【もっさり感は感じた!?】新型セレナe-POWERのエコモードの試乗の感想

2018年3月、電気駆動のならではスムーズな発進加速が魅力のe-POWERが、日産の人気ミニバン新型セレナ(SERENA)に搭載されました。

今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)は、4つのドライブモードを用意していますが、その中の一つが燃費重視の運転をサポートしてくれるエコモード(ECO MODE)です。

そんな新型e-POWERに備わっているエコモード(ECO MODE)で気になっていた事が…。

それは、エコモードで運転しても発進加速やパワーに不満を感じる事は無いのか?また、発進時にもっさり感を感じる事は無いのか?と言う事です。

そんな新型e-POWER(eパワー)のエコモードの疑問を解決するために、一般道や坂道などを試乗させて貰いました。

今回新発売された新型e-POWERに用意されているエコモード(ECOモード)の乗り心地は、どうだったのでしょうか?また、発進時などに”もっさり感”は、感じたのでしょうか?

日産からデビューをした新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)に用意されているエコモードで運転した時の乗り心地や加速力を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型セレナe-PWERのエコモードの試乗レビュー

先ほども紹介した通り、今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)に用意されているエコモードとは、加速力を抑えた燃費優先の走行モードです。

また、このエコモードは、Sモードと同様に減速力(回生力)が高まるため、アクセルペダルだけで、発進から停車ができるワンペダル走行ができるドライブモードとなっています。

>>> 乗り心地は良かった?新型セレナe-POWERのSモードの試乗インプレ

ちなみに、この新型e-POWER(eパワー)をエコモードに切り替えるには、ハンドルの右側にあるこの”ドライブモードスイッチ”を操作します。

■新型セレナe-POWERのエコモードスイッチ

このドライブモードスイッチは、押すたびに”ノーマルモード→Sモード→エコモード→ノーマルモード→…”の順に切り替わります。

そして、このドライブモードスイッチを何回か押すと、メーターの左側にあるマルチインフォメーションディスプレイの右下に小さく”ECO”と表示され、加速力を抑えた燃費重視のエコモード走行に切り替わります。

エコモードで試乗をスタート:発進加速力は、どうだった?

今回は、エコモード(ECO MODE)のみで30分ほど新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)を試乗をさせて貰ったのですが、実際に運転をしてみると、「このエコモードは、やはり燃費重視なんだな。」と言う事を実感します。

ノーマルモードやSモードとの違いを特に実感するのは、信号待ちからの発進時です。

この新型e-POWER(eパワー)に用意されているノーマルモードやSモードで運転している時は、発進時の加速力にもっさり感は一切なし。

アクセル操作に加速がダイレクトに反応するような乗り心地で、軽くアクセルを踏みこんだだけで、タイムラグなくス~~っとスムーズ&シルキーに加速をしていってくれます。

>>> 新型セレナe-POWERの加速力インプレ【運転していてパワー不足は感じる?】

一方、新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)のエコモード(ECO MODE)で運転をすると、やはりもっさり感が強いです。

アクセルを踏みこんでから、ワンテンポ遅れて、「よいしょ」と動き出す感覚があり、モーター駆動ならではの”アクセルを踏みこんだ瞬間から気持ちよく伸びていく加速感”は、かなり薄くなった感じが…。

ただ、このSモードは、「ミニバンならこのくらいのもっさり感は仕方ないよな~」と感じるくらいの発進加速力となっており、他のミドルクラスのミニバンと比較して、明らかに劣る訳ではありません。

発進時からグイグイと飛ばしたい人には、このエコモード(ECO MODE)の加速力は少し物足りないかもしれません。ただ、「普通に走れればいいや~」と、言う方なら、ストレスを感じる事なく運転できるのかなと思いました。

エコモードで街中を運転中、注意が必要だと感じたのは…

このように発進加速時は多少のもっさり感、加速の伸びの悪さを感じる新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)のエコモードですが、一度走り始めてしまうと、街中でパワー不足を感じる事は少なく、比較的快適に運転をする事ができました。

なので、街中の道を一定の速度で運転をするには、このエコモード(ECO MODE)はとても良いと思います。

ただ、唯一注意が必要だと感じたのが、交通量の多い交差点を右折をする時です。

このエコモードは、他のドライブモードよりもアクセルを踏み込んでから反応が悪くなるので、Sモードやノーマルモードと同じタイミングで右折しようとすると、ちょっと怖い思いをする事も…。

交通量の多い交差点をスムーズに右折をするなら、エコモードよりもアクセルを踏みこんだ時の反応が良いノーマルモードやSモードの方が安心感がありました。

エコモードで坂道を運転してみたところ…

また、今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)に用意されているエコモードは、坂道の運転もあまり向いてい無いような感じがしました。

今回、小さい峠の坂道を運転させて貰う事ができたのですが、このエコモードの場合、燃アクセルをかなり踏みこまないと、坂道をグイグイと登っていってくれません。また、アクセルペダルの踏み込み量が多くなると、エンジン音が大きくなるのも、若干気になりました。

このように坂道をエコモードで運転するのは、ちょっとしんどかったので、坂道の途中でSモードに切り替えたところ、運転が一気にラクに…。

アクセルの踏み込み量はエコモードの半分以下にも関わらず、坂道をチカラ強くグングンと駆け上がっていってくれます。さっきまでのパワー不足がウソみたいです。

これなら、箱根の山道のような長い上り坂が続く道でも、ラクに走破できるのかなと思いました。

今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)に用意されているドライブモードの一つ”エコモード(ECO MODE)”で運転したところ、加速力やパワーはこのようになっていました。

加速力が良いノーマルモードやSモードと比較すると、このエコモード(ECO MODE)は、発進加速時などにもっさり感・重さを感じます。ただ、パワー不足も許容範囲なので、慣れてしまえば、それ程ストレスなく運転をする事ができるのかなと思いました。

また、長い上り坂や高速道路での合流など、エコモードが苦手なシーンもあります。
ただ、Sモードやノーマルモードと上手に切り替えて使えば、このエコモード(ECO MODE)もかなり重宝をするのかなと思いました。

>>> 【注意が必要!?】新型セレナe-POWERのワンペダル走行の不満

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする