【使いやすい!?】新型セレナe-POWERのセンターコンソールを徹底検証

エンジンで発動して、モーターで駆動する”e-POWER”の第二弾として、新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)が、2018年3月に日産からデビューをしました。

今回新発売されたe-POWERは、ガソリン車/マイルドハイブリッド車と異なる専用デザインになっていますが、特に違いを感じたのは、運転席と助手席の間のスペースです。

ガソリン車/マイルドハイブリッド車では、このクルマの魅力の一つでもあるスマートマルチセンターシートを採用していましたが、今回新発売されたe-POWERでは、備え付けの大型センターコンソールを採用。

ガソリン車/マイルドハイブリッド車と全く異なる雰囲気&使い勝手の内装・インテリアになっていました。

>>> 新型セレナe-POWERのインパネ【専用装備の使い勝手で気になる事も…】

そんな新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の専用装備となっている大型センターコンソールは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、サイズや使い勝手は、どうだったのでしょうか?

先日、このe-POWER(eパワー)に搭載された大型センターコンソールの使い勝手やサイズを確認してきたので、実車画像を使って、徹底的にレビューをしていきたいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型セレナe-POWERの専用装備センターコンソールの画像インプレ

2018年3月にデビューをした日産の新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の運転席と助手席の間に備わっている大型センターコンソールは、このようなデザインになっています。

■新型セレナe-POWER専用の大型センターコンソール

この新型モデルに備わっている大型センターコンソールは、メッキ加飾で周囲を囲むようなデザインに…。なので、意外と存在感があります。

また、このe-POWERに搭載されている大型センターコンソールは、ライトに連動して、このようにブルーのイルミネーションライトが点灯します。

■新型セレナe-POWERの大型センターコンソール(ライト点灯時)

実際にライトを点灯してみると、かなりスタイリッシュなデザインに…。

また、ブルーのイルミネーションライトを搭載している事により、他の内装・インテリアの装備との統一感が生まれているのも好印象でした。

新型セレナe-POWERのセンターコンソールの魅力&メリットは?

このようなデザインになっていた新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の大型センターコンソールですが、実際に使ってみて良いと思った事の一つが、大きさ(サイズ)です。

運転席と助手席の間に鎮座している大型のセンターコンソールですが、ボックスティッシュをスッポリと収納できるサイズに…。

実際にこの新型モデルに備わっている大型センターコンソールのサイズを確認してみると、このようになっていました。

■新型セレナe-POWERの大型センターコンソールのサイズ
奥行き:約330mm
横幅   :約125mm

実際にこのセンターコンソールを確認してみると、かなり大きめです。

運転席から手の届く範囲に、ボックスティッシュを置ける大きさの収納スペースがあるのは、とても便利なのかなと思いました。

バックも置きやすいデザインに…

また、今回新発売された日産の新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)に備わっている大型センターコンソールを使ってみて、良いと思った事の一つが、ショルダーバッグやセカンドバッグ、トートバックなどを置くのに適していると言う事です。

家族みんなでお出かけをする時など、意外と手持ちのバッグの置き場に困るんですよね。

しかし、今回新発売されたこの新型e-POWER(eパワー)は、センターコンソールはトレー部分が大きいので、手持ちのバッグをサッと置く事ができるので、とっても便利。

また、何より良いと思ったのが、このe-POWERに備わっている大型センタートレーはフラットなデザインになっているため、トレーよりも大きいサイズのバッグも置けるデザインになっていた事です。

私はこの新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)を試乗した際、センターコンソールよりもひと回り大きいA4サイズのファイルや雑誌も収納できるトートバッグをこのスペースに置いて運転をしてみたのですが、思ったよりも安定感がありました。

発進や急停止、急なカーブを曲がっても、このセンターコンソールからバッグが落ちる事はありません。

この大きなバッグを置いた時の安定感も、この新型モデルのセンターコンソールの良いところだなと思いました。

ちなみに、このクルマの競合車・ライバル車の一つでもあるホンダの新型ステップワゴン ハイブリッドでも、同じようなデザインの大型センターコンソールを備えています。

■新型ステップワゴン ハイブリッドのセンターコンソール

USBポートなど様々な装備が備わっている新型ステップワゴン ハイブリッドのセンターコンソールも、とても良いと思います。

ただ、バッグを置くスペースとして考えると、センターコンソールよりもサイズの大きいバックを置ける新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の方が、使い勝手は良いのかなと思いました。

新型セレナe-POWERの大型センターコンソールを使って気になった事…

このようなデザインになっている新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の専用装備のセンターコンソールを実際に使ってみたところ、気になった事も…。

それは、大型センターコンソールの高さです。

今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)に用意されているセンターコンソールは、ウォークスルー性を考慮して、高さを約210mmに設定。

そのおかげもあり、この大型センターコンソールをまたいで渡れば、フロントシートから2列目シートへウォークスルーはできるようになっています。

>>> 室内移動はラク?新型セレナe-POWERのウォークスルーしやすさ徹底チェック

ただ、ウォークスルー性を考慮したため、荷物を置いたりするのには、センターコンソールの高さが少し低すぎる感じが…。なので、小物を置くスペースと使用するには、少しと不便な感じがします。

荷物・アイテムの取り出しやすさ、また、小物入れとしての使い勝手の良さに関しては、この大型センターコンソールを備えているe-POWERよりも、ガソリン車のスマートマルチセンターシートを一列目にセットした方が圧倒的に良いのかなと思いました。

■ガソリン車の備わっているスマートマルチセンターシート

小さいアイテムを置くには、不向きな感じも…

また、この新型e-POWER(eパワー)に備わっている大型センターコンソールを確認していて、残念に感じた事は、仕切りが用意されていない事です。

なので、iPhoneや財布、ミントタブレットなどの小さいアイテムをこのセンターコンソールに置くと、運転中、センターコンソールの中をあっちこっちに動き回ります。

最初、私のiPhoneをこのスペースに置いていたのですが、若干高くなっている縁にぶつかって、iPhoneに傷がつきそうだったので、スグにポケットにしまい直しました。

個人的には、小さいアイテムが収納しやすいように仕切りなどを、このセンターコンソールに用意しても良かったのかなと思いました。

2018年3月にデビューをした日産の新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の専用装備”大型センターコンソール”は、このようなデザイン&使い勝手になっていました。

この大型センターコンソールは、ショルダーバッグやトートバッグなどお手持ちのカバンを置くスペースとしてはとても良いと思います。ただ、高さが中途半端になっているため、また、仕切りもないため、小物入れとして使うのには、ちょっと不向きな感じが…。

個人的には、スマホや財布、ミントタブレットなどの小さいアイテムは他のスペースに置いて、この大型センターコンソールは、カバン置き場として使用するのが一番良いのかなと、個人的には思いました。

>>> 新型セレナe-POWERの運転席周りの収納レビュー【ガソリン車との違いも…】

もしこれからこの新型モデルを試乗する際は、この大型センターコンソール部分にお手持ちのカバンを置いてみるなど、使い勝手をしっかりと確認してみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする