【購入ガイド】新型セレナe-POWERはどのグレードが一番おススメ?

モーター走行ならではのシルキー&スムーズな加速力を体感できるストロングハイブリッド車新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)が、2018年3月に日産からデビューしました。

そんな新型e-POWER(eパワー)を購入する際に悩む事の一つが、グレード選びです。

今回新発売された新型e-POWER(eパワー)は、ガソリン車/マイルドハイブリッド車と同様に、”ハイウェイスター”と”ノーマル車”と言う顔つきが異なる2つのモデルを用意しているので、どちらのモデルを選ぶか悩む方が多いようです。

>>> 新型セレナe-POWERの外装比較【ノーマル車とハイウェイスターの違いは?】

また、今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の”ハイウェイスター”と”ノーマルモデル”はそれぞれ2つずつ、4つのグレードを用意しているのも、お客さんを悩ませる事の一つのようです。

このように顔つきや機能・装備が異なる4つのグレードの中から自分にピッタリの一台を見つけないといけないですが、どのグレードが一番おススメなのでしょうか?また、グレード毎にどのような違いがあるのでしょうか?

先日、新型セレナe-POWER(eパワー)を試乗してきた時に、ディーラーさんに新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)のグレード選びのポイント、おススメのグレードなどを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型セレナe-POWERの購入ガイド:おすすめのグレードは何?

先ほどもお話した通り、今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)は、ハイウェイスターとノーマル車の2つのモデルを用意しています。

■新型セレナe-POWER ノーマルモデル

■新型セレナe-POWER ハイウェイスター

ノーマルモデルは5ナンバーサイズになっており、比較的、親しみやすい外装や内装のデザインになっているのが特徴です。

一方、上位モデルのハイウェイスター(Highway Star)は、専用デザインのエアロパーツが装着しており、3ナンバーサイズになっているのが特徴の一つです。

そんな新型e-POWERのハイウェイスターとノーマルモデルは、それぞれこのようなグレードを用意しておりました。

■新型セレナe-POWER ノーマルモデルのグレード設定
・e-POWER X
車体本体価格:296万8920円
・e-POWER XV
車体本体価格:312万8760円

■新型セレナe-POWER ハイウェイスターのグレード設定
・ハイウェイスター
車体本体価格:317万8440円
・ハイウェイスターV
車体本体価格:340万4160円

このようにそれぞれ2つのグレードを用意している新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)のハイウェイスターとノーマルモデルですが、どのグレードがおススメなのか紹介したいと思います。

グレード選びのポイント1:下位モデルよりも上位モデル

今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)は、ハイウェイスター/ノーマル車それぞれ2つのグレードを用意していますが、どちらのモデルも下位グレードは、おススメできません。

下位グレードをおススメできない理由の一つが、機能や装備が物足りないからです。

今回新発売された新型e-POWER(eパワー)の2つのグレードを比較してみると、次のようなアイテムが下位グレードには標準装備されていませんでした。

■新型セレナe-POWERの下位グレードに用意されていない主な装備
・3列目シート用の折り畳みテーブル
・2列目&3列目シート用USBポート
・3列目シートのスライド機能
・シートバックポケット
・ワンタッチオートスライドドア
・ハンズフリーオートスライドドア

新型セレナe-POWERの魅力の一つでもあるUSBポートや3列目シートのスライド機能などが装着されないのは、ちょっと残念ですよね。

また、この新型セレナ(SERENA)の下位グレードでは、このクルマの注目の機能でもある同一車線自動運転技術”プロパイロット機能”などがセットになっている”セーフティパックB”を装着する事はできません。

このような事を考えると、よほどの事情がない限り、下位グレード”e-POWER X”や”ハイウェイスター”を選ぶ必要な無い感じがしました。

ちなみに、新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)のノーマルモデルの”e-POWER X”と”e-POWER XV”の車体本体の価格差は、たった6万円です。

思ったよりも価格差は、少ないと思いませんか?

この金額差なら下位グレードの”e-POWER X”よりも”e-POWER XV”の方を選んだ方が、お得感があるのかなと思いました。また、この新型e-POWER(eパワー)の良さ&魅力を最大限に実感したいのなら、下位グレードよりも上位グレードの方が断然良いように感じました。

グレード選びのポイント2:ハイウェイスターとノーマル車はどっちがおススメ!?

下位グレードはおススメできない新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)ですが、上位グレード同士なら、ハイウェイスターとノーマルモデルのどちらの方が良いのでしょうか?

正直に言うと、ノーマル車/ハイウェイスターどちらも上位グレードは下位グレードと比較して、十分に満足な装備を用意しているので、好みに応じて選んでも良いと思います。

ただ、強いて言えば、上位モデルのハイウェイスター(Highway Star)の方が良いような感じが…。

ハイウェイスターの方がおススメの理由1:装備の充実度

今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)のノーマルモデルよりもハイウェイスターの方がおススメの理由の一つは、装備・機能の充実度です。

この新型e-POWER(eパワー)の2つのモデルを比較してみたところ、次のような機能や装備に違いがありました。

■新型セレナe-POWER ハイウェイスターとガソリン車の装備の違い
・本革巻きステアリングホイール
・シート素材
・サスペンション
・エアロパーツ
・ハンズフリーオートスライドドア
・LEDヘッドライト
・フロントフォグランプ
・サスペンション

このように様々な機能や装備に違いがあるこの2台のモデルですが、特に注意が必要なのが、足の出し入れでスライドドアを開閉できるハンズフリーオートスライドドアです。

ハンズフリーオートスライドドアに必要な足の動きを検知するセンサーは、エアロパーツ(サイドシルプロテクター)に組みこまれている事もあり、ハイウェイスターの専用の機能装備に…。

■新型セレナe-POWERのサイドシルプロテクター

なので、このハンズフリーオートスライドドアは、オプション設定にもなっていないため、ノーマルモデルでは、装着する事ができません。

LEDヘッドライトやフロントフォグランプはオプション設定になっているため、ノーマルモデルでも装着する事ができますが、ハンズフリースライドドアのように装着できない機能や装備もございます。

ハイウェイスターの方がおススメの理由2:静寂性&乗り心地

また、新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)のノーマルモデルよりもハイウェイスターの方がおススメできる理由の一つが、乗り心地の良さです。

今回新発売された新型e-POWER(eパワー)の上位モデル”ハイウェイスター”は、専用のサスペンションを装備しています。なので、ノーマルモデルよりも若干ですが静寂性や乗り心地が良いです。

本当に足回りや車内に侵入してくる騒音に意識を集中しないと分らないくらいの小さい差なのですが、実際に2台のモデル続けて試乗をしてみると、明らかな差を感じます。

>>> 新型セレナe-PWOERのハイウェイスターと標準車【乗り心地にどんな違いが!?】

ハイウェイスターの良さを実感してしまうと、ちょっとノーマルモデルには戻れない感じが…。新型e-POWERの良さを満喫したいのなら、上位モデルのハイウェイスターの方が良いのかなと思いました。

ハイウェイスターの方がおススメの理由3:リセールバリュー

また、先日、新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の見積もりを貰った時にディーラーさんに教えて貰ったのですが、ノーマルモデルよりもハイウェイスターの方が人気が圧倒的に高いため、下取りに出す際の買い取り金額にかなりの差があるようです。

私は実際のハイウェイスターとノーマルモデルの下取り金額の差を実際に教えて貰ったのですが、「えっ!?こんなに違うの!?」とビックリするくらいの差が…。

この2台のモデルは、乗り出し価格の差が意外とあるのが少々難点ですが、乗り心地やリセールバリューの事を考えると、この2台のモデルの価格差の元は十分に取れるのかなと思いました。

>>> 新型セレナe-POWERの見積もり【ハイウェイスターvsノーマル車の価格差は?】

ちなみに、見積もりを貰った際、「ハイウェイスターとノーマルモデルはどちらの方がおススメですか?」と、ディーラーさんに質問してみたところ、

「予算が許すのなら、上位モデルのハイウェイスターを買っておいた方が間違いがない。」と、仰っていました。

今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)は、どのグレードがおすすめか確認してみたところ、このようになりました。

ハイウェイスター/ノーマルモデルの上位グレードは、どちらのモデルも十分に満足できる機能や装備を用意しているので、どちらのモデルを購入しても、後悔する事は少ないと思います。

ただ、この新型e-POWER(eパワー)の乗り心地の良さや静寂性を100%堪能したいのなら、ハイウェイスターの最上位モデルの”ハイウェイスターV”の方が良いのかなと思いました。

また、この新型e-POWER(eパワー)の最上位モデル”ハイウェイスターV”は乗り出し価格がちょっと高めなので、購入する際は、しっかりと値引きのお願いをしてみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする