車中泊も余裕?新型セレナe-POWERのフルフラットの寸法を確認してきた

2018年3月、ガソリン車/マイルドハイブリッド車とは異なる専用デザインの装備を採用した新型セレナe-POWER(eパワー)が、日産からデビューをしました。

走りの良さや低燃費が注目を集めているこの新型e-POWER(eパワー)ですが、長距離ドライブでも快適に過ごす事ができるシートアレンジの豊富さもこのクルマの魅力の一つです。

そんな新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)のシートアレンジを先日確認してきたのですが、特に使い勝手が良いと思ったのが、フルフラットモードです。

この新型モデルでは、2種類のフルフラットモードを用意しており、使用するシチュエーションや目的によって、使い分けできるのがとても良いと思いました。

>>> 新型セレナe-POWERの2種類のフルフラットモード【居住性&快適性を確認してみた】

このように2種類の”フルフラットモード”を用意しているこの新型e-POWER(eパワー)ですが、それぞれの寸法・サイズは、どのくらいだったのでしょうか?また、背が高い男性でも車中泊をする事はできるのでしょうか?

今回新発売された新型e-POWER(eパワー)のシートをフルフラットにした時のサイズ・寸法を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型セレナe-POWERのシートアレンジ:フルフラットモードの時の寸法は、どのくらい?

先ほどもお話した通り、今回新発売された日産の新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)では、次の2つのフルフラットモードを用意しています。

■新型セレナe-POWERに用意されているフルフラットモード
・1-2列フルフラットモード
・2-3列フルフラットモード

この新型e-POWER(eパワー)に用意されている2つのフルフラットモードにした時のサイズ・寸法を確認してきたので、紹介したいと思います。

1-2列フルフラットモードの寸法は、どれくらいだった?

新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)のフロントシートと2列目シートを密着するシートアレンジ”1-2列フルフラットモード”は、このようなデザインになっています。

■新型セレナe-POWERの1-2列フルフラットモード

1列目(フロントシート)のヘッドレストを取り外して、一番後ろまでリクライニングすると、このように”1-2列フルフラットモード”にする事が可能です。

そして、この時のシートの座面部分の長さを確認したところ、次のようになっていました。

■新型セレナe-POWERの1-2列フルフラットモードの寸法…約165cm

このように1-2列フルフラットモードにした時の新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の座面の長さは、約165cm程度。なので、このように足を伸ばしてリラックスするには、十分なサイズ。

また、今回新発売された日産の新型e-POWER(eパワー)の2列目シートは、背もたれのホールド力がアップした事もあり、フルフラットモードにした時の座り心地もガソリン車/マイルドハイブリッド車よりも良くなったのも好印象でした。

ただ、この1列目と2列目を密着させる”1-2列目フルフラットモード”では、2列目シートの背もたれを180度リクライニングする事はできません。また、このシートアレンジの場合、フロントシートと2列目シートの間に大きなスペースができてしまうのも欠点の一つです。

なので、この新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)に用意されている”1-2列フルフラットモード”は、車中泊をするのには、ちょっと不向きなのかなと思いました。

2-3列フルフラットモードの寸法は、どれくらいだった?

一方、新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の2列目の背もたれと3列目の座面を密着させるシートアレンジ”2-3列フルフラットモード”にした時のサイズ&寸法は、どのくらいだったのでしょうか?

この新型e-POWER(eパワー)で”2-3列フルフラットモード”にしてみると、このような感じになります。

■新型セレナe-POWERの1-2列フルフラットモード

3列目シートを前方にスライドして、ヘッドレストを取り外すと、180度までリクライニングする事ができるようになり、フルフラットなマット空間に…。。

3列目シートの背もたれ部分の段差など少し気になるところはあるものの、”1-2列フルフラットモード”よりも格段に広い感じが…。

そんな新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の”2-3列フルフラットモード”の寸法を確認してみたところ、次のようになっていました。

■新型セレナe-POWERの2-3列フルフラットモードの寸法…約205cm

新型e-POWER(eパワー)に用意されているシートアレンジ”2-3列フルフラットモード”の寸法・サイズは、なんと2メートルオーバー。

なので、身長175cmある私が横になっても窮屈さを全く感じません。また、このシートアレンジを活用すれば、家族3人~4人くらいまでなら車中泊をする事もできちゃいます。

ちなみに、この新型モデルで車中泊なら、荷室・ラゲッジスペースの奥行きを最大限に広くする”スーパーカーゴモード”でもする事が可能です。

■新型セレナe-POWERのスーパーカーゴモード

ただ、居心地の良さや荷物を置くスペースの事を考えると、”スーパーカーゴモード”よりも広々としていて居住性が良い”2-3列フルフラットモード”の方が良いのかなと、個人的には思いました。

ちなみに、新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)のシートアレンジ”スーパーカーゴモード”と”2-3列フルフラットモード”のそれぞれのメリット&デメリットは、コチラの記事にまとめてあります。

もしこの新型e-POWERで車中泊をしてみたいと考えている方は、この記事を参考にしてみてくださいね。

>>> 新型セレナe-POWERで車中泊!それぞれのシートアレンジのメリット&デメリット

2018年3月にデビューをした日産の人気ミニバン”新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)”に用意されている2つのフルフラットモードのそれぞれのサイズ・寸法は、このようになっていました。

この新型e-POWER(eパワー)に用意されていた2つのフルフラットモードで、特に良いと思ったのが、2列目と3列目シートを密着させる”2-3列フルフラットモード”です。

シートサイズが2メートル以上あり、背の高い男性の方でも車中泊をできるサイズを確保しているのは、とても良いと思いました。

競合車・ライバル車のホンダの新型ステップワゴンやトヨタの新型ヴォクシー/ノアなどでも車中泊ができるフルフラットモードを用意していますが、サイズや広さを考えると、この新型e-POWERのフルフラットモードが一番良いのかなと思いました。

>>> 新型セレナe-POWERの3列目の乗り心地|競合車よりも良いと感じた3つの魅力とは?

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする