3つの注目ポイントとは?新型セレナe-powerオーテックの外装画像レビュー

日産の人気ミニバン新型セレナe-POWERが大ヒットしていますが、このモデルをベースにしたカスタマイズ車オーテック(AUTECH)が、2018年3月にデビューをしました。

先日、このカスタマイズモデル”新型セレナe-POWERオーテック(SERENA e-POWER AUTECH)”を実際に見る事ができたのですが、ノーマルモデルとは全く異なるスポーティーさと高級感を兼ね備えたデザインに…。

>>> 5つの違いを発見!新型セレナe-POWERとガソリン車の外装を実車画像で比較

ドットパターンのフロントグリルを採用するなど、オーテック(AUTECH)のコンセプトである”大人のための、美しきプレミアム”と言うのを、この新型モデルは、上手に体現しているように感じました。

そんな新型オーテック(AUTECH)の外装・エクステリアは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、この新型モデルの外装・エクステリアには、どのような特徴があったのでしょうか?

ベースとなっている新型e-POWERと比較しながら、今回新発売された新型セレナe-POWERオーテック(SERENA e-POWER AUTECH)の外装・エクステリアを徹底的にレビューをしたいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型セレナe-POWERオーテックの外装画像レビュー

日産の人気ミニバン”新型セレナe-POWER”をベースにしたカスタマイズモデル”新型セレナe-POWERオーテック(SRENA e-POWER AUTECH)”の外装・エクステリアは、このようなデザインになっています。

■新型セレナe-POWERオーテックの外装

一方、ベースとなっている新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の上位モデル”ハイウェイスター”の外装・エクステリアは、このようになっています。

■新型セレナe-POWERハイウェイスターの外装

フロントグリルのデザインが違う事もあり、この2台のモデルの外装・エクステリアの雰囲気は、全く異なりますよね。

ただ、今回新発売されたオーテック(AUTECH)は、e-POWERらしさが薄れた感じが…。

ベースモデルの新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)は、フロントグリルにブルーのアクセントラインが入っており、一目でe-POWERと分かるデザインになっていました。

■ブルーのアクセントラインが入ったe-POWERのフロントグリル

しかし、今回新発売された新型セレナe-POWERオーテック(SERENA e-POWER AUTECH)では、フロントグリルにブルーのアクセントラインが入ってい無いため、一目でe-POWERと分かる特徴はありません。

なので、パッと見ただけでは、ガソリン車のオーテックと見分けはつきません。

ただ、今回新発売されたこのモデルは、オーテックらしいスポーティさと高級感を兼ね備えており、ベースとなっている新型セレナe-POWERよりもワンランク上の風格が漂っていました。

そんな新型オーテック(AUTECH)の外装・エクステリアの3つの特徴&魅力を紹介したいと思います。

オーテックの外装の特徴1:ドットを採用したフロントグリル

2018年3月にデビューをした日産の新型セレナe-POWERオーテック(SERENA e-POWER AUTECH)の外装・エクステリアの注目ポイントの一つが、ドットパターンを採用したフロントグリルです。

■新型セレナe-POWERオーテックのフロントグリル

ドット柄が印象的なオーテック(AUTECH)のフロントグリルを近くで見てみると、多数の5角形を組み合わせたデザインになっています。

また、このフロントグリルに施されたドット柄は、上に行けば行くほど大きなサイズになっており、立体感のあるデザインになっています。

そのおかげもあり、このオーテック専用デザインのフロントグリルは、見る角度や太陽の光の当たり具合で見え方や表情を変える繊細なデザインに…。そして、この繊細さが、嫌みのない高級感や上質感を演出しているように感じました。

また、フロントグリル内に搭載されている”AUTECH”の専用ロゴも良いワンポイントアクセントになっているように感じました。

オーテックの外装の特徴2:メタリックシルバーの調の加飾

また、今回新発売された新型セレナe-POWERオーテック(SERENA e-POWER AUTECH)の外装・エクステリアの特徴の一つが、メタル調の加飾です。

この新型オーテック(AUTECH)では、専用デザインのエアロパーツが用意されているのですが、各パーツにメタリックシルバーの加飾が施されておりました。

■オーテック専用のエアロパーツ

このメタリックシルバーに加飾されたエアロパーツが、スポーティーさを演出しているような…。また、このエアロパーツのおかげで、ベースとなっている新型セレナe-POWERよりも低重心で引き締まった印象を与えているように感じました。

サイドミラーもメタリックシルバーカラーに…

また、今回新発売された新型セレナe-POWERオーテック(SERENA e-POWER AUTECH)のサイドミラーは、エアロパーツとマッチをしたいメタリックシルバーを採用しています。

■新型オーテックのサイドミラー

このメタリックシルバーカラーになったサイドミラーもオーテックらしいスポーティーさと先進性を演出しているように感じました。

オーテックの外装の特徴3:専用デザインのタイヤ&ホイール

また、今回新発売された新型セレナe-POWERオーテック(SERENA e-POWER AUTECH)の注目ポイントの一つが、タイヤ&ホイールです。

この新型オーテック(AUTECH)では、専用デザインのタイヤ&ホイールを標準装備。

■新型セレナe-POWERオーテックのタイヤ&ホイール

ちなみに、こちらは、ノーマルモデルに標準装備されているタイヤ&ホイールです。

■新型セレナe-POWERのタイヤ&ホイール

ベースとなっている新型セレナe-POWERと比較すると、オーテック(AUTECH)のタイヤ&ホイールは、スポーティなデザインに…。

ただ、オーテックのガソリン車は、15インチ~17インチのタイヤを用意していたのに対し、e-POWERオーテックのタイヤは、15インチのみを用意。

また、使用されているタイヤメーカー&ブランドもダンロップ低燃費タイヤ”エナセーブ EC300+”となっており、ベースとなっているモデルと全く一緒になっていました。

なので、今回新発売された新型セレナe-POWERオーテック(SERENA e-POWER AUTECH)とベースとなっている新型セレナe-POWERでは、乗り心地に違いはありません。

ただ、個人的には、新型オーテックが”高級感とスポーティー”さを売りにするのなら、低燃費タイヤではなく、グリップ感の良いスポーツタイヤを標準装備しても良かったのかなと感じました。

e-POWERと同じタイミングでデビューをした新型セレナe-POWERオーテックの外装・エクステリアを確認したところ、このようなデザインになっていました。

今回新型オーテック(AUTECH)の外装・エクステリアは、ノーマルモデルと異なる高級感&スポーティーさが漂うデザインに…。

同じ日産が発売しているもう一つのカスタムブランド”ニスモ(NISMO)”と異なり、足回りや乗り心地に違いが無いのは少々残念でしたが、他の人とちょっと違う”特別なモデル”に乗りたい方には、ピッタリなのかなと思いました。

また、シートの素材が異なる特別感のある内装・インテリアも新型セレナe-POWERオーテック(SERENA e-POWER AUTECH)の見逃せないポイントの一つなのかなと思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする