新型セレナeーPOEWRの実車外観インプレ【ブルーのアクセントカラーに注目】

日産の人気ミニバン”新型セレナ”のフルハイブリッド新型セレナ e-POWER(SERENA e-POWER)が、2018年春にデビューする事が決まりました。

今回発売が決まった新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)は、電気自動車のような乗り心地・走りを楽しめる日産のハイブリッド車の第2弾。

e-POWERシリーズの第一弾として登場した日産の人気コンパクトカー”ノートe-POWER”も大ヒットした事もあり、この新型モデルも発売前からかなり注目を集めているようです。

先日、ディーラーさんにお話を伺ったところ、2017年の東京モーターショーで、この新型モデルをお披露目して以来、発売日や予約などの問い合わせが増えているみたいです。

そんな新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)を、先日、見る事ができたのですが、思ったよりもスタイリッシュなデザインに…。また、ノートe-POWERと同様に、一目見てe-POWERと分かるデザインになっていました。

2018年春にデビューをする新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の外観・エクステリアは、どのようなデザインになっているのでしょうか?また、もうすでに発売されているマイルドハイブリッド車とどのような違いがあるのでしょうか?

先日、この新型車のコンセプトモデルを見る事が出来たので、実車画像を使って、注目ポイント紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型セレナe-POWERの外装画像レビュー

2018年春にデビューが決まっている新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の外観・エクステリアは、このようなデザインになっていました。

■新型セレナe-POWERの外観

今回私が見たのは、上位モデルのハイウェイスター(Highway STAR)のe-POWERモデルと言う事もあり、思ったよりもスタイリッシュなデザインに…。

また、今度新発売されるe-POWERと既存モデルのマイルドハイブリッド車では、外観・エクステリアに、思ったよりも違いがあったように感じました。

そんな新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の外装・エクステリアの特徴&注目ポイントを紹介したいと思います。

e-POWERの特徴でもあるブルーのアクセントラインを採用

今度新発売される新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の外観・エクステリアの一番の特徴と言えば、何といってもフロントグリルに配されたブルーのアクセントラインです。

■新型セレナe-POWERのフロントグリル

ノートe-POWERでもブルーのアクセントラインが印象的でしたが、今度新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)は、大きなVモーショングリルを装備しているため、かなりインパクトのあるデザインに…。

遠くから見てもe-POWERと言うのが、スグに分るデザインになっていました。

ただ、このe-POWERの実車を見て私が気になったのは、ボディカラーとブルーのアクセントラインの相性です。

今回私が見たモデルのボディカラーは、ブリリアントホワイトパール×ダイヤモンドブラックの2トーンカラーだったので、フロントグリル内にあるブルーのアクセントラインとの相性も良く、とてもキレイに映えていました。

しかし、今度新発売される新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)のブルーのアクセントラインは、かなり見た目のインパクトが強いので、ボディカラーによっては、相性が良く無い感じが…。

このe-POWERのボディカラーを選ぶ際は、このモデルの外観・エクステリアの特徴でもあるブルーのアクセントラインとの相性を考えた方が良いのかなと、思いました。

燃費効率&空力特性を考慮した外観デザインに…

また、燃費効率や空力特性を考慮した外装・エクステリアデザインになっているのも、今度デビューをする新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の特徴の一つです。

例えば、空力特性を考慮した外装・エクステリアの装備の一つが、e-POWER専用デザインになっているタイヤ&ホイールです。

もうすでに発売されているマイルドハイブリッド車では、スタイリッシュな切削加工を施したこのようなデザインのタイヤ&ホイールを標準装備していました。

■既存モデルのタイヤ&ホイール

しかし、2018年4月にデビューをする新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)に標準装備されているタイヤ&ホイールは、デザイン性よりも、スポーク部分にギザギザが入った空力性能を優先したデザインになっていました。

■新型セレナe-POWERのタイヤ&ホイール

また、今度新発売される新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)は、既存のマイルドハイブリッド車と異なり、サイドの部分を覆った専用デザインのルーフスポイラーを標準装備しています。

■新型セレナe-POWERのルーフスポイラー

なので、今度新発売されるe-POWERと既存モデルでは、ブルーのアクセントラインが印象的なフロントマスクだけではなく、横からのデザインや後ろ姿も若干異なるので、是非とも注目をしてみてくださいね。

ちなみに、いつもお世話になっているディーラーさんに、新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の燃費を確認してみたのですが、まだはっきりとした数値は分らないようです。

ただ、ディーラーさんの話によると、競合車・ライバル車に引けを取らない燃費性能になっているようです。

ちなみに、競合車のトヨタのヴォクシー ハイブリッド(VOXY Hybrid)と、2017年11月にデビューをしたホンダのステップワゴン ハイブリッド(STEPWGN Hybrid)の燃費は、それぞれこのようになっています。

■ヴォクシーとステップワゴンの燃費
・トヨタ ヴォクシー (グレード:ハイブリッドZS)
JC08モード燃費:23.8km/L
・ホンダ ステップワゴン (グレード:スパーダ ハイブリッドG EX)
JC08モード燃費:25.0km/L

競合車・ライバル車の燃費性能を考慮すると、今度、日産から新発売される新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の燃費は、25.0 ~ 27.0km/Lくらいになるのかなと思いました。

2018年春にデビューが決定した日産の新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の外観・エクステリアは、このようになっていました。

今度デビューをする新型モデルは、ブルーのアクセントラインをフロントグリルにあしらったe-POWERらしいデザインに…。

また、タイヤ&ホイールのデザインや専用デザインのルーフスポイラーなど、既存モデルのマイルドハイブリッド車と異なるデザインになっているのも、注目ポイントの一つなのかなと思いました。

この新型モデルの試乗はまだ試乗をする事は出来ていないのですが、日産の新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の外観・エクステリアを見ただけでも、かなり期待が持てると思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする