目シートの足元空間の広さを次の4つのケースに分けて確認してきたので、紹介したいと思います。

ケース1:2列目をロングスライドした時

今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の2列目シートを中央に寄せると、スライド幅が690mmに達するロングスライドを行う事が可能です。

■新型e-POWERの2列目シートをロングスライドした時の様子

そして、2列目シートをロングスライドした時の3列目シートの足元空間の広さは、このようになっていました。

■2列目ロングスライド時の3列目シートの足元空間

ご覧いただけば分かると思いますが、2列目シートをロングスライドすると、3列目シートの足元空間(ニークリアランス)はご覧の通り全くゆとりが無い状態に…。

もし3列目シートに乗車する人がいる場合は、2列目のロングスライドを使用するのは、避けるべきですね。

ケース2:2列目を最後端にスライドした時

一方、新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の2列目を左右に広げた状態で一番後ろにスライドした時の3列目シートの足元空間の広さは、どうだったのでしょうか?

この時の3列目シートの足元空間(ニークリアランス)の広さを確認したところ、このようになっていました。

■2列目を一番後ろにした時の3列目シートの足元空間

この時の新型e-POWERの3列目シートの足元空間(ニークリアランス)の広さを確認してみたところ、約180mm。

身長175.5cmある私がこの新型e-POWER(eパワー)の3列目シートに座ってみると、このような感じに…。

何とか座る事はできますが、膝頭が3列目シートのテーブルにぶつかってしまい、あまり快適ではありません。また、足を動かす事ができないので、不自由です。

小さいお子さんなら、このくらいの足元空間(ニークリアランス)の広さでも十分快適に過ごせると思います。ただ、成人男性が座るには、また、長距離ドライブするには、この3列目シートの足元空間(ニークリアランス)は、ちょっと狭すぎるように感じました。

ケース3:2列目を中間位置にした時

新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の2列目シートを中間位置に設置すると、3列目シートの足元空間(ニークリアランス)の広さは、どれくらいになるのでしょうか?

ちなみに、3列目シートの足元空間の広さを検証するに当たり、2列目シートをこのくらいの位置に設定しました。

■新型e-POWERの2列目シートの設定位置

このように2列目を真ん中くらいの位置に設定した時の3列目シートの足元空間(ニークリアランス)の広さは、このようになっていました。

■2列目シートを中間位置にした時の3列目の足元空間の広さ

この時の新型e-POWER(eパワー)の3列目シートの足元空間(ニークリアランス)の広さを計測してみたところ、約320mmとなっていました。

私また、がこの状態で3列目シートに座ってみたところ、膝頭から2列目のシートバックまで拳約2個分の余裕があり、十分な広さに…。

大人の方が3列目シートに座って快適に過ごすには、足元空間(ニークリアランス)にこのくらいのゆとりがあった方が良いのかなと思いました。

ちなみ、この時の2列目シートの足元空間(ニークリアランス)の広さを確認したところ、このようになっていました。

■2列目シートを中間位置にした時の足元空間の広さ

実際にこの状態で2列目シートに座ってみると、このような感じに…。

3列目シートと同様にこの2列目シートの足元空間も、膝頭からシートバックまで拳約2個分のゆとりがあり、2列目シートに座っても窮屈さを感じません。個人的には、3列目シートに人が座るには、2列目シートをこのくらいの位置に設定するのが、一番良いのかなと思いました。

ケース4:2列目を一番前にスライドした時

また、今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の2列目を一番前にスライドした時の3列目シートの足元空間の広さ・快適性は、どうだったのでしょうか?

■新型セレナe-POWERの2列目シートを一番前にスライド

2列目シートの足元空間のゆとりがほとんど無くなってしまいますが、この時の3列目シートの足元空間の広さを確認してみたところ、このような感じに…。

■2列目シートを一番前にした時の3列目の足元空間の広さ

かなり広いですよね。

ちなみに、このように2列目シートを一番前にスライドした時の3列目シートの足元空間(ニークリアランス)の広さを確認してみたところ、約520mmとなっていました。

2列目シートを一番前にスライドすると、2列目シートに座る事ができなくなってしまうので、このようなシートアレンジにするケースは少ないと思います。

ただ、乗り降りや車内をウォークスルーする際、この広い足元スペースは、重宝するのかなと思いました。

2018年3月にデビューをした新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の3列目シートの足元空間の広さを確認してみたところ、このようになっていました。

2列目シートを一番後ろまでスライドすると、3列目シートの足元空間は狭くなってしまい、窮屈さを感じてしまいます。しかし、2列目シートを真ん中くらいに設置すると、大人でも十分に快適に過ごせるだけの足元空間の広さが…。

3列目シート周りの装備や機能だけではなく、この足元空間も含めて、今回新発売された新型e-POWERの3列目シートは、競合車・ライバル車の中で一番良いように感じました。

また、この新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の3列目シートは、スライド機能を備えており、荷室に積み込む荷物の大きさや量によって、調整できるのも好印象でした。

>>> 新型セレナe-POWERの3列目のスライド幅はどのくらい【足元空間は結構変わる?】

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする